このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯機にアース線がある理由は?付け外し方やスッキリ見せるコツも伝授!

洗濯機にアース線がある理由は?付け外し方やスッキリ見せるコツも伝授!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2021年1月25日

洗濯機のアース線にはどんな意味があるのかご存知だろうか?本稿ではその理由を解説するとともに、取り付け方や外し方、端子がないときや長さが足りないときの対処方法などもお伝えする。ゴチャッとしがちなアース端子部分をスッキリ見せる方法も紹介するので、あわせて参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯機にアース線が付いているのはなぜ?

そもそも洗濯機にアース線が付いている理由や、アース線の役割など基本的なところからおさらいしておこう。

アース線とは

アース線の「アース」は地面のことである。コンセント側のアース端子に正しく接続することで、万が一漏電が発生した場合などに電気を地面へ逃がすという役割がある。飲食店の厨房や、酒・しょうゆの貯蔵庫、コンクリート床など湿気が多い場所、および生鮮食料品店の作業場といった水が飛び散る場所、土間や地下室といった結露が起こりやすい場所などは、アース工事が義務付けられている。

洗濯機にアース線が付いている理由

洗濯機は水と電気を同時に使用する。水気や湿気がある場所での使用が前提の家電には絶縁加工が施されているはずだが、劣化によって絶縁が悪くなったり故障が原因だったりして漏電することがある。知らずに触れれば、感電など重大な事故を招いてしまうことも考えられる。

洗濯機にアース線が付けられている理由の一つは、その感電対策だ。アース線をつないでおけば感電した際も電流のほとんどがアース側に流れてくれるため、人体への被害が軽減される。アース線にはほかにも「落雷や静電気、過電圧による故障、誤作動、ノイズなどを抑制する働き」などがあるが、とくに洗濯機においては、感電による被害の軽減が大きな目的だ。

アース線を取り付けてはいけない場所もある

まずガス管は、引火や爆発のおそれがあるためアース線を取り付けてはいけない。また水道管は樹脂製がほとんどであり、正常な役割を果たせないおそれがあることからNGだ。そのほか、電話のアース線や避雷針なども落雷時に危険があることから取り付けてはいけない。洗濯機のアース線を取り付けるだけであればこれらはあまり関係ないかもしれないが、知っておいて損はないだろう。

2. 洗濯機のアース線の取り付け方と外し方、注意点

洗濯機が経年劣化すれば、配線の破損や故障などで漏電・感電するリスクがある。そのため洗濯機のアース線は必ず取り付けよう。アース線はコンセント側のアース端子に接続するわけだが、その端子には「ネジ式」と「ワンタッチ式」がある。それぞれ取り付け方を説明する。

ネジ式

洗濯機置き場のコンセントを見てほしい。プラグの差し込み口付近にネジがあれば、ネジ式のアース端子だ。中には、つまみ付きのカバーで覆われているものなどもある。ドライバーでネジを緩め、アース線を挟み込む、または巻きつけるようにしてネジを締める。簡単に抜けたり締め付けが中途半端だったりしないか、最後に軽く引っぱるなどして確認しておこう。

ワンタッチ式

ふたを開けてアース線を奥まで挿し、ふたを閉じる。ネジ式よりも簡単だが、同じく最後に軽く引っぱるなどして抜けないかだけを確認しておこう。

アース線の外し方は?

ネジ式、ワンタッチ式いずれも、それぞれ逆の手順に沿っていけば外せる。

アース線を付け外しする際の注意点

取り付け、取り外しいずれも作業前に洗濯機のコンセントを抜いておこう。また手や工具、アース線などが濡れていたら水気をしっかり拭き取り、乾いた状態で行うことを心がけてほしい。

3. アース端子がない、または端子が埋まっているときは?

コンセント側にアース端子がない、あるいはアース端子はあるがすでにほかの家電で使っているといったケースもあるだろう。そんなときの対処方法をお伝えする。

コンセント側にアース端子がないとき

アース線を接続するには、アース端子付きのコンセントに交換する必要がある。コンセントの新設は「電気工事士」の資格が必要な工事になるため素人にはできない。したがって家電量販店や近所の電気店、あるいは電気工事を請け負っている業者などにお願いしよう。賃貸物件にお住まいなら管理会社やオーナーなどだ。

あるいはプラグに差し込むタイプの「漏電遮断器」を取り付ける方法もある。漏電を検知すると電気を遮断するというアイテムだ。賃貸にお住まいで工事が難しいといった方や、工事まではしたくないという方は検討しよう。ただしアース線や漏電遮断器を用いても、漏電や感電を100%防げるというものではない。洗濯機に限ったことではないが、水まわりで使う家電はとくに、取り扱いに注意しよう。

アース端子がほかの家電で使われているとき

この場合はとくに心配しなくてよい。なぜなら、ひとつのアース端子に複数のアース線を接続できるからだ。とはいえひとつのアース端子に3本も4本も、となれば正しく接続できていないものも出てくるかもしれない。その場合は電気工事士の有資格者にアース端子の増設といった工事をお願いしよう。

4. 洗濯機のアース線が短くて届かないときは?

コンセント側にアース端子があり、洗濯機にもアース線が付いているものの、そのアース線が短く端子まで届かないということもあり得る。そのときの対処方法も知っておこう。

十分な長さのアース線に交換する

洗濯機のアース線が短くて届かないときは、十分な長さのある新品のアース線を電気店やホームセンターなどで購入して取り付けよう。この場合は電気工事士の資格は必要ない。洗濯機の裏側などにアース線が取り付けてあるネジがあるので、まずはそこを緩めてアース線を外す。次に、新しく買ってきたアース線を取り付け、上述の手順でコンセント側のアース端子に接続すればOKだ。作業前に必ず洗濯機の電源プラグを抜いておこう。

アース線の「継ぎ足し」はおすすめしない

ネット上には「ホームセンターなどで延長用のアース線を購入して継ぎ足すことができる」といった情報もあるが、本稿ではおすすめしない。継ぎ足しが正しくできているか素人で判断するのは難しいし、なにより相手は目に見えない電気だからだ。万が一の事故を招かないよう、継ぎ足しはしないことをおすすめする。

5. 洗濯機のアース線をスッキリ見せるには?

コンセントが目の高さやそれより上にあり、洗濯機本体のコンセントやアースが目立つ、ゴチャッとした感じに見えるのが気になるという方もいるだろう。その場合「コンセント安全カバー」がおすすめだ。本来小さな子どもなどがうっかり引き抜いてしまわないようカバーするためのものだが、コンセントやアース線の接続部分を隠せるし、万が一の水はねなどからも守れる。

山崎実業「コンセントガード ウッディ」

コンセントのプレート部分をすっぽり覆ってくれるアイテムだ。木目調のフロントと、サイドがホワイト・ブラックの2種類があり、3口コンセントまで対応している。

リッチェル「ベビーガード コンセントフルカバーR」

同じくプレート部分をすっぽり覆ってくれるカバーで、3口コンセントまで対応している。こちらは全面シンプルな白色なので、目立たないように付けたい方におすすめだ。

100均でも手に入る

コンセント安全カバーは、ダイソーやセリアといった100均でも手に入る。近所にあるという方はぜひ探してみてはいかがだろうか?

結論

洗濯機は水気が多い場所で使うため、アースを正しく接続する必要がある。洗濯機にアースがある意味を再確認するとともに、接続していない方はぜひ本稿を参考に取り付けていただきたい。ただし中には電気工事士の資格が必要な工事もある。事故を防ぐ意味でも必ず専門家に依頼するようにしよう。
  • 公開日:

    2019年12月12日

  • 更新日:

    2021年1月25日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ