このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

埃取りの掃除ポイントは?おすすめの100均グッズも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 7日

何度取り除いても出てくる埃は、極力手間をかけず、手を汚さない方法で掃除したいものだ。そんな埃を効率的に取るには、掃除グッズの活用がおすすめだ。今回は、埃を減らすコツと、埃取りにおすすめの掃除グッズを紹介する。手軽に購入でき便利に使える100均グッズについても解説するので参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 埃を減らすコツ

埃を減らすコツはいくつかあるが、中でも効果的なのが換気、布製品を減らす、こまめな清掃の3つだ。この3点について以下で詳しく解説しよう。

換気をよくする

埃を減らすコツの一つ目は換気をすることだ。換気をしないと空気が淀み、部屋に埃がたまってしまうのだ。こまめに換気をして、室内の空気と外の新鮮な空気を入れ替えて埃を外に排出しよう。

ところでこの厄介な埃、なぜできるのだろうか。実は埃の正体は、主に室内にある衣類や布製品から出た繊維の細かなクズにダニや砂埃などさまざまなものが混じりあってできているのだ。また、外出時に外から砂埃や花粉などを持ち込んでいる場合もある。

室内の空気中には、繊維のクズだけではなくカビの胞子やウィルスも浮遊している。換気は、埃を減らすだけでなく快適で健康的な室内環境にするためにも重要なことと頭に入れておきたい。

布製品を減らす

埃を減らすコツの二つ目は、埃の正体である布製品を減らすことだ。室内には意外と多くの布製品がある。使わないタオルやぬいぐるみなどを処分したり、衣類はタンスやクローゼットにしまうことも有効な対策となる。

こまめな掃除

埃を減らすコツの三つ目は、こまめに掃除をして部屋を清潔に保つことだ。家族が集まるリビングは人の出入りが激しいため埃がたまりやすい場所でもある。できれば毎日掃除を行うことが理想だが、毎日が難しい場合は3日に1回の頻度で掃除を行うといいだろう。埃がたまりやすい箇所を1日数分程度の簡単掃除をするだけでも埃対策となる。

2. 埃を取るときに使える掃除グッズ

掃除グッズを使うと効率よく埃を取ることができる。おすすめの埃掃除グッズを紹介する。

マイクロファイバークロス

マイクロファイバークロスは細かな繊維が特徴の布だ。水拭きだけで黒ずみや埃汚れを取り除くことができる万能掃除グッズだ。洗剤を使えない家電の掃除にも重宝するのでテレビ周りの埃掃除に適した掃除グッズでもある。また、水アカや油汚れも簡単に拭き取ることができるので、一家に数枚は掃除用具として常備しておきたいアイテムなのだ。

ハンディモップ

棚やテレビ台、パソコ周りなどの狭い隙間掃除であればハンディモップを活用するといいだろう。ハンディモップには大きく分けてフラットタイプと円柱タイプがある。フラットタイプはモップ部分が平らなので平たい部分の掃除に向いている。掃除できる面は片面だけと限られているが、埃が舞いにくいメリットがある。

円柱タイプはモップが360度どこでも埃を取り除けるつくりになっている。隙間や凹凸のある部分の埃を絡め取るのに適しているが、埃が舞い上がりやすいといったデメリットもある。それぞれのよさがあるので、掃除場所に応じて2つを使い分けるといいだろう。また、ハンディモップは、柄が伸縮タイプのものを使えば、エアコンや照明といった高い位置にある家具も掃除できる。

フローリングモップ

フローリングモップは掃除機と違い騒音がなく、電気代もかからないので手軽に床やフローリングの埃取りができる。軽くて出し入れも簡単なので、忙しいときや、急な来客時にも活躍する掃除グッズだ。

フローリングモップには使い捨てタイプや繰り返し使える洗濯タイプのものがある。使い捨てのシートは、ウェット・ドライ・艶出しとさまざまなタイプがあり、自宅の床やフローリングの状態に合わせて好みで選べる。汚れたら新しいシートに替えるだけと手間もかからないので使い勝手がいい。一方、洗濯タイプは汚れたモップは洗濯するなどの手入れが必要だが、コスパがよく経済的だ。

3. 埃掃除でおすすめの100均グッズ

100均には埃を取るのに最適な掃除グッズが多数ある。便利で効率よく掃除できる100均のおすすめ掃除グッズを紹介しよう。

V字型モップ

V字型モップは、360度使用できるモップ部分がV字に枝分かれしているのが特徴だ。Vの部分を利用して挟み込んで埃を絡め取ることができるので使い勝手がいい。たとえば液晶テレビの端を挟んで埃を取ったり、コードについた埃をまとめて絡め取ることも得意だ。埃がたまりやすく掃除しにくい椅子の脚にも便利に使うことができる。モップ部分は洗濯できるので経済的でおすすめのグッズである。

マイクロファイバーブラインドクリーナー

マイクロファイバーブラインドクリーナーは、持ち手から伸びた3つの柄にクリーナー(モップ)がついたブラインド掃除グッズだ。クリーナーの素材は、洗剤がなくても汚れを簡単に落とすことができるマイクロファイバーが採用されている。持ち手はグリップのようになっているため、ブラインドをしっかり挟むことができるのがポイントだ。

3本のクリーナーがブラインドの上下の面を挟み込むので、ブラインドの表と裏についた埃を2列同時に一気に絡め取ることができる。クリーナー部分は洗濯ができるので衛生的かつ経済的で、ブラインドを使っている家庭では重宝する100均グッズだ。

結論

以上、埃を減らすコツや埃を取るときに使える掃除グッズ、おすすめの100均グッズを紹介した。今回紹介した埃をためにくくするポイントや掃除グッズを参考に、効率よく埃対策をしてほしい。100均でも優秀な掃除グッズが増えているので、お気に入りのアイテムを探してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ