このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

部屋に漂う臭いの原因は玄関にある!おすすめの臭い対策とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 9日

玄関は家の顔といわれる場所なので玄関が臭いとイメージが悪くなり、部屋全体が臭く感じることもある。玄関が臭いと訪問客に不快な思いをさせるので注意が必要だ。とはいっても玄関のどこから臭いが漂っているか分からないこともある。また、どうやって消臭したらよいかも悩むところだろう。ここでは玄関に漂う臭いの原因と対策などを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 部屋が臭う原因は玄関の靴箱

雨の日やその翌日、玄関に入ったときに、臭いが充満していてびっくりすることがある。部屋全体が臭くなる原因は玄関の臭いが漂っているという場合がある。玄関にある靴箱にはカビなどが繁殖しやすく、玄関に漂う臭いの原因となることがあるのだ。このような場合、部屋をいくら掃除しても靴箱を清潔に保たなければ、臭いの原因が解消されない。

2. 部屋の臭い対策は靴箱を掃除する

靴箱を清掃し玄関の臭いを対策することで部屋も臭わなくなる。ここでは靴箱を清掃する際に必要な道具と清掃する手順を紹介しよう。

靴箱を清掃し臭い対策をする際に必要な道具

  • アルコールスプレー
  • 小型ほうき
  • 掃除機
  • 新聞紙
  • 雑巾

靴箱を清掃する手順

  • 靴箱に中にある靴などを全て取り出し、部屋の床に広げた新聞紙の上に置く
  • 靴箱の中にあるホコリは、小型ほうきや掃除機を使って除去する
  • 靴箱の中の汚れは、しっかり水拭きをして除去する
  • 靴箱の中にアルコールスプレーを噴き付けた後に拭き取る
  • 靴箱の扉を開放して換気し、湿気対策をする
  • 靴箱に靴などを戻す

3. 部屋の臭いが取れないときは靴や玄関マット、傘を消臭

靴箱を掃除しても部屋の臭いが取れないときは、玄関にある靴や玄関マット、傘の臭いが原因かもしれない。とくに部屋と玄関の間にドアがない場合、部屋に靴や玄関マット、傘の臭いが充満することがあるのだ。ここでは、部屋の臭いの原因となる靴や玄関マット、傘の臭いを抑える方法を紹介しよう。

靴の臭いを抑える

靴の臭いが玄関に充満することで部屋も臭くなることがある。靴が臭う原因は、靴にバクテリアが繁殖しているためだ。バクテリアは、餌があり、高温多湿な環境で繁殖する性質がある。バクテリアは人間の汗や垢を餌にしており、その排出物が臭いの原因となるのだ。では、靴の臭いが取れる身近なものを使った対策を紹介しよう。

たとえば、新聞紙を靴に入れるだけでも消臭効果がある。新聞は湿気を吸ってくれるうえ、使われているインクに消臭効果があるのだ。それでも臭いが取れないときは、10円玉(10枚程度)を靴に入れると臭いが軽減できる。これは10円玉の素材である銅に消臭効果があるからだ。それでも臭いが取れないときは、市販の消臭スプレーを靴に噴きかけよう。このように、靴を消臭する方法はたくさんあるのでぜひ試してほしい。

玄関マットの臭いを抑える

玄関マットが部屋に漂う臭いの原因になっていることがある。玄関マットの臭い対策には重曹と掃除機を使おう。まず、重曹を玄関マットの上にまんべんなくふりかけて広げ、重曹を玄関マットによく馴染むように叩いたり、ブラシでこすったりする。玄関マットを数時間放置した後、掃除機で重曹を吸い取る。

傘の臭いを抑える方法

雨で濡れた傘をそのまま玄関や部屋などに放置しておくと雑菌が繁殖して臭うことがある。傘の臭いを防ぐためには、水で薄めた中性洗剤で傘を軽くこすり、水で洗い流す。部屋などで傘を完全に乾燥させた後に玄関の傘立てなどに戻す。

結論

部屋が臭いのは玄関の臭いが充満していることが原因の場合がある。玄関にある靴箱に溜まったカビやホコリが臭う場合があるので、靴箱を清掃することで臭いを抑えることができる。靴箱を清掃しても、部屋の臭いが取れない場合は靴の臭いが原因になっているかもしれない。靴には新聞紙や10円玉を入れることで臭いを抑えることができ、消臭スプレーを靴に噴きかけるのも効果的だ。玄関マットは重曹、傘は中性洗剤を使って嫌な臭いを抑えておこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ