このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スクラビングバブルアルコール除菌トイレ用の簡単かつ効果的な使い方!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月22日

さまざまな菌が繁殖しやすいトイレには、カビキラーで有名なジョンソンから出ている「スクラビングバブル アルコール除菌」がおすすめだ。上部に押すタイプのポンプがついており、片手でサッと汚れを拭き取ることができるのだ。CMでもおなじみの同社製品の「カビキラーアルコール除菌食卓用」と同じ形状のものである。ここではカビキラーアルコール除菌のトイレ版として、スクラビングバブルアルコール除菌トイレ用を解説する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スクラビングバブルトイレ除菌剤使用時に用意するもの

トイレットペーパーを使って、便器・便座などをワンプッシュで簡単に掃除できる注目度の高いアルコール除菌剤が、ジョンソンのスクラビングバブルアルコール除菌トイレ用だ。手軽に使えるトイレ用除菌剤だが使用の際、用意するものを紹介しよう。

用意するもの

  • スクラビングバブルアルコール除菌トイレ用(本体)
  • トイレットペーパー
トイレットペーパーはアルコール除菌剤を塗布して便座などを拭き取るために用意するものだ。拭き終わったらそのままトレイに流すだけである。トイレットペーパーは常にトイレにあるものなのでスクラビングバブルアルコール除菌が1本あればとくに購入するものなどはない。気がついたときに、トイレットペーパーを使って片手で手軽に除菌掃除ができ便利に使える。肌が弱い人は手が荒れる恐れがあるので、掃除の際はゴム手袋をつけることをおすすめする。

2. スクラビングバブルトイレ除菌剤の使い方

カビキラー アルコール除菌トイレ用の使い方は以下のとおりだ。
  • 1.ポンプの上部を右に回してロックを解除
  • 折りたたんだトイレットペーパーなどを本体上部に押し当ててプッシュし、除菌したい部分を拭く
カビキラー アルコール除菌トイレ用は、ワンプッシュタイプの容器なので、片手で使えるのが最大の特徴だ。アルコール除菌なので乾燥したら気化する。そのため、拭いたところは2度拭きや洗い流しをする必要はなく、使い方は非常に簡単で便利だ。また、除菌したい範囲に合わせ、必要量だけプッシュして使えるので経済的だ。拭き終えたトイレットペーパーは、トイレにそのまま流すだけなので忙しいときもサッと掃除することができる。

カビキラー アルコール除菌トイレ用で除菌できる場所は、便器や便座、トイレタンクや壁、ドアノブなどがある。トイレ内のさまざまな場所を除菌することができるのだ。また、ワンプッシュで約240回分の容量があるため、コスパもよい。詰め替え用があり、環境に配慮した使い方ができる点もポイントが高い。見た目もシンプルなので、トイレのインテリアを損ねることもないだろう。

3. スクラビングバブルトイレ除菌剤を使うときの注意点

カビキラー アルコール除菌トイレ用を使うときの注意点として以下が挙げられる。

トイレットペーパー以外はトイレに流さない

一つ目の注意点は、当然のことではあるが、拭き取りに使う道具は、トイレットペーパー以外は詰まりの原因となるのでトイレに流さないようにしよう。拭き取りに使うペーパー類はトイレットペーパーでなくてもよいが、その場合はトイレに流すのではなく、ゴミ袋に処分しよう。

火の近くで使わない

二つ目の注意点は、火の気があるところで使わないことだ。カビキラー アルコール除菌トイレ用は、発酵エタノールやクエン酸ナトリウムなどを成分としているが、エタノールは引火性があるため、火の近くで使うと引火する恐れがある。直射日光にも当たらない場所に保管しよう。

塩素系のものとは混ぜない

三つ目の注意点は、塩素系の洗剤や漂白剤と混ぜないことだ。有害なガスが発生する恐れがあるので十分注意しよう。

アルコール除菌に適さない材質がある

最後の注意点として、カビキラー アルコール除菌トイレ用は材質によっては使えないものがあるので注意が必要だ。塗装されてない白木や、ペンキ、ニス、ラッカー、ワックスで仕上げてある塗装部・アクリル樹脂製品が該当する。トイレの室内にこれらの材質が使用されている場合は、使用を避けよう。誤って使ってしまうと、変色したり、塗装が剥げたりする恐れがある。使用する際、不安な材質については、目立たない場所でシミなどができないか確認してから使うようにしよう。

結論

以上、スクラビングバブルアルコール除菌トイレ用の使い方について解説した。片手でワンプッシュするだけで高濃度な強力除菌ができ使い勝手もいい。また、ピンポイントで掃除ができ、液体が飛び散ることもない。拭き取りにはトイレットペーパーが使用できるので雑巾を用意したり、ゆすぐ手間も不要である。手軽に使えるため日常的に掃除をすることができるのだ。トイレ掃除が面倒だと思っている人は、トイレに一つ用意しておくといいだろう。

参考文献

ジョンソン株式会社:カビキラーブランドサイト

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ