このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

大掃除に間に合う!チェックリスト作成のコツとおすすめテンプレート

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2019年12月 3日

大掃除はチェックリストを作成しておくと効率よく進められる。ただ、大掃除の項目は多いため、チェックリストも効率よく作成するためのコツがいる。ここでは、そのチェックリストに特化して作成のポイントを解説するとともに、おすすめのテンプレートを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 大掃除のチェックリストとは

年末年始は帰省したり旅行にでかけたりする方も多いだろう。あるいは、ゆっくり休んで一年の疲れを癒やしたい方もいるはずだ。

だが、そうなると大掃除が行き届かない可能性がある。せめて年に一度は感謝の気持ちを込めて大掃除したいものだ。

そこで役に立つのがチェックリスト。限られた時間内でいかに効率よく大掃除を済ませるかは、チェックリストの完成度にかかっていると言っても過言ではない。

チェックリストに場所や作業内容、誰が担当するか、何月何日に(または何時に)やるかなどを細かく記入することで、大掃除当日に慌てることなく着々と進められるようになる。

2. 大掃除の効率化!チェックリスト作成のコツ

大掃除チェックリストを作成するコツを伝授しよう。まずは大分類だ。

大掃除チェックリスト大分類

  • 片付け
  • 洗濯
  • 掃除
大掃除は大きく「片付け」「洗濯」「掃除」に分けられる。チェックリストもそのように分けておくと分かりやすい。

片付けとは、不用品を整理したり、年内は使わないといったモノをしまったりする作業も含まれる。

洗濯は文字通りだが、ここでも時間がかかるモノとそうでないモノを分けることが大切。クリーニングに出すモノは早めに動きたい。

掃除は内外、各部屋や家具・家電など細かく分けていこう。

以下に、大掃除チェックリストの例を紹介する。

片付けのチェックリスト

  • 衣類
  • 季節家電
  • 小物
  • 趣味(本・CD・DVD・ゲーム等)
  • 書類
  • 食品
  • その他

洗濯のチェックリスト

  • カーテン
  • 寝具
  • カーペット
  • カバー類
  • 衣類
  • その他

掃除のチェックリスト

  • 物置
  • ガレージ
  • 外壁・窓
  • 玄関
  • キッチン(冷蔵庫、電子レンジ、トースター等)
  • トイレ
  • 浴室・洗面所
  • リビング・ダイニング(エアコン、テレビ、電気器具等)
  • 寝室
  • 子供部屋
このようにリストアップし、いつ、誰がどこの大掃除を担当するか書き込んでいこう。

さらに、「用意するモノ」のチェックリストを作っておくことをおすすめする。当日バタバタしないように、必要なモノは事前に揃えておくためだ。

用意するモノのチェックリスト

  • マスク・バンダナ
  • 軍手・炊事用ゴム手袋
  • エプロン・汚れてもいい服
  • 古歯ブラシ・割り箸
  • 新聞紙
  • 雑巾(水拭き用、乾拭き用)
  • ホウキ・ちりとり
  • ゴミ袋
  • バケツ
  • ハタキ
  • 洗剤
油汚れにはアルカリ洗剤、水垢汚れには酸性洗剤が基本だが、家中を大掃除する場合、足りなくなる可能性を踏まえて重曹やクエン酸なども用意しておくことをおすすめする。

3. 時間がない方はダスキンの大掃除チェックリストを

年末ギリギリまで忙しい方や、旅行などで大掃除チェックリストを作成している時間がない方もいるだろう。

そんな方には、ダスキンが用意しているチェックリスト「大掃除少しずつプランシート」というテンプレートがおすすめだ。

大分類・小分類、担当者や予定日、実施日、備考欄までついている便利なチェックリストで、余白もあるので自分で大掃除に必要な項目を追加することもできる。

コンパクトにまとまっているので、プリントアウトしておこう。

結論

大掃除は、チェックリストを作成しておくとイメージが湧きやすくなる。掃除漏れを防ぐ意味でも、モチベーションを上げる意味でも大掃除チェックリストの役割は大きい。今回紹介したチェックリスト作成のコツやテンプレートを活用して、大掃除を乗り切ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ