このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ポリエステルのネクタイは自宅で洗濯OK!丈夫で洗いやすいのが特徴

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月12日

色落ちや型崩れしにくいポリエステル製のネクタイは、自宅でも比較的簡単に洗濯することができる。安価で購入できるうえ頑丈なので、日々の使いまわしに重宝している方も多いだろう。しかし、むやみに洗濯機で洗ってしまえば劣化が早まり寿命が短くなることもある。今回は、そんなポリエステルのネクタイの正しい洗濯方法と洗う際の注意点をまとめてみた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポリエステルのネクタイの洗濯で用意するものは?

化学繊維であるポリエステル製のネクタイは「耐久性が高い」「シワになりにくい」「乾きが早い」などのメリットがあり、洗濯でも失敗しにくい。とはいえ、ネクタイ生地は一般的に伸縮性を出すために「バイアス裁断」というカットがされており、強い力がかかると伸びやすいという特徴を持っている。そのため洗濯機より手洗いがベターである。まずは手洗いに際して用意するものから紹介しよう。

用意するもの

  • デリケートな衣類用の中性洗剤
  • 洗面器
  • 大判のタオル
洗剤は、衣類に優しいオシャレ着用洗剤が望ましい。大き目の洗面器と洗濯後に水気を取るためのタオルも必須だ。用意するものを揃えたら、早速手洗いにとりかかってみよう。

2. ポリエステルのネクタイの洗濯の手順

続いてポリエステルのネクタイを手洗いする際の手順を紹介する。ポリエステルのネクタイは洗濯機で洗えるタイプも多いため、洗濯機洗いについても解説していく。

手洗いの手順

  • 洗面器にぬるま湯を張り、洗剤を溶かす
  • ネクタイをたたんでお湯に浸す
  • ゆっくりと揺するようにして洗い、汚れを落とす
  • キレイな水に取り替えて、泡が残らないよう数回すすぐ
  • バスタオルなどでタオルドライして水気を吸い取る
  • ハンガーにかけて陰干しをする
ゴシゴシとこすったり強くんだりすると、ポリエステルとはいえ型崩れしやすくなるので軽く押し洗いする程度にとどめよう。汚れがひどいネクタイなら、5分ほど浸けおきしてから洗うとよい。洗濯後は直射日光を避け、風通しの良い場所で陰干しをする。

洗濯機洗いの手順

ネクタイの洗濯表示のタグに洗濯機洗い可能の表示があれば、洗濯機で洗うことができる。この場合は、「ドライコース」「手洗いコース」などのオシャレ着専用のコースを選ぶのがポイントだ。通常コースに比べ弱流で洗えるため、手洗いに近い仕上がりになる。また、傷みを防ぐため必ず洗濯ネットに入れることを忘れないようにしよう。

3. ポリエステルのネクタイを洗濯するときの注意点

頑丈で洗濯でも傷みにくいポリエステルのネクタイだが、基本的な注意点を守らなければ型崩れを起こし元に戻せなくなる可能性もある。

注意点その1 必ず洗濯表示のタグを確認する

ネクタイの最適な洗い方を示す洗濯表示は、洗う前に必ずチェックするようにしよう。「桶に手のマーク」なら手洗いOK、「桶に水のマーク」なら洗濯機OKを意味する。ポリエステルにシルクなどの天然素材が混紡されていると水洗いができない場合もある。もし、桶の上から×がついてマークがあれば家庭での洗濯不可となり、クリーニングに出す必要がある。

注意点その2 強い力で洗わない

丈夫なポリエステルでも、強くこすったりねじったりしてしまうと型が崩れたり毛玉ができる可能性がある。またネクタイの場合、中の芯地がずれて戻せなくなる危険もあるため、やさしく手洗いするか、洗濯機のドライコースを選ぶことが大事だ。

結論

水に強く洗濯が簡単なポリエステルのネクタイは、シルクなどに比べ高級感という点では劣るが、使い勝手のよさはピカイチで、汚れを気にせず使い倒せるため愛用者も多い。「強い力を加えず洗う」というポイントを押さえておけば、何度も洗って使用することができるので、その特性を活かしぜひ定期的に洗って清潔感を保ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ