このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レンジフードのフィルター掃除の簡単な裏ワザ!交換頻度や注意点は?

レンジフードのフィルター掃除の簡単な裏ワザ!交換頻度や注意点は?

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2019年12月11日

油がこびりついたレンジフード(換気扇)のフィルター。見るからに掃除に手間がかかりそうだが、そんなレンジフードのフィルターの汚れを簡単に落とせる裏ワザを紹介する。使い捨てレンジフードフィルターの交換頻度や、フィルターを選ぶ際の注意点なども解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. レンジフードのフィルターに汚れが溜まるとどうなる?

レンジフード(換気扇)のフィルターはギトギトになるまで掃除しない、という方も多いのではないだろうか?

レンジフードのフィルターには料理中の油やホコリなどが吸着し、ベタベタと汚れてしまう。レンジフードの下でタバコを吸う場合、フィルターにはヤニなども付着している。

汚れが溜まったままだと換気の効率が悪くなり、汚れた空気がキッチンの壁や床などに付着してしまう。空気中を舞っているホコリが料理に混入してしまう可能性もある。

空気の流れが滞って異臭がしたり、湿気や汚れが溜まればカビが発生したりすることもある。キッチンは衛生的に保つためにも、レンジフードのフィルター掃除は大切だ。

2. レンジフードのフィルターの種類と特徴

レンジフードのフィルターにはいくつか種類がある。

金属フィルター

一般的なレンジフードのフィルターだ。油の吸着力があり洗剤で洗えるので、定期的に汚れを落としておけば長い間使うことができる。

不織布フィルター

金属フィルターの表面に貼り付ける使い捨てタイプ。油はしっかり吸着してくれるが、レンジフード本来の吸引力(通気性)を落としてしまうことがある。貼るだけのもの、枠付きのものなど。

ガラス繊フィルター

こちらも使い捨てタイプ。油の吸着力はあるが、不織布と同様にレンジフード本来の吸引力を低下させてしまうことがある。多くは枠付き。

3. レンジフードのフィルター掃除のコツと裏ワザ

浸け置き

レンジフードのフィルターが入る大きさのゴミ袋を2枚重ね、シンクに置いて40〜50℃程度のお湯を張ろう。ちょうどいいゴミ袋がなければバケツでも構わない。

アルカリ性の油汚れ用洗剤(マジックリンなど)を適量入れ、その中にレンジフードのフィルターを入れる。1時間ほど浸け置きしてからスポンジで汚れを落とし、お湯でしっかり洗い流す。

乾いた雑巾でひと通り拭いたら、新聞紙などにのせて乾燥させよう。

洗剤がなければ重曹を

同じくゴミ袋やバケツを用意する。お湯1リットルに対して重曹大さじ5杯の割合で溶かしていく。汚れが浮いてくるまでレンジフードのフィルターを浸け置きし、あとはスポンジや古い歯ブラシで洗うだけだ。

あるいは、重曹を粉のまま直接レンジフードのフィルターに振りかけてもいい。その場合は2〜3時間ほどかけて、じっくり汚れを浮かせよう。

いずれも、しっかり洗い流して乾燥させることが大切だ。

何もなければ小麦粉で

小麦粉は油を吸収してくれる。レンジフードのフィルターにたっぷり(表面が隠れるくらい)まぶし、30分間放置する。茶色くなってきた部分にはさらに小麦粉を足し、もう30分間ほど待とう。

次に、ポリ手袋をはめて小麦粉をしっかり伸ばしながら汚れを取っていく。細かい部分は古い歯ブラシを使おう。満遍なく伸ばしたら、最後は濡れ雑巾で拭き取って乾拭き仕上げをする。

レンジフードのフィルターを拭き掃除するときのコツ

重曹を粉のままレンジフードのフィルターにまぶして拭き掃除する場合、先にレンジフードのフィルターを濡らさないように気をつけよう。

油が水に触れると乳化してしまい、余計にベタベタしたり汚れが広がりやすくなったりする。

4. 使い捨てレンジフードフィルターの交換頻度は?

レンジフードのフィルターに、さらに使い捨てフィルターをつけているご家庭も多いのではないだろうか?

手軽につけ外しでき、レンジフード本体のフィルターへの汚れを軽減できるおすすめのアイテムだ。

使い捨てレンジフードフィルターは交換のタイミングが難しいかもしれないが、目安を知っておこう。

油を使った料理、とりわけ揚げ物が多いというご家庭は、1カ月に1回を目安にしよう。それ以外なら、3カ月に1回程度が目安になる。ただし、基本的には「汚れが目に見えるようになった時点で交換」が原則だ。

5. 使い捨てレンジフードフィルターを選ぶ際の注意点

使い捨てレンジフードフィルターは、火気がある場所で使う。そのため、できれば不燃性のものがおすすめだ。ガラス繊維フィルターなどは燃えにくい。ただしレンジフードとの相性もあるため、よく確認して購入しよう。

不織布の使い捨てレンジフードフィルターを選ぶなら、できれば「難燃性」のものをおすすめする。

結論

レンジフードのフィルターは、浸け置きで簡単に汚れを落とせる。掃除や交換は「汚れが溜まったら」よりも「汚れ始めたら」を目安に行うことをおすすめする。使い捨てレンジフードフィルターには種類があるので、ご家庭のレンジフードに合ったフィルターを選ぼう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >