このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

部屋に漂う臭いの取り方とは?エアコンが原因の場合の対策

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月14日

エアコンが部屋にあると夏涼しく過ごせるばかりではなく、冬も暖かく過ごせるので、一年中使う人がいるかもしれない。しかし、エアコンを効かせた部屋に入ると臭いと感じることがないだろうか。部屋に漂う嫌な臭いは生活臭ばかりではなく、エアコンの臭い風が原因のこともある。エアコンの風が臭うと、部屋を掃除しても臭いを完全に消すことができない。そこで今回は、エアコンの臭いの取り方を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 部屋にあるエアコンの風が臭い原因

部屋にあるエアコンの風が臭いのは、エアコン内部に蓄積されたカビが原因だといわれている。湿度が高く、結露、ホコリが溜まりやすいエアコンの内部は、カビが繁殖しやすい環境となっており、エアコン内部に繁殖したカビを含む風が原因で部屋が臭くなるのだ。また、そのカビが原因で喘息などの健康被害が発生する可能性があるので、取り除く必要がある。

2. 部屋にあるエアコンの風が臭い場合の対策

部屋にあるエアコンの風が臭いからといって、いきなりエアコンをいろいろな器具を使って清掃する必要はない。部屋にあるエアコンの風が臭う場合、まず行ってほしい対策は次の通りとなる。

部屋にあるエアコンの風が臭い場合に対策する手順

  • 部屋の窓を全開にする
  • エアコンを最低温度に設定する
  • エアコンを1時間程度運転する
この手順で対策すると、エアコンの熱交換器などに付着した臭いの成分を結露水に溶け込ませ排出できるので、風の臭いを取ることができるのだ。

3. 部屋にあるエアコンの風の臭いが取れないときの対処

先に紹介した対策を実行しても、部屋にあるエアコンの風の臭いが取れないときは、エアコンのフィルターや熱交換器を掃除する。フィルターを掃除して臭いが取れないときは、熱交換器を掃除してほしい。部屋にあるエアコンのフィルターや熱交換の掃除に必要な道具と掃除の方法を紹介する。

部屋にあるエアコンのフィルターを清掃する道具

  • 掃除機
  • ブラシ
  • 中性洗剤
  • キッチンペーパー
  • 新聞紙

部屋にあるエアコンのフィルターを清掃する手順

  • エアコンのコンセントを抜く
  • 爪やロックを外してエアコンのカバーを開く
  • フィルターに多くのホコリが溜まっている場合には、掃除機でホコリを吸い取る
  • エアコンからフィルターを外す
  • フィルターの外側から掃除機でホコリを吸い取る
  • 残ってしまったホコリはフィルターの内側からシャワーをかけて水洗いし、必要に応じてブラシでこする
  • 水洗いで頑固な汚れが取れないときは中性洗剤を使ってブラシでこすり落とす
  • キッチンペーパーでフィルターの水気を取った後、新聞紙の上に置き陰干しする
  • フィルターを取り付け、カバーを戻す

部屋にあるエアコンの熱交換器を洗浄する道具

  • ゴミ袋
  • マスキングテープ
  • カッター
  • エアコン内部クリーナー
  • スプレー容器

部屋にあるエアコンの熱交換器を洗浄する手順

  • エアコンのコンセントを抜く
  • 爪やロックを外してエアコンのカバーを開く
  • ゴミ袋の長辺をカッターで切って開く
  • ゴミ袋をマスキングテープでエアコンの下に貼り付け、エアコンの周辺が汚れないようにする
  • フィルターを取り外す
  • エアコン内部クリーナーを熱交換器に吹き付ける
  • 水で洗浄が必要な場合は、スプレー容器に入れた水を熱交換器に吹きかける
  • エアコン内の水が排出されるまで待つ
  • フィルターを装着し、カバーを閉じてから2~3時間程度送風する。

結論

部屋にあるエアコンの風が原因で部屋が臭く感じることがあるが、それはエアコンに溜まったカビによるものだ。エアコンの風が臭い場合は、まず窓を開け、エアコンを最低温度に設定して1時間程度運転すれば、軽減できる。それでもエアコンの風が臭く感じる場合は、エアコンのフィルターを掃除し、それでも臭いがするなら熱交換器を掃除しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ