このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
布団のサイズの基礎知識!敷布団や座布団、コタツ布団のサイズまとめ

布団のサイズの基礎知識!敷布団や座布団、コタツ布団のサイズまとめ

投稿者:渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月10日

布団のサイズの見方を知っておくと、いざというときに困らない。ここでは敷布団・掛布団のサイズの見方や測り方をメインに、座布団、コタツ布団のサイズも解説していく。カバーを買い替える際や、布団を新調する際の参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 布団のサイズを確認する方法と測り方

布団のカバーを買い替える際など、サイズが分からず困ったことはないだろうか?一般的な布団なら、洗濯表示などが描かれている「品質表示タグ」を見ると分かる。迷ったときは、まず品質表示タグを探してみよう。

タグがない、薄くなっていて見えない、サイズが載っていないといった場合は、次の方法で測ることができる。

掛け布団・座布団・コタツ布団の測り方

布団を広げ、中心部で交差するようにヒモを縦・横それぞれ一周させる。一周分の長さのヒモを半分に折ると、縦・横それぞれのサイズが算出できる。掛け布団などは厚みがあるため、それを考慮したサイズの測り方だ。なお、円形のコタツ布団は縦・横ではなく、円の直径を測るように一本のヒモを一周させるだけでいい。また、厚みがない座布団は、一周させずに幅と丈を測ってもいいだろう。

敷布団の測り方

敷布団はそのまま丈と幅、高さを測ればサイズが出せる。高さは、最大値に合わせた方が失敗を減らせるので、もっともヘタリが少ない(高くなっている)部分を測るのがコツだ。

2. 敷布団・掛け布団のサイズ

メーカーや商品ごとに多少の誤差があるかもしれないが、ここでは子供サイズの布団からキングサイズの布団まで、一般的な布団の幅×丈を紹介する。一見複雑そうだが、幅はおおよそ20cm刻み、丈はほぼ変わらないのでサイズは意外と覚えやすい。

子供

敷布団90cm×185cm/掛け布団135cm×185cm

シングル

敷布団100cm×210cm/掛け布団150cm×210cm

セミダブル

敷布団120cm×210cm/掛け布団170〜175cm×210cm

ダブル

敷布団140cm×210cm/掛け布団190cm×210cm

クイーン

敷布団160cm×210cm/掛け布団210cm×210cm

キング

敷布団180cm×210cm/掛け布団230cm×210cm

3. 座布団のサイズ

座布団のサイズにはさまざまな規格があり、それぞれ微妙に異なる。ここでは代表的な座布団の幅×丈を小さい順に紹介する。

木綿判(もめんばん)

51cm×55cm

銘仙判(めいせんばん)

55cm×59cm

八端判(はったんばん)

59cm×63cm

緞子判(どんすばん)

63cm×68cm

夫婦判(めおとばん)

67cm×72cm

一般的なサイズは銘仙判

座布団はサイズが豊富だが、このうちインテリアショップでも取り扱いのある一般的なサイズは「銘仙判」だ。銘仙判を選んでおけば、カバーの買い替えで迷うことも少ないだろう。

4. コタツ布団のサイズ

最後にコタツ布団のサイズを見ていこう。コタツには正方形、長方形、円形があり、メーカーによって若干、サイズが違うことがあるため一般的な例を紹介する。以下は「コタツのサイズ:それに適した布団の幅×丈」と考えてほしい。

正方形

〜80cm:185cm×185cmから205cm×205cm
81〜90cm:190cm×190cmから210cm×210cm

長方形

幅90〜105cm:185cm×230cmから205cm×245cm
幅106〜120cm:185cm×230cmから210cm×260cm
幅121〜135cm:200cm×245cmから210cm×290cm
幅136〜150cm:200cm×280cmから210cm×290cm
幅151〜180cm:205cm×315cm
幅181〜210cm:205cm×345cm

円形

90cm:200cm×200cmから215cm×215cm
105〜110cm:215cm×215cmから220cm×220cm

コタツ布団が分からなければメーカーに

上記は一般的なサイズだが、ご覧のようにコタツ布団は分かりにくい。そのうえ省スペースのコタツなども登場しており、座布団以上に種類が豊富だ。品質表示タグを見てサイズが分からないときは、コタツのメーカーに適したサイズを確認したほうが早いだろう。コタツ布団のカバーのみを交換するなら布団メーカーに確認しよう。

結論

布団のサイズの見方、測り方から、さまざまな布団のサイズを紹介してきた。せっかくカバーを買い替えたのにサイズが合わない、新調したのに小さすぎた、ということがないように、寸法はしっかり採っておきたい。参考になれば幸いだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >