このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フライパンは壁掛け収納がスマート。見せる収納で使いやすく!

フライパンは壁掛け収納がスマート。見せる収納で使いやすく!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月14日

毎日のように料理で使うフライパンだが、意外と大きくてかさばるので収納に困っている、という方も多いのではないだろうか。フライパンの収納法はいくつかあるが、使いやすく場所をとらない収納方法として人気なのが壁掛け収納だ。今回は、大きくかさばるフライパンを、すっきりと壁掛け収納する方法について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フライパンを壁掛け収納する方法とは?

引き出しの中に収納すると、大きくてそれだけで引き出しの中がいっぱいになってしまうフライパン。そんなフライパンが2個も3個もあると、取り出すだけでもストレスになってしまうだろう。そこでおすすめしたいのがフライパンの壁掛け収納だ。使う頻度の高いフライパンを壁に掛けるだけで驚くほど使い勝手がよくなる。さらに、引き出しの中もすっきり片付くといったメリットもある。

フライパンを壁掛け収納にする方法だが、キッチンにもよるが現状のままのキッチンではフライパンを壁に掛けることは難しい場合がほとんどだろう。もともと壁にフックが付いているキッチンなら問題ないが、そうでない場合にはフックの取り付けが必要だ。一番簡単なのが、空いている壁に強力な両面テープでフックを貼り付ける方法だ。キッチンの壁に磁石が入っているようなら、強力なマグネット付きのフックを取り付けるといいだろう。

このように、フックさえ壁に取り付けてしまえばフライパンを壁掛け収納にすることは容易である。難しいのは壁に直接フックを取り付けられない場合だ。この場合は工夫が必要なので、以下に方法を紹介しよう。

突っ張り棒を使う

突っ張り棒とS字フックを活用すればフライパンを壁掛け収納にすることができる。たとえば収納スペースとなる壁と壁の間に突っ張り棒を設置したら、S字フックを利用してフライパンを吊り下げる。また、2本縦に突っ張って、その間にワイヤーネットを取り付けてもいいだろう。ワイヤーネットを併用すれば、フライパンだけでなく、たくさんの小物も一緒に引っ掛けることができて便利に使える。

パンチングボードを設置する

ホームセンターなどで販売されているパンチングボードを設置し、そこに専用フックを取り付ければ、ワイヤーネットと同じくたくさんのキッチン小物を吊り下げることができる。

レンジフードの溝に吊り下げる

レンジフードの溝の部分にS字フックを引っ掛けて、フライパンを壁掛け収納するのも手軽でおすすめだ。

以上のように、フライパン収納の方法はさまざまあるが、キッチンに合う収納法を選んでほしい。また、フックや突っ張り棒などは、定められた耐荷重があるので必ず確認し、重量オーバーで落ちないよう注意しよう。

2. フライパンの壁掛け収納グッズは?

フライパンの収納には、先ほど紹介したフックや突っ張り棒、ワイヤーネット、パンチングボードのほかにも便利なキッチン収納グッズが多数ある。レンジフードフックやハンガーなど、キッチンツール用に作られているので、使い勝手のいいつくりになっているのも魅力だ。多くはホームセンターやネットショッピングなどで購入が可能である。また100均にもキッチン収納グッズは販売されている。

ステンレス製や、温もりのある木製、おしゃれなデザインなどインテリア性の高いキッチン収納グッズがあるので、ぜひ好みのものを探して利用してみてはいかがだろうか。手軽に理想の収納スペースを作ることができるだろう。

3. 壁掛け収納の価格は?

ところで壁掛け収納を作るのにどのくらいの予算が必要なのだろうか、と気になる方もいるだろう。自分でフックを取り付けたり、突っ張り棒やワイヤーラックを使って自作する場合には100均アイテムを使えば、価格は数百円から千円程度で済むだろう。

キッチンツールハンガーなどの市販品は千~二千円ほどの価格帯のものが多い。丈夫で耐久性、デザイン性に優れるものだと1万円以上の価格帯のものもある。重量のあるフライパンなどを複数吊り下げて収納するのであれば、素材にこだわって強度のあるものを選びたい。用途やキッチンインテリアに合う最適なグッズを探して、使いやすいキッチン収納にしよう。

結論

収納が難しく、しまう場所に困ることが多いフライパンは、壁掛け収納の「見せる収納」がおすすめだ。吊り下げて収納することで取り出しやすく、また、しまいやすくなり使い勝手はグンとアップするだろう。フライパン収納に頭を悩ませている方は、今回紹介したフライパンの壁掛け収納法を参考にしてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >