このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

セリアの「バススクイジー」で水滴対策!使える風呂場のお掃除グッズ!!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月13日

風呂場は湿気が多く、ちょっと油断するとすぐにカビやぬめり、水アカなどの汚れが発生してしまう。発生してから対応するよりも、発生しないように予防することが大切だ。セリアの「バススクイジー」は、壁や鏡などに付いた水滴を取り除くことができる便利な風呂場のお掃除グッズである。今回は、セリアのバススクイジーを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. セリアの「バススクイジー」とはどんなもの?

セリアで販売されている「バススクイジー」は、浴室の壁や鏡などの水切りができる風呂場のお掃除グッズである。シンプルでさわやかなホワイトなので、どんな風呂場にも合わせやすいだろう。

本体はプラスチック製でT字型をしており、T字の上部分に熱可塑性エラストマーの水切りゴムが付いている。水切りゴムは柔軟でしなるので、曲線にも合わせやすく、浴槽などのカーブにもフィットしやすくて便利だ。

本体の裏側にはフックがあり、引っかけられる仕様になっている。持ち手にも穴があいているので、穴を使って引っかけることもできる。また、持ち手部分は中が空洞になっているので軽量だ。全体のサイズはおよそ横24×縦17.5cm、持ち手部分はおよそ長さ13×直径2cmである。

2. セリアの「バススクイジー」は風呂場の水滴がキレイに取れる!

セリアのバススクイジーで水滴を取り除くことが、キレイな風呂場をキープする第一歩である。風呂場は湿度や温度が高く、使用後には水滴だらけになってしまう。水滴から水分が蒸発してミネラル分が残ると、水アカになるのだ。また、皮脂やせっけんカスなどの汚れが栄養となり、カビやぬめりが発生しやすくもなるのだ。カビや水アカが発生してから対策するのではなく、カビや水アカを予防するために、スクイジーで風呂場の水滴を取り除くことが大事なのである。

使い方はかんたん。水切りしたい面にスクイジーの水切りゴムを当て、縦に引いて水滴を落としていくだけ。セリアのバススクイジーは、柔軟性がある熱可塑性エラストマーの水切りゴムで、曲線にもフィットしやすい。壁や鏡などの平らな面はもちろん、曲線でできている浴槽の水切りも、柔軟に対応できるのだ。

3. セリアの「バススクイジー」はタオルバーに引っかけて収納できる!

セリアのバススクイジーは、裏側にフックが付いている。このフックがあることで、かんたんにタオルバーに引っかけて収納できるのである。本体はプラスチック製なので、湿気が多い風呂場に置いておいても腐食するようなことはない。風呂場の中で邪魔になることなく、必要なときにすぐに使える状態での収納は理想的といえるだろう。

また、タオルバーが使えない場合でも、持ち手部分にあいた穴を利用して収納することが可能だ。吸盤フックやS字フックなどに穴を引っかけて収納できるのである。穴にひもを通せば、収納の幅がさらに広がりそうだ。

4. セリアの「バススクイジー」は結露対策や洗車後の水切りにも!

水切りが必要なのは、風呂場だけではない。セリアのバススクイジーは風呂場以外でも便利に使えるのである。その使用例を紹介しよう。

窓の結露対策

家の外と中の気温差によって窓ガラスに水滴が生じる結露。寒い季節に起こる現象である。放置しているとカビの発生につながり、人体にも建物にも悪影響を及ぼすので、しっかり対策することをおすすめする。窓ガラスに生じた結露は、セリアのバススクイジーを使ってこまめにふき取り、できるだけ乾いた状態にしておくことが重要だ。

洗車後の水切り

洗車後の車は水滴がたくさん付いている。そのままにしておくと、塗装面を傷めたり水アカが付いて落としにくくなったりするので、水分をしっかりふいておくことが大切だ。タオルでふく前にセリアのバススクイジーで水切りをしておくと、何枚もタオルを使うことなく、短時間でふき上げることができるだろう。

結論

清潔な風呂場を守るには、風呂場の水滴対策が重要だ。カビや水アカの発生を防ぐために、使用後にはセリアのバススクイジーで水切りをしておこう。セリアのバススクイジーは、壁や鏡、床、浴槽などの水滴をしっかり取り除く、使い勝手のよい風呂場のお掃除グッズである。セリアのバススクイジーで、心地よい風呂場をキープしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ