このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ベランダの掃除方法を徹底解説!水を流さずキレイにする方法も伝授!

ベランダの掃除方法を徹底解説!水を流さずキレイにする方法も伝授!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年12月10日

ベランダ掃除は年に1回やるかやらないか、というご家庭も多いのではないだろうか?いざ始めてみると思ったよりも大変なことが多い。ここでは、ベランダ掃除の簡単なやり方と入念なやり方を徹底解説するとともに、マンションなど水が流せないときの掃除方法も紹介する。おすすめグッズなどとあわせて、ぜひ参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ベランダ掃除の前に!汚れの原因を知ろう

ベランダにはどういった汚れが溜まるのか、まずは基本的なところから見ていこう。

ベランダに溜まる汚れとは?

まず考えられるのは砂や土、ホコリ、それに鳥のフンや虫の死骸などもある。お住まいの地域にもよるが、多くはこれらの汚れだろう。雨とこうした汚れが混ざり合い、泥のようにこびりつくこともある。交通量が多い地域では排気ガスに含まれる油、海が近い地域では塩分、風が比較的強く木々が近くにあれば落ち葉、洗濯物から落ちたチリなど汚れの原因はさまざまだ。

2. ベランダ掃除に最適な日があるってホント?

実は、ベランダ掃除に向いている日、向かない日があるのをご存知だろうか?雨が強めに降っていてベランダに入り込むような日は当然避けるはずだが、それ以外にもベランダ掃除に向かない日がある。

ベランダ掃除に向かない日とは?

たとえば風の強い日はホコリなどが舞ってしまうため掃除しにくい。戸建てならまだしも、マンションなどではお隣や下階の住人に迷惑をかけてしまうかもしれない。また、たとえ晴れた日であっても暑い日や日差しが強い日などは避けたほうがよい場合もある。とくに直射日光が当たるベランダは熱中症のおそれがあるためだ。

ベランダ掃除に最適な日とは?

曇りで風が弱い日、あるいは小雨の日や雨上がりといった湿度が高い日は、ベランダ掃除に向いているとされる。理由は熱中症などのリスクが低いほか、風が弱く湿度が高いことでホコリが舞いにくくなるからだ。

3. マンションのベランダ掃除における注意点

マンションなど集合住宅にお住まいの場合、ベランダ掃除に際していくつか注意点がある。近隣トラブルを避けるためにもぜひ覚えておこう。なおマンションのベランダを、水を使わずに掃除する方法については後述しているので、確認していただきたい。

下階への水漏れ

2階以上にお住まいの場合、下階への水漏れの心配がある。多くのマンションではウレタンやシートなどで防水加工が施されているはずだが、中には古くなって防水効果が薄れているケースや、防水加工が行き届いていないケースもある。少量であれば問題ないかもしれないが、大量に流した場合、下階に漏れるおそれがあるため気をつけよう。

規約違反

意外と見落としがちなのがこちらだ。マンションのベランダは、廊下などのように「共用部分」に当たるのをご存知だろうか?したがって入居者の自由に使えるわけではなく、一定の制約がある。避難の妨げになるモノを置かない、といったこともそのひとつだが、それと同じように「大量に水を流すこと」を禁止している場合もある。ベランダ掃除の前に規約を確認しておこう。

排水口がつながっている

物件によるが、排水口を隣室と共有しているところもある。大量に水や汚れを流してしまうと、隣室のベランダに流れ込んでしまうおそれがあるため、事前に確認しておくとよいだろう。いずれにせよ、大量の水を一気に流すといったことは避けたほうが無難だ。

掃除機などの騒音・ホコリ

隣室がとくに近い場合などは、掃除機やデッキブラシの音、ホウキで掃いたときに舞うホコリなどに対し苦情がくる場合がある。作業は慎重に行うとともに、騒音や粉塵にも細心の注意を払おう。

4. 簡単なベランダ掃除のやり方

それではベランダ掃除について解説を進めていこう。まずは簡単に済ませる方法から紹介していく。

掃除機と雑巾で

水に濡らして固く絞った雑巾で手すりなどを拭き掃除し、最後に床を掃除機で掃除すれば完了だ。これだけでも目に見える汚れやホコリ、ゴミなどを取り除けるので、見た目はキレイになる。

新聞紙とホウキで

掃除機が使えない(使いたくない)という場合は、少々手間だが新聞紙とホウキでも掃除できる。手すりなどは同じように雑巾で拭き掃除し、床には細かくちぎって水に濡らした新聞紙を撒く。あとはホウキでその新聞紙を掃けばOKだ。新聞紙が汚れを吸着してくれるため、掃除機を使ったときと同じようにキレイになる。

鳥のフンには注意が必要!

鳥のフンにはさまざまなウイルスや菌、寄生虫などが含まれているおそれがある。大げさかもしれないが、オウム病やクリプトコックス症などは鳥のフンが原因ともいわれている。そんな鳥のフンを掃除機で吸い込んでしまうと排気から室内に入り込んでしまったり、ホウキで掃いたときに舞い上がったりするおそれがある。軽視せず、慎重に作業にあたろう。

鳥のフンの掃除方法

消毒用エタノールをかけてしばらく置いておく。やがてふやけてきたら、使い捨てのウエスやダスターなどで拭き取り、そのまましっかり包んでゴミ袋へ捨てるなどしよう。フンが付いていた場所にもエタノールをかけて消毒しておくとより安心だ。

5. 入念なベランダ掃除のやり方

話を一般的なご家庭のベランダに戻そう。まずは揃えておきたいグッズの確認からだ。

ベランダ掃除でそろえたいグッズ

  • マスク
  • ホウキとチリトリ
  • バケツ
  • 雑巾
  • デッキブラシ
  • 使い古しのブラシ
  • 重曹(またはセスキ炭酸ソーダ)
  • エタノール(鳥のフン用)
  • 掃除機
  • ゴム手袋
  • 新聞紙
40〜45℃程度のお湯をバケツにくみ、粉末の重曹を溶かしておこう。分量はお湯1Lにつき重曹大さじ3〜4杯が目安だ。空のスプレーボトルがあれば、水100mlにつき小さじ1杯の重曹を溶かした重曹水スプレーを用意しておくとより便利である。なお重曹には研磨作用があるため、ベランダの床が柔らかい素材や傷つきやすい素材だった場合は控えたほうがよい。また木材の場合も、染み込んで変色するおそれがあるため使わないほうがよいだろう。その場合、台所用中性洗剤を薄めたもので代用しよう。

入念なベランダ掃除の手順

  • ベランダに置いてあるモノを移動する
  • 鳥のフンがあれば、先にエタノールをかけて拭き取る
  • ホウキで手すりや室外機など「上から下へ」汚れを落としていく
  • 手すりや腰壁、室外機など水拭きできる場所は水拭きする
  • ホウキとチリトリで床や排水溝を掃除する
  • 床に重曹水をまく
  • デッキブラシでこすり洗いする(目地など細かい部分は古い歯ブラシを使う)
  • 床を水でしっかり洗い流す
  • 排水口に溜まった汚れを取り除く(細かい汚れは古い歯ブラシを使う)
この流れで行くと、ベランダの上から下に掃除ができるので効率がよい。最後に水で洗い流すのを控えたい方はちぎって濡らした新聞紙で吸い取るか、次章で紹介する水を流さない方法で掃除しよう。それでは具体的な掃除方法を解説していく。

床の掃除方法

鳥のフンはエタノールを使って先に取り除いておくとよい。また大きいゴミなどは掃除機で吸い取るか、ホウキで掃き掃除をして取り除いておこう。ある程度キレイになったら重曹水を撒いて、デッキブラシでこすり洗いをする。水が使えないときは重曹水スプレーでもOKだ。最後に水を流して完了としよう。

窓の掃除方法

大きなホコリなどはホウキで先に落としておくとよい。次に水に濡らして丸めた新聞紙で拭き掃除をし、乾いた新聞紙で拭き取る。これだけでかなりキレイになるはずだ。なお、古いストッキングなどがあればそれを活用してもよい。スポンジのように丸めて使えば、濡らさなくても汚れをキレイに落とせる。

室外機の掃除方法

内部の掃除は難しいが、せめて外側だけでもキレイにしておこう。最初に表面の汚れを掃除機またはホウキを使って取り除き、水に濡らして固く絞った雑巾で水拭きをする。網目部分などは使い古しの歯ブラシなどを使い、最後に掃除機で吸い取れば完了だ。

手すりや腰壁の掃除方法

鳥のフンはエタノールを使って取り除く。あとはホウキで汚れを落とし、水に濡らして固く絞った雑巾で拭き掃除をすればよい。

側溝や排水口の掃除方法

床と同じように大きなゴミを取り除いたら、重曹水を撒いてデッキブラシでこすり洗いをする。排水口、ゴム手袋を装着して枯れ葉や泥などを取り除き、細かい部分は使い古しの歯ブラシなどで掻き出そう。最後に水を流して完了だ。

6. 水を流さずにベランダを掃除する方法

お伝えしたように、マンションなど集合住宅のベランダ掃除では水を使いにくいことがある。そこで、続いては水流さずに済むベランダ掃除の方法を紹介しよう。先ほど紹介した重曹スプレーを用意しておこう。

水を流さないベランダ掃除の手順

  • ベランダに置いてあるモノを移動する
  • 鳥のフンがあれば、先にエタノールスプレーをかけて拭き取る
  • ホウキで手すりや室外機など「上から下へ」汚れを落としていく
  • 手すりや腰壁、室外機など水拭きできる場所は水拭きする
  • ホウキとチリトリで床や排水溝を掃除する
  • 新聞紙を濡らして細かくちぎり、床に満遍なくばらまく
  • 新聞紙をホウキとチリトリで取り除く
  • 重曹スプレーを床全体に吹きつけ、5分程度放置する
  • デッキブラシや古い歯ブラシで床を磨いていく
  • 濡れ雑巾でよく拭き取る
  • 乾拭きする
少し手間だが、水が流せないベランダ掃除はこの方法でキレイにしよう。汚れが残ってしまい、どうしても水分がほしいというときは、ジョウロなどでごく少量ずつまくとよい。また掃除機が使えるなら床の大きなゴミやホコリを吸ってもよい。ただし鳥のフンには気をつけよう。

7. ベランダ掃除の頻度

ベランダ掃除は大掃除など年に1回程度、あるいは台風などが去ったあとだけ、といったご家庭も多いだろう。当然だが汚れが溜まるほど掃除は大変になるため、できればコンスタントに掃除をしておきたいところだ。

理想は月1回の入念な掃除

常にキレイなベランダをキープしたいのであれば、月に1回は念入りに掃除をするとよい。とはいえ共働きのご家庭も多く、毎月となるとやや非現実的かもしれない。

月1回は簡単に、3カ月に1回は念入りに

ベランダの入念な掃除に時間を割けないという場合は、掃除機と雑巾、あるいは新聞紙とホウキを使った簡単な掃除を月に1回実践し、入念な掃除を3カ月に1回などと決めて行おう。

8. ベランダ掃除を楽にする日々のお手入れ

ベランダの掃除は一気にやると大変だが、ちょっとした工夫で掃除が楽になる。

日々の「ついで掃除」がおすすめ

たとえば洗濯物を干したり取り込んだりするついでに、手すりや室外機を水拭きする。床は気づいたときにゴミを拾ったり軽く水で流しておいたりするだけでも汚れが溜まりにくくなる。日々のこうしたひと工夫で、そのベランダ掃除もだいぶ楽になるはずだ。

9. ベランダ掃除におすすめのアイテム3選

最後に、ベランダ掃除にあると便利なアイテムを紹介しよう。

タイショー産業「ぐんぐん伸び〜る 魔法のホ〜ス」

5〜15mまで伸縮するホースだ。これならベランダに水道がなくても水を流せる。手元にレバーがあるので、水が出っぱなしということもない。軽量で絡まりにくいのも特徴だ。

山崎産業「JP デッキブラシ」

幅20cm、長さ125cmとベランダ掃除にピッタリなサイズ感のデッキブラシである。毛の長さも4cmと十分あるのでしっかり掃除できるだろう。590gと軽いので扱いやすい。

ケルヒャー「高圧洗浄機 K2 クラシック プラス」

壁や床のガンコな汚れ落としには高圧洗浄機もおすすめだ。こちらは軽量&コンパクトサイズで扱いやすく、水圧調節が可能なので洗車や網戸掃除などにも使える。

結論

ベランダは汚れやすいが、外にあるためつい放置しがちだ。だが洗濯物に汚れがついてしまったり、いざ掃除しようとすると汚れがこびりついて大変だったりもする。ベランダに出たときにこまめに掃除しておくなど、ひと工夫してベランダ掃除を楽にしよう。
  • 公開日:

    2019年12月 6日

  • 更新日:

    2020年12月10日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ