このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

布団の正しい保管方法知ってる?布団袋や圧縮袋で急な来客時も快適に

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 5日

オフシーズンの布団や来客用の布団を押し入れなどに保管するとき、布団をそのまま保管していないだろうか?布団は正しく保管しないとカビやダニが繁殖したり、品質が損なわれたりする場合がある。ここでは、布団の正しい保管方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 布団を保管するときは、ホコリや虫をカバーする布団収納袋に入れる

布団は、正しい手順や方法で保管しないと、保管中にカビやダニが発生したり、汚れやにおいがついてしまったりする場合がある。布団の正しい保管方法の手順は以下の通りだ。

1.布団カバーははずして洗濯する

布団カバーは、直接人の肌に触れているので汚れがついている。カバーをかけたまま布団を保管すると、細菌が繁殖したり、臭いの原因になったりするので、はずして洗濯する。

2.日光にあてて湿気をとばす

湿気がこもったままの布団をそのまま保管すると、細菌やダニが繁殖する原因になるので、日光で天日干しをする。天日干しは、夏場であれば裏表で合計2時間ほど、冬場はその倍の4時間ほど行うとよい。天日干しができない場合は、布団乾燥機を使用しよう。

3.布団収納袋や収納ケースに入れる

しっかりと乾燥させた布団は、虫やホコリをカバーする役割がある布団収納袋や布団収納ケースに入れて押し入れなどに保管する。布団収納袋は、通気性がある不織布を使用しているものを選ぶとよい。布団収納袋や布団収納ケースに入れると、積みかさねたり立てたりできるので収納スペースをとらなくなるのもメリットのひとつだ。なお、ビニール袋は通気性が悪く、カビやダニが繁殖する場合があるので使用は避けよう。

4.押し入れの上段に保管する

押し入れに保管する場合は、湿気の多い下段は避け、上段に保管しよう。

2. 布団の保管には布団圧縮袋を使ってもよい

布団を保管する方法には、1.で紹介した布団収納袋や布団収納ケースを使用する以外に、布団圧縮袋を使用する方法がある。

布団圧縮袋には、掃除機で空気を吸引するタイプや、付属のポンプや手で空気を押し出すタイプの2種類がある。布団圧縮袋を使用すると布団のかさが減るので、収納スペースが少なくてすむのが最大のメリットだ。防ダニや抗菌効果があるタイプを使用すると、ダニやカビを防止できるのでおすすめだ。

ただし、布団圧縮袋は圧縮しすぎると元に戻らなくなるので、圧縮しすぎないように注意して使う必要がある。また、布団圧縮袋は、基本的には羽毛布団には使用できない。羽毛布団を圧縮すると、羽根が傷んで劣化したり、ボリュームが少なくなってしまうのだ。どうしても羽毛布団を圧縮したい場合は、羽毛布団を使えるタイプの圧縮袋を使用する必要がある。

3. 長期の保管時には防虫剤を入れる

客用布団などの長期間保管する布団は、虫対策として布団の間に防虫剤をはさむとよい。防虫剤のにおいが苦手な場合は、においが薄いタイプのものを選ぶとよい。また、カビ対策として、押し入れやクローゼットの中などの布団を保管している場所の湿気を取ることも大切だ。乾燥剤を置く、すのこの上に保管する、換気をする、などを心がけるとよいだろう。

また、防虫剤をはさんだ布団は保管しっぱなしにせずに、半年に一度は収納袋や圧縮袋から出して、天日に干そう。

結論

布団を保管する場合は、カビやホコリから布団をカバーするために、そのまま保管せずに布団収納袋や布団収納ケースに入れるとよい。保管する前には布団カバーをはずして洗濯し、布団は天日に干して湿気を飛ばしておくことが大切だ。保管するスペースを少なくしたい場合は、布団圧縮袋を使うとよいだろう。長期の保管の際には、虫対策として防虫剤を布団にはさむとよい。正しい方法で布団を保管し、次のシーズンも快適に使用できるようにしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ