このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ウォシュレットの掃除方法!ノズルの出し方や手を汚さないコツも解説

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2019年12月18日

ウォシュレットはお尻をキレイにしてくれるありがたい機能だが、掃除をしなければ当然汚れてしまう。ここでは、ウォシュレットのノズルの掃除方法を解説するとともに、手を汚さずに済むウォシュレットの掃除のコツもお伝えしていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ウォシュレットのノズルは掃除した方がいい?

ウォシュレットのノズルは掃除した方がいいのか?答えはイエスだ。ウォシュレットの中でも特に、ノズルにはさまざまな汚れが付着しているため掃除が必要と言える。尿や便、そしてノズルから噴射される水から水垢もできてしまう。特に強めに水勢を強にしている場合、跳ね返りも多くなるため便器内にも汚れが飛び散っている。

掃除をせずに汚れを放っておくと、黄ばみなどの原因になるだけでなく、雑菌が繁殖したりカビが発生したりする。ウォシュレットのノズルが収納部に引っ込んでしまえば風通しも悪くなるため、余計に菌などが繁殖しやすい環境になってしまう。

ウォシュレットのノズルに付着した菌やカビが、水とともにお尻に当たることも考えられる。それを考えただけでも、掃除しないという選択肢はないだろう。

2. ウォシュレットのノズルを掃除する際の出し方

これまでウォシュレットのノズルを掃除したことがない方は、ノズルの出し方に困るかもしれない。そこで基礎知識として、ウォシュレットのノズルを掃除する際の出し方を覚えておこう。

ノズルの出し方

メーカー、機種などによって若干異なるものの、現在主流のウォシュレットなら本体の操作パネルに「ノズル掃除」などと書かれたボタンがあるはずだ。出し方はこれを押すだけ。

一方、ボタンが見当たらない場合の出し方については説明書を読んでみよう。そのまま手動で引っぱる出し方もあるが、もしかするとメーカーによって違うかもしれない。故障を招かないためにも、説明書を確認しておきたい。

3. ウォシュレットのノズル、収納部などの掃除方法

実際にウォシュレットのノズルや収納部を掃除する方法を解説する。併せて、一緒に掃除しておきたい部分や注意点などもお伝えしていく。

ウォシュレットのノズルの簡単な掃除方法

まずは、日頃から手軽に行えるウォシュレットのノズルの掃除方法だ。ゴム手袋を装着し、先ほどの出し方でノズルを露出させたら、トイレ用のお掃除シート(クイックルなど)で拭く。これだけでも表面の軽い汚れならほとんど取り除ける。

ウォシュレットのノズルの丁寧な掃除方法

同じように、ウォシュレットのノズルをお掃除シートで拭いたら、台所用の中性洗剤を染み込ませた布で拭き取る。または、マジックリンなどトイレ用洗剤を吹きつけてから布またはお掃除シートで拭き取る。水の吹き出し口は使わなくなった歯ブラシなどでこすり洗いしよう。

併せて、収納部もキレイにしておきたい。収納部の外し方は説明書に書かれているはずなので確認しよう。比較的新しいウォシュレットなら、収納部のカバーが手で引っぱって外せるものもある。ノズルと同様に、お掃除シートやトイレ用洗剤でキレイに拭きあげよう。

ウォシュレットと一緒に掃除しておきたい部分

ウォシュレットを使うと汚れが周囲に飛び散る。そこで、ノズル掃除と一緒に便座の表、ふたの表裏、便座の裏、便器の縁と内側を掃除しよう。基本的にはお掃除シートやトイレ用洗剤でいつものように掃除すればOKだ。また操作パネルは軽く水拭きする程度でいいが、汚れが溜まっている場合は綿棒に薄めた台所用中性洗剤を染み込ませて拭いてから、水拭きして仕上げよう。

ウォシュレットの掃除の頻度と注意点

ウォシュレットのノズルに汚れを溜めないようにするには、1日1回、簡単な拭き掃除をしておこう。操作パネルなど丁寧な掃除は1カ月に1回を目安にし、汚れがひどい場合はその都度、掃除することを心がけたい。

なお、ウォシュレットはノズルも含め電子部品だ。水をかけると故障の原因にもなってしまうため注意しよう。

4. 手を汚さずにウォシュレットのノズルを掃除するコツ

最後に、手を汚さずにウォシュレットのノズルを掃除するコツだ。自分や家族の排泄物とはいえ、やはりできるだけ汚したくない。そんなときにおすすめのグッズがこちらだ。なお、価格はすべて税込、2019年11月29日時点のものだ。最新価格については、メーカーのホームページやショッピングサイトなどで確認してほしい。

アース製薬「らくハピ ねらってバブルーン トイレノズル」(Amazon価格:554円)

ウォシュレットのノズルや便器の縁裏などのサッと吹きつけるだけ。泡が汚れを浮かせて洗い落としてくれる。逆向きでも使える便利な洗剤だ。

エステー「洗浄力 モコ泡わノズル専用クリーナー」(Amazon価格:381円)

ウォシュレットのノズルやノズル周りの水垢、便汚れなどを落としてくれる。吹きつけると泡が汚れを包んで浮かせてくれるので、お掃除シートなどで拭き取る。

結論

ウォシュレットのノズルにはさまざまな汚れが付着している。ほぼ毎日と言っていいほど使うものなので定期的に掃除しておきたい。ノズル掃除は難しいものではないので、ここで紹介した方法やグッズを使ってキレイにし、気持ちよくウォシュレットを使おう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ