このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

洗濯用ピンチハンガーの収納術!ランドリールームを整理整頓しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 2日

洗濯で洗濯用ピンチハンガーを使っている人は多いのではないだろうか。洗濯用ピンチハンガーには多くの洗濯バサミが付いているので洗濯物を干す際に便利だが、大きいので使わないときに収納場所に困ることがある。また、洗濯用ピンチハンガー同士が絡まって使いづらくなってしまうこともあるだろう。今回は日々の洗濯を楽にするために、洗濯用ピンチハンガーの収納術を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ランドリーラックに洗濯用ピンチハンガーをアイデア収納

ランドリーラックは、洗濯機の上にある空間を利用したアイデア製品である。ランドリーラックに通常のハンガーや洗濯用ピンチハンガーなどを収納することで、洗濯する際にすぐに取り出せるので効率的だ。ランドリーラックの中には、アイデアを活かし洗濯洗剤や柔軟剤、カゴなどが収納できるものがありとても便利なのでおすすめである。

ランドリーラックは人気があり、実店舗やネットショップなどでもさまざまな種類のものが販売されているが、初めて購入する人は迷う場合があるので選び方を紹介する。ランドリーラックには、突っ張り型と置き型の2種類があり、選ぶ際のポイントとなっている。突っ張り型は、突っ張り棒の原理を利用して天井と床の間に固定させるアイデアが採用されており、広い設置スペースが必要ないメリットがある。

置き型は、しっかりした構造となっているので、いろいろなものが収納できるメリットがある。ランドリーラックを配置するランドリールームは狭い場合が多いので、ある程度サイズが調整できるものがおすすめだ。

2. ブックエンドで洗濯用ピンチハンガーをおしゃれに整理整頓

洗濯用ピンチハンガーは、ブックスタンドを使うことでおしゃれに収納できる。洗濯バサミがたくさん付いた洗濯用ピッチハンガー同士は絡まることがあるが、洗濯物を干す際に絡み合った洗濯用ピッチハンガーを引き離すのは面倒でストレスになる。しかしブックスタンドに、ピンチハンガーを立てかけるだけで絡まなくなるうえおしゃれなイメージになるのでおすすめだ。

ブックエンドにはさまざまな種類があり、購入する際は安定感がある500g以上で、滑り止めが付いたものを選ぶといいだろう。クローゼットや棚にブックエンドを使ったピッチハンガーが本みたいに並んでいると、おしゃれに感じるし、洗濯用ピッチハンガーがブックスタンドによって自立していると取り出しやすい。ブックスタンドは洗濯用ピンチハンガーの整理整頓にとても便利である。

3. マグネットを使ったハンガーラックで洗濯用ピンチハンガーを収納

マグネットを使ったハンガーラックを使えば、洗濯用ピッチハンガーを収納できる。ハンガーラックはマグネットの磁力で取り付けるので脱着が簡単で、例えば洗濯機に取り付けることで、洗濯する際に洗濯用ピッチハンガーをすぐに取り出せるので効率的である。

マグネットを使ったハンガーラックは、向きが縦向きや横向きなど自由に変更でき、さまざまな場所に取り付けられるメリットがある。ハンガーラックの素材はスチールで粉体塗装を採用しているので錆に強いうえ、優れた耐久性を発揮する。

結論

洗濯用ピンチハンガーは、洗濯する際に欠かせない便利なアイテムである。しかし便利な反面、大きかったり洗濯用ピンチハンガー同士が絡まったりするので、収納する際はランドリーラックやブックエンド、マグネットを使ったハンガーラックを使うのがおすすめだ。洗濯用ピンチハンガーをすっきりと収納できる上、脱着が簡単なので使わなくなったら簡単に撤去できるメリットもあるのでぜひ試してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ