このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

セーターの毛玉対処方法!毛玉取りの注意点とおすすめグッズ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月16日

お気に入りのセーターを何度も着ていたら毛玉ができてしまった。そんな経験をしたことがある人は多いだろう。毛玉はセーターやパーカーなどの衣類にできやすいが、毛玉ができる原因を知っている人は少ないのではないだろうか。今回は毛玉ができる原因と対処方法、毛玉取りの注意点を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. セーターの毛玉取りにおすすめのグッズ

セーターの毛玉は見た目が悪くなるだけでなく、肌触りも悪くなる。毛玉を予防するために、まずは毛玉ができる原因と対処方法を知ろう。

毛玉の原因

毛玉は脇腹や腰などにできやすい。その理由は、毛玉が摩擦によってできているためである。セーターが腕やバッグなどとこすれると、摩擦によって表面が毛羽立つ。その際に静電気が発生し、毛羽立った繊維同士が絡まることで毛玉になる。そのため、表面が毛羽立ちやすいセーターや靴下などは毛玉ができやすいのだ。

毛玉ができやすい素材

一般的に天然繊維は毛玉ができにくい傾向にある。綿や麻などは毛が短いため摩擦によって毛羽立ちにくい。しかし、天然素材でもウールは毛玉ができやすいので注意が必要だ。逆にポリエステルやレーヨンなどの化学繊維は毛が長いため毛玉ができやすい。セーターに毛玉ができやすいと感じたら、一度素材をチェックしてみよう。

毛玉の対処方法

毛玉の予防には、とにかく摩擦による静電気を予防することが重要である。大きめのサイズのセーターを着ているとどうしても生地が余ってこすれてしまうので、体にフィットしたサイズのセーターを選ぶのも対処方法としてはよいだろう。

何日も同じセーターを連続で着ると毛玉ができやすいので、1回着たセーターは1〜2日程度休ませるとよい。セーターを休ませることで毛玉の防止だけでなく、型崩れも予防できる。

2. セーターの毛玉取りの注意点

セーターにできてしまった毛玉は、毛玉取り機で取ることができる。しかし毛玉取りの方法を間違うとセーターを傷つけたり、最悪の場合は穴が開いたりするおそれがある。セーターの毛玉取りをする時の注意点を確認しておこう。

毛玉取り機の種類

毛玉取り機には電動と手動の2種類がある。電動のメリットは広範囲の毛玉を効率的に取ることができることである。電気の力で毛玉を取るので手早く、疲れにくいのが特徴だ。ただし、電動の毛玉取り機は力加減を調整できないので、生地に穴が開いてしまうことがあるので注意が必要だ。

手動で毛玉を取る場合はハサミなどを使って細かく毛玉を取っていく。いつでもどこでも毛玉を取ることができ、生地の様子を見ながら力加減を調整できるのが特徴だ。手動で毛玉を取る場合は時間がかかり、疲れやすいので広範囲の毛玉取りには向いていない。

毛玉取りの注意点

一つ目の注意点は力加減である。毛玉が取れないからといって無理に引っ張ると生地を傷め、表面が毛羽立ってしまう。毛玉を引っ張って取ろうとすると余計に毛玉ができやすくなってしまうので注意しよう。

二つ目の注意点はセーターの生地を切らないようにすることである。ハサミなどで毛玉をカットする場合は、勢い余ってセーターの生地を切ってしまうおそれがある。生地の様子を見ながら少しずつ毛玉を取り除くようにしよう。

3. セーターの毛玉取りにおすすめのグッズ

セーターに毛玉はつきものである。とくに化学繊維などでできたセーターは毛玉ができやすいので、毛玉取り機でメンテナンスしてやる必要があるだろう。セーターに毛玉ができてしまった時にあると便利なおすすめグッズを紹介する。

ブラシ

セーターの毛玉取りにはブラシがおすすめである。衣類用のブラシは、ホコリを取り除いたり繊維の毛並みを整えたりするのに便利で、毛玉を取るのにも役に立つ。電動の毛玉取り機は力加減が難しく、生地を傷めてしまうこともあるので大切なセーターはブラシでメンテナンスしよう。

ハサミ

大きなハサミは細かい作業がしづらいが、小さなハサミなら毛玉を取るのに適している。眉毛用のハサミなどがおすすめだ。先がカーブしているものなら生地の余計な部分を切る心配がないので安心である。ハサミでの作業は時間がかかり疲れやすいので、毛玉の範囲が狭い時におすすめだ。

電動毛玉取り機

電動の毛玉取り機は手早く毛玉を取りたい時におすすめのグッズだ。コンセント式のものやUSB式のもの、乾電池式のものなどがあるので用途に合わせて好みのタイプを選ぼう。安いものなら100均でも購入することができるので、手軽に使いたい人におすすめだ。大きさは比較的コンパクトで、持ち運びも可能なのも魅力である。

結論

セーターに毛玉があると見た目の印象があまりよくないので、毛玉を見つけたら早めに対処したいものである。毛玉を予防するには、セーターをこすらないように注意することが重要だ。できてしまった毛玉はハサミや毛玉取り器を使って丁寧に取り除こう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ