このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

掃除機やほうきを使って玄関を掃除する方法。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 8日

玄関は、靴の底に付いてきた砂ボコリで汚れやすい。砂ボコリはタイルの目地に入り込むのですっきり掃除するのが難しいが、掃除機を使うと簡単に掃除できる。ここでは、玄関の砂ボコリの掃除の仕方や、砂ボコリ対策を紹介するので参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 玄関の砂ボコリ掃除にはほうきと掃除機を使う

玄関は人の出入りが多いため、靴の底に付いてきた砂ボコリや土ボコリで汚れやすい。これらのホコリは雨などで濡れていなければ、ほうきと掃除機を使って次の手順でキレイに掃除できる。

ほうきと掃除機で砂ボコリ除去

まずは、ほうきで砂ボコリや土ボコリをできるだけ履きだそう。タイルの目地に入り込んだ砂や土もできるだけ念入りに履きだすとよい。ほうきで掃除しても取れなかった目地に残った細かい砂や泥は、掃除機で吸いだすとキレイに取れる。

掃除機は専用ノズルを利用する

室内を掃除する掃除機で玄関の床を吸うことに抵抗がある場合は、玄関の床専用のノズルを用意するといいだろう。専用ノズルは100均で購入が可能だ。100円(税抜き)で手軽に購入できるので、この機会にひとつ用意するといいだろう。

専用ノズルは自分で作ることもできる。作り方は簡単で、使用済みのトイレットペーパーの芯をナナメにカットし、掃除機のノズルにかぶせてセロハンテープで固定するだけで完成する。使い捨てなのでストックを作っておくといいだろう。

また、価格は高くなるが、メーカーによっては玄関掃除専用のヘッドを販売しているところもあるので、自分に合ったものを用意するとよい。

それでも取れなかったらデッキブラシを使う

ほうきと掃除機を使用してもタイルの目地に詰まった砂や土が取れない場合は、水とデッキブラシを使って掃除するとよい。デッキブラシに水を含ませてタイルの目地をこすり、砂や土を掻きだそう。
砂や土が取れたら雑巾で乾拭きして水分を拭き取っておく。

柄が短いタイプのブラシを使用してもよいが、柄の長いタイプのデッキブラシを使用すると腰への負担も少なく、力を入れやすいのでおすすめだ。

2. 玄関に砂や土が入らないように対策する

玄関に砂ボコリや土ボコリが入らないような対策をすることも、掃除を楽にする方法のひとつだ。

玄関の砂ボコリ対策は2つある。1つ目は、こまめに掃除をすることだ。目に付くところや取りだしやすいところにほうきとちりとりを置いておき、気が付いたらこまめに掃除して砂や土を溜めないように心がけよう。

2つ目は、玄関の入り口に玄関マットを用意することだ。玄関に入る前に玄関マットで靴底の砂や土を落とす習慣をつけると掃除がぐっと楽になるので、おすすめだ。

3. 玄関掃除に使う掃除機はコードレスが便利

玄関の床掃除に掃除機を使う場合は、コードが邪魔にならないコードレスタイプが便利だ。また、コードレスの掃除機には、「エアブロー機能」が付いているものもある。エアブロー機能とは、砂や土、ゴミなどを吹き飛ばして掃除する機能のことで、タイルの目地の掃除に最適である。

コードレス掃除機はフロアタイプのものでもよいが、ハンディタイプがあれば持ち運びやすい。自分に合った掃除機を選んで快適に掃除をしよう。

結論

玄関に持ち込まれた砂ボコリや土ボコリは、ほうきと掃除機を使って掃除すると便利だ。まずは、ほうきを使ってできるだけ砂ボコリや土ボコリを取り除く。その後、掃除機で吸いだすと、タイルの目地に詰まった砂ボコリや土ボコリが簡単に取れる。それでも取れない場合は、デッキブラシに水を含ませて搔きだすとよい。玄関の掃除を楽にすませるには、日ごろからこまめにほうきをかけることと、玄関マットを敷いて砂や土が玄関に入らないようにすることを心がけるといいだろう。普段から玄関をキレイに掃除して、気持ちよく使用しよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ