このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
陰干しとは?陰干し指定の理由や日陰がないときの対処法まで徹底解説

陰干しとは?陰干し指定の理由や日陰がないときの対処法まで徹底解説

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2019年12月18日

陰干しとは具体的にどういった干し方なのだろうか?また洗濯表示で陰干しが指定されている理由とは何だろうか?この記事では、陰干しの基礎知識からやり方、注意点、陰干しできないときや臭いが気になるときの対処法まで徹底解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 陰干しとは?陰干しが指定されている理由も

陰干しとは?

陰干しとは文字通り日陰で干すこと。つまり直射日光を避けて干す方法だ。ただし、必ずしも外に干す必要はない。部屋干しでも、直射日光が当たらなければ陰干しと同じだ。逆に、室内であろうと直射日光が当たる場所なら、それは日干しになってしまう。

直射日光に当てる日干しは、紫外線による雑菌の増殖抑制や早乾といったメリットがある一方、繊維がダメージを受けたり、色あせしたりすることもある。ウールなど天然繊維なら、質が変わってしまうケースもある。

陰干しは、紫外線による雑菌の増殖抑制や速乾といった効果は十分得られないものの、繊維へのダメージが少なく、色あせなども抑えられるメリットがある。衣類の長持ちにも繋がる「優しい干し方」という訳だ。

陰干し指定の理由は?

以上のことから、洗濯表示で陰干しが指定されている衣類などは、日干しすると繊維がダメージを受けてしまうおそれがあるものだ。これが、陰干し指定の理由だ。

2. 陰干しした方がいい素材は洗濯表示で分かる

陰干しした方がいい素材は、洗濯表示で見分けることができる。洗濯表示とは、衣類などのタグに付いているマークだ。

陰干し指定の洗濯表示

正方形に縦線が1本あり、かつ左上に斜線が入っているマークは「日陰の吊り干し」を指定している。縦線が2本ある場合は「日陰のぬれ吊り干し」を意味する(ぬれ吊り干しとは、脱水や手絞りをしない状態のまま干すこと)。

一方、正方形に横線が1本、かつ左上に斜線があれば「日陰の平干し」の指定を意味する。平らなモノの上に洗濯物を置いて干すのを平干しといい、ハンガーに吊るすと傷むおそれがある衣類などに用いられるマークだ。横線が2本あれば「日陰のぬれ平干し」となる。

なお、上記は2016年12月1日から使われている新しい洗濯表示である。それ以前の衣類をお持ちの方は以下を参考にしてほしい。

旧・洗濯表示の陰干しマーク

旧洗濯表示はそこまで細かくない。長袖のTシャツの絵があり、右下に斜線が3本入っているマークなら「日陰の吊り干し」、Tシャツの中央に「平」と書かれているマークなら「日陰の平干し」となる。

洗濯表示がない場合

陰干しの洗濯表示は、記載が必須ではない。そのため、衣類によっては日干し、陰干しの指定すらされていないものもある。その場合の判断基準も覚えておこう。

色柄モノ

特に色が濃いモノは、直射日光によって薄くなったり色落ちしたりする。

ナイロン

紫外線が当たると生地が弱ったり変色したりしてしまう。

麻や毛、綿

直射日光に当たると、生地がダメージを受けてしまう。

紫外線が当たると、変色してしまう。

布団

羽毛布団や羊毛布団は高温にさらされると劣化してしまう。

3. 陰干しのやり方と注意点

具体的な陰干しのやり方を見ていこう。ちょっとしたコツがあるので、注意点と併せて覚えてほしい。

陰干しの基本的なやり方

直射日光に当たらない場所に干す訳だが、陰干し指定されている生地はもともとデリケートだ。したがって、陰干しする際も生地を裏返しておくのがポイントになってくる。

平干しが指定されている場合は、平干しネットに乗せるかピンチハンガーの上に乗せるなどして干そう。洗濯カゴにバスタオルを敷き、その上に乗せて乾かすやり方もある。

室内での陰干しのやり方と注意点

風通しがいい場所に干し、さらにサーキュレーターや扇風機などで風を送りながら乾かすのが効率のいいやり方だ。洗濯物が複数ある場合は隙間をあけておくことも忘れないようにしたい。時間の経過によって直射日光が入り込む場所でないかどうかは注意して確認しておこう。また、室内での陰干しは乾くまで時間がかかることが多い。生乾きのまま取り込むと臭いの原因になるため、しっかり乾いているか、取り込む前に確認しよう。

屋外での陰干しのやり方と注意点

同じく風通しがいい場所で干すのだが、軒下や屋根がある場所など、必ず直射日光が当たらない場所であることが大切。太陽の角度などで直射日光が当たらないかも、事前に注意深く観察しておこう。

屋外で陰干しする時間帯

日照時間は季節によって変わるため、陰干しも時間帯を変えるのが望ましい。例えば春から夏にかけての時期は朝から10時前後までと、17時から20時前後まで。秋から冬にかけては朝から11時前後までと、16時から夜の間といったやり方がおすすめだ。

4. 日陰がなく陰干しできないときの対処法

ベランダや日当たりがいい室内など、日陰がない場所でも陰干しできるやり方を解説する。

自分で日陰を作る

陰干し指定の洗濯物を物干し竿などに吊るしたら、その上をバスタオルなどでテントのように覆い、日陰を作ってしまうやり方がある。風通しが気になる場合はタオルではなく不織布でもいい。

浴室乾燥

浴室に窓がなければ、浴室に干すやり方もおすすめだ。換気扇を回しながら、サーキュレーターや扇風機などで風を送りながら乾かそう。浴室乾燥機があれば併用するのもいい。

5. 陰干しによる生乾きの臭いが心配なときの対処法

陰干しすること自体が、生乾きの臭いがする干し方という訳ではない。だが、風通しがいい場所に干すとはいえ、日干しと違って乾くまでに時間がかかることが多い。そのため、雑菌が繁殖しやすい干し方でもある。生乾きのイヤな臭いが心配になら、次のような方法で対処しよう。

風を送って早く乾かす

衣類乾燥除湿機、サーキュレーター、扇風機などがあれば積極的に活用し、できるだけ早く乾かすことで雑菌の増殖を抑えよう。

抗菌作用がある洗剤を使う

抗菌作用がある洗濯洗剤を使って洗濯するのも臭い対策のひとつだ。特に部屋干し用の洗濯洗剤は、部屋干ししている間も抗菌作用が続くものが多い。

柔軟剤を使う

柔軟剤には防臭効果・消臭効果もある。洗濯洗剤と併せて使うことで、生乾きのイヤな臭いを抑える効果が期待できる。

浴室乾燥機にかけてから干す

陰干しできる浴室で、浴室乾燥機が搭載されているなら、先に乾燥機をかけてある程度乾かしてから陰干しするやり方もある。浴室乾燥機がない場合はアイロンを当ててもいいが、アイロンがOKの素材かどうかは事前にチェックしておこう。

6. 陰干しに便利なアイテム3選

最後に、陰干しに便利なアイテムを紹介する。なお、価格は2019年11月25日時点のものだ。最新情報は公式サイトやショッピングサイトなどで確認してほしい。

富士商「折りたたみ式 ドアスペースハンガー」(公式サイト価格:税別2,500円)

ドアの上部に引っかけるだけであっという間に簡易的なハンガーが完成する。陰干し以外にコートなど物掛けとしても活用できる。折りたたみ式でコンパクトなので場所も取らない。ドア付近のデッドスペースを活かせるアイテムだ。

友安製作所「SUN SHADE ULTRA+SS」(公式サイト価格:税別5,370円〜)

ベランダやテラスの直射日光を遮ってくれる、UVカット率最大100%のサンシェードだ。日陰を作れるうえ、紫外線までカットしてくれる。家庭用洗濯機での洗濯がOKなのも嬉しい。既製サイズのほか、オーダーメイドでベランダに合ったシェードも作れる。

エカンズ「室内物干し X型レギュラータイプ」(Amazon価格:税込2,980円)

一般的な部屋干し用の物干しだ。シャツ類なら20〜40枚、バスタオルなら4枚、フェイスタオルなら8枚など干せる量が多いのが特徴。そのうえ、折りたためば7.5cmという薄型設計で場所も取らない。梅雨時などにも重宝しそうなアイテムだ。

結論

陰干しが指定されている理由とやり方、注意点、そして日陰がない場合や臭いが気になる場合の対処法など、陰干しについて徹底解説してきた。コツは「早く乾かす」ことと「しっかり乾いてから取り込む」ことだ。陰干し指定の衣類があれば、ぜひ実践してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >