このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイソーのウロコとりはWパワーで落とす優れた風呂場のお掃除グッズ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 6日

水滴が付きやすい風呂場の鏡は、ウロコのような水アカで真っ白に汚れがち。ウロコで見えにくくなった鏡をピカピカにするには、優秀な風呂場のお掃除グッズが必要だ。ダイソーの「ダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合」は、人工ダイヤモンドの研磨剤に加え、クエン酸の酸性パワーで水アカを落とすクリーナーである。今回は、ダブルパワーで鏡を磨く、ダイソーのダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ダイソーの「ダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合」とはどんなもの?

ダイソーで販売されている「ダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合」は、鏡に付いた白いウロコのような水アカを落とす風呂場のお掃除グッズである。鏡のウロコを人工ダイヤモンドの研磨力で落とすクリーナーはいろいろあるが、ダイソーのダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合がほかのクリーナーと違うところは、クエン酸が配合されているという点だろう。

水アカはアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸が効果的なのだ。人工ダイヤモンドの研磨剤とクエン酸のダブルパワーで、鏡のウロコを落とすのがダイソーのダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合である。

サイズは横4×縦2.3×高さ2.5cmほどで、ポリエチレンフォームのスポンジの一面が研磨シートになっている。研磨シートは、クラフト紙に人工ダイヤモンドと酸化セリウム、クエン酸が付いたもの。また、研磨シートの反対側は吸着シートになっており、鏡に貼り付けることができるのだ。

人工ダイヤモンドの研磨剤で汚れを落とすため、使用に適さないものもある。くもり止め加工、はっ水加工、フィルム加工、コーティング加工などが施された鏡やガラス、すりガラスやエッチングガラスなどの特殊加工ガラス、樹脂製の鏡、メガネレンズ、車のガラス、バックミラーなどは、ウロコ汚れが付いたと

2. ダイソーの「ダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合」は水だけで水アカが落ちる!

ダイソーのダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合は、ほかの洗剤や道具は必要ない。水に濡らしてこするだけで、鏡のウロコ汚れが落ちるのだ。その使用方法やコツを紹介しよう。

ダイソーの「ダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合」使用方法

  • 鏡の表面に付いたホコリなどの汚れを水で洗い流す。
  • 研磨シートと鏡の表面を水で濡らす。
  • 研磨シートで鏡をこする。
  • 水で鏡を洗い流し、キレイな布でふく。

ダイソーの「ダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合」使用のコツ

  • 研磨シートと鏡はしっかり水に濡らすこと。乾いた状態だと傷が付くことがあり、配合されているクエン酸パウダーも水に溶けて効果を発揮するのだ。こすっている途中で乾いてきたら、再度水で濡らそう。
  • 研磨シートの全面を鏡に当ててこする。角を立てたりせず、研磨シート全体を当て、軽い力で一定方向にこするのだ。
  • ザラザラ感がなくなるまでこする。範囲を分けてせまい範囲をこすっていくと効果的だ。
  • 濡れた状態では確認しにくいウロコ汚れも、布で鏡の水をふき取ると見えてくる。一度で落とせなかった汚れがあれば、再度濡らしてこすって落とそう。

3. ダイソーの「ダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合」は鏡に貼って収納

ダイソーのダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合は、横4×縦2.3×高さ2.5cmほどの大きさの、とても小さなお掃除グッズである。小さいものはどこにでも置いておけるが、置き場所がわからなくなって必要なときに探し回らなければならないなどということもあるだろう。

ダイソーのダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合なら、裏側が吸着シートになっているので鏡に貼り付けることができ、迷子になることがないのだ。鏡の掃除に使うものを鏡に収納できるのは、気になったときにすぐに掃除ができるので、とても便利だろう。

結論

風呂場の鏡には、白いウロコのような水アカ汚れが付きやすい。鏡のウロコを落とすには、ダイソーのダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合がおすすめだ。人工ダイヤモンドの研磨剤とクエン酸のダブルパワーで汚れを落とす、使いやすい風呂場のお掃除グッズである。ダイソーのダイヤモンドでウロコとり クエン酸配合を使って、風呂場の鏡をピカピカに磨き上げよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ