このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗面所の臭いの元を断つ!原因や対処法、臭い対策に便利なアイテムも

洗面所の臭いの元を断つ!原因や対処法、臭い対策に便利なアイテムも

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2019年12月23日

洗面所のイヤな臭いは気が滅入る。なんとかして元を断ちたいが、それにはまず原因をはっきりさせることが必要だ。洗面所の臭いの原因と臭いの元を断つ方法、日頃からできる臭い対策に便利なアイテムを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗面所の臭いの元は?新築でも臭いがするのはなぜ?

洗面所でイヤな臭いを発する場所は「洗面台(排水口)」「洗面台下の収納」「それ以外」に大別できる。それぞれ、考えうる原因を見ていこう。

洗面台(排水口)

ボウルには洗顔や手洗い、歯磨き、ひげ剃りなどの際に汚れが付く。そのままにしていると雑菌が繁殖して臭いの元になることがある。

排水口から臭いがする場合、ゴミ受けが汚れているか、排水トラップの水不足が考えられる。排水管はS字に曲がっており、水が溜まっている。下水の臭いが上がってこないようにするためだ。何らかの原因で排水トラップの水が不足すると、下水の臭いが上がってくることがある。

洗面台下の収納

洗面所の収納から臭いがするときは、排水管の劣化などが考えられる。排水管にヒビなどが入っていないか確認してみよう。また、排水管の根元部分は本来隙間がない造りになっているか、防臭ゴムを施して臭い対策がなされているはずだ。この場合、防臭ゴムの劣化が臭いの原因と考えられる。

それ以外

浴室と一体型の洗面所ならバスマット、タオル、ゴミなどが臭いの原因かもしれない。また、洗濯機置き場と近ければ洗濯機側の排水トラップの水不足などが考えられる。とにかく臭いをたどり、場所を特定することが大切だ。

新築でも臭いがするのは?

新築のはずなのに下水臭い、ということはある。考えられるのは排水トラップの水不足だ。長い間、排水口に水が流れずにいると、少しずつ排水トラップの水が蒸発するため、下水の臭いが上がってきてしまう。水を流せば解消されるはずだが、それでも臭いがするときは排水管にトラブルが生じている可能性がある。

2. 洗面所が臭いときの対処法

洗面台(排水口)

洗面所の排水口からの臭いに対しては、まず水を流してみよう。排水トラップが原因ならこれで解消する。ボウルがひどく汚れているときは、次の方法でキレイにできる。

用意するモノ

  • 重曹とクエン酸(粉末)
  • 空のスプレーボトル
  • 乾いた雑巾とスポンジ
  • ラップ

やり方

肌が弱い方は念のためゴム手袋を着用してほしい。まずスプレーボトルに水200mlに対して小さじ1杯の割合でクエン酸を溶かす。それを洗面所のボウル全体に吹きつけてラップで覆い、3分ほどおいておく。それでも落ちていない黒ずみなどに重曹をまぶし、スポンジで軽くこすりながら落としていこう。水を流し、最後に乾いた雑巾で拭き上げれば完了だ。

洗面台下の収納

防臭ゴムの交換

収納が臭いときの対処法だ。洗面所の排水管に使われている防臭ゴムは、通販やホームセンターなどで手に入る。排水管の根元にある排水プレートを外し、防臭ゴムを取り付けたら排水プレートを戻す、という単純な作業だ。ただし、太さなど種類があるため、説明書を読んだりメーカーに問い合わせたりして調べておこう。

パテ埋め/補修テープ

洗面所の排水管に防臭ゴムが付いておらず、根元部分に隙間があるときはパテ埋めしてみよう。隙間周辺をキレイにし、パテを手で加工しながら隙間をしっかり埋めていく。あるいは多用途の補修テープを使って隙間を埋めてもいい。その場合も先に隙間周辺をキレイにしておこう。

それ以外

バスマットやタオルを洗濯する、洗濯機の排水口の汚れを取り除くなどし、臭いの元を断とう。洗濯機の排水口は、重曹とクエン酸をふりかけて水を少量流し、発泡させるとキレイに落とせるだろう。

3. それでも取れない洗面所の臭いは業者に相談

洗面所の臭いの原因がまるで分からない、考えられる対策を施したがそれでも洗面所が臭い、一時的に解消したがすぐに臭いが発生してしまうなど、どうしようもないときは業者に相談しよう。排水管の劣化などにも対応してくれるはずだ。なお、洗面所のクリーニング料金は業者によって異なるため、事前に症状を伝えて見積もりを出してもらうことをおすすめする。

4. 洗面所の臭い対策と便利なアイテム

洗面所の臭いを防ぐためには、日頃からキレイにしておくことが大切だ。洗面所は使う頻度が高い場所なので、まとまった掃除は大変だろう。歯磨きついでにボウルを掃除するなど、使うたびに少しずつ掃除していくと習慣化できて一石二鳥だ。

取り急いで洗面所の臭い対策をしたいなら消臭剤や芳香剤を置く方法もある。だが、臭いの元を断っていないため、いずれ掃除は必要になる。排水管の汚れをとるには、パイプクリーナーがおすすめだ。

アース製薬「らくハピ マッハ泡バブルーン 洗面台の排水管」(Amazon価格:633円)

洗面所の排水口にフィットするノズルで、泡が一気に排水管の汚れを押し流してくれる。

小林製薬「サニボン パイプ泡パワー PUSH」(Amazon価格:379円)

同じく泡だがこちらは留まるタイプ。洗面所の排水管に溜まった髪の毛などもしっかり溶かしてくれる。

小林製薬「香るかんたん洗浄丸」(Amazon価格:280円)

錠剤のパイプクリーナー。洗面所の排水口に投げ入れ、30分後に水で洗い流すだけなので手軽だ。

ジョンソン「パイプユニッシュ PRO」(Amazon価格:650円)

洗面所の排水管に溜まった髪の毛やヘドロを強力に溶かす液体パイプクリーナー。除菌・消臭効果がある。

結論

洗面所はみんなが使うため常に清潔にしておくことは難しいかもしれない。だが、日々のちょっとしたひと手間で臭いを防ぐことはできるはずだ。洗面所の排水管が劣化したことによる臭いは、DIYではなく業者に相談しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >