このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アルコール除菌スプレーの効果とは?使い方と注意点、作り方まで解説

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2019年12月21日

アルコール除菌スプレーの効果や安全性、基本的な使い方や注意点を解説していく。100均のスプレーボトルを使ったアルコール除菌スプレーの作り方や、おすすめ3選、アルコール除菌スプレーを選ぶ際のポイントなどもお伝えしているので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アルコール除菌スプレーの効果と安全性

アルコール除菌スプレーとは?

まずはアルコール除菌スプレーについての基礎知識を身につけよう。殺菌や除菌、滅菌など同じような言葉だが、言葉が示すとおりアルコール除菌スプレーは「除菌」、つまり菌を減らすスプレーという意味だ。対象物に直接噴射するだけで、短時間で菌を減らせる。なお、除菌よりも強い「殺菌」は菌を殺す作用、さらに強い「滅菌」は菌を死滅させる作用を意味する。

アルコール除菌スプレーの成分

名前の通り、アルコール除菌スプレーの成分は多くがアルコールだ。その中でも「エタノール」が含まれているものが多い。成分表示を見ると、アルコールではなくエタノール(別名:エチルアルコール)と記載されていることもある。

アルコール除菌スプレーの安全性

アルコールはお酒のこと。つまりアルコール除菌スプレーもお酒と同じ成分で作られているため、少量が体にかかったり、最悪の場合口に入ってしまったとしても、人体への悪影響はほとんどない。ただし、濃度が高すぎるアルコール除菌スプレーの場合、肌荒れなどを招く恐れはゼロではない。

2. アルコール除菌スプレーの使い方と注意点

アルコール除菌スプレーの使い方

気になる場所やモノにサッと少量ずつ吹きつけ、乾いた布などで拭き取るというのが、アルコール除菌スプレーの基本的な使い方だ。布が不潔だと効果が半減してしまうので、清潔な布を使おう。また、吹きつける場所やモノが濡れているとアルコールが薄まり、除菌効果が下がる。水気を拭き取ってからアルコール除菌スプレーをしよう。

アルコール除菌スプレーの注意点

水気を拭き取っておくことと併せて覚えておきたい注意点が、火気や素材だ。アルコール除菌スプレーにはアルコールが含まれているため、火の気がある場所で使用すると引火する危険性がある。火の気のある場所での使用はもちろん、コンセント、スイッチなどに直接吹きつけるのも避けた方がいいだろう。また、ワックスを塗ったフローリング、ニスを塗った家具、革製品などへの使用も避けた方がいい。素材を傷めてしまう可能性がある。

3. アルコール除菌スプレーの選び方

アルコール除菌スプレーにはさまざまな種類があり、濃度もそれぞれだ。そこで、実際にアルコール除菌スプレーを選ぶ際のポイントをお伝えしていく。

アルコール除菌スプレーの選び方

アルコール除菌スプレーはキッチンや部屋、布製品などさまざまな場所やモノに使える。

例えばまな板、包丁、調理台など直接口に入るものと関わりがあり、雑菌が多いキッチンなら、植物由来エキスやエタノールなどで、アルコール濃度70〜80%な程度のスプレーがおすすめだ。

ベッドや衣類、ソファー、カーテンなど布製品に使う場合は、皮脂や汗、食べ物などによる臭いも軽減できる消臭効果または香りつきのアルコール除菌スプレーを選ぼう。

トイレの除菌にもアルコール除菌スプレーは最適だ。雑菌が繁殖しやすい環境なので、できるだけ長く効果が持続するタイプがおすすめ。泡で出るタイプなら、トイレの掃除もできて一石二鳥だ。

赤ちゃんやニオイに敏感なペットがいるご家庭の場合、アルコール除菌スプレーの中でも100%植物由来のものや、無香料のものを選ぶと安心だろう。

4. アルコール除菌スプレーの作り方

アルコール除菌スプレーは自分でも作れる。100均でアルコール対応のスプレーボトルを、ドラッグストアで精製水と無水エタノールを購入しておこう。

アルコール除菌スプレーの作り方

アルコール除菌スプレーの作り方は簡単だ。スプレーボトルに無水エタノールが70〜80%の濃度になるように精製水を混ぜていく。例えば無水エタノールを160ml入れるとすると、精製水は40mlとなる。あとはスプレーボトルの容量に合わせて増減させていこう。

アルコール除菌スプレーは濃度が高すぎても低すぎても十分な効果が得られない。70〜80%という濃度の範囲で作ることが大切だ。

5. おすすめアルコール除菌スプレー3選

最後に、おすすめのアルコール除菌スプレーを3選紹介する。なお、価格は税込で、2019年11月25日時点のものだ。最新価格はメーカーのホームページやショッピングサイトで確認してほしい。

フマキラー キッチン用アルコール除菌スプレー(LOHACO価格:408円)

天然成分から作られたアルコール除菌スプレー。キッチンはもちろん、赤ちゃんやペットがいるご家庭にいかがだろうか?さらに、抗菌効果が1カ月以上と長続きすることからトイレ掃除にも向いている。一本で家中除菌したい方におすすめ。

ファブリーズ W除菌(Amazon価格:521円)

布製品におすすめのアルコール除菌スプレーだ。消臭成分がパワーアップし、食べ物の臭いや体臭なども抑えてくれる。ソファーやマットといった洗えない布製品にもピッタリな一本だ。

ドーバー パストリーゼ77 500ml(公式サイト価格:1,058円)

77%と高濃度のアルコール除菌スプレー。酒造会社だからこそできる、醸造用アルコールと純水による高品質のアルコール除菌スプレーと言える。高い抗菌持続性から、一般家庭はもちろん休日前の店舗や工場などへの噴射も有効とされている。

結論

アルコール除菌スプレーは人体に優しく、さまざまな場所・モノに使える便利なアイテムだ。日々のちょっとした掃除に加えて除菌効果をプラスできるため積極的に取り入れたい。この記事を参考に、用途や目的に合ったアルコール除菌スプレーを選ぼう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ