このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
電子レンジで卵が爆発したら?掃除の手順を解説!

電子レンジで卵が爆発したら?掃除の手順を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月10日

電子レンジで何気なく卵を加熱し、爆発して驚いた経験はないだろうか。電子レンジで卵を加熱すると、卵の殻や膜によって熱の逃げ場がなくなり破裂する危険性があるので気をつけたい。破裂した電子レンジ内を見ると飛び散った卵があちこちに付着し、掃除に手間がかかりそうと感じるが、用意するものや手順さえおさえればそれほど難しくはない。今回は、卵が爆発したときの電子レンジ掃除術を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 電子レンジで卵が爆発した際に用意するものとは

破裂した卵を掃除するには、まず用意するものをあらかじめ準備しよう。用意するものは全部で3つだ。
  • アルカリ電解水
  • 耐熱容器
  • キッチンペーパー
卵の主成分であるタンパク質を分解するには、アルカリ性であるアルカリ電解水が効果的である。強力なアルカリ成分がこびりついた卵を剥がし、さらに除菌・消臭まで行ってくれるのだ。また油汚れなどにも有効なので、卵のついでに電子レンジの汚れを丸々キレイにできるだろう。

アルカリ電解水は、水を電気分解してアルカリ性にした洗剤だ。人や環境にも優しく、食品を扱う電子レンジにも最適な洗剤である。界面活性剤なども一切含まない安全性の高さから、子どもがいる家庭でも安心して使用できるだろう。アルカリ電解水は100均でも入手できるので、事前に用意するものを揃えておいてほしい。

2. 爆発した卵をキレイにする電子レンジ掃除の手順

用意するものが整ったら、手順通りにすすめて卵をスッキリ除去しよう。
  • 電子レンジ内に付着した殻や卵をキッチンペーパーで取り除く。
  • 耐熱容器に折り畳んだキッチンペーパーを4枚ほど入れ、アルカリ電解水を染み込ませる。
  • ラップをかけず、電子レンジで3分ほど加熱する。
  • 加熱後、キッチンペーパーで庫内の汚れを拭き取る。
まず始めに、庫内に飛び散っている卵をできるだけ取り除いておこう。ある程度固形の卵がなくなったら、アルカリ電解水の出番となる。アルカリ電解水を加熱することで、庫内にまんべんなく成分が行き渡るのだ。さらに熱の力で汚れをふやかし、拭き取りやすくしてくれる。

手順に沿って掃除すれば、ほとんどの卵がキレイに落とせるだろう。また、アルカリ電解水が持つ消臭効果により、しみついた悪臭も取り除いてくれるのだ。キッチンペーパーを4枚使い切った場合は、新たなキッチンペーパーにアルカリ電解水をしみ込ませ使用してほしい。アルカリ電解水は二度拭きの必要もないので、掃除の時間短縮にも繋がるだろう。

アルカリ電解水は電子レンジの内側だけではなく、外側の拭き掃除にも活躍する。布などに吹きかけレンジ裏のホコリや汚れを拭き取るだけで、新品同様の電子レンジに生まれ変わるのだ。ただし、掃除する際は直接吹きかけることはせず、必ず布にしみ込ませてから使用しよう。直接吹きかけると内部に侵入する可能性があり、故障の原因にもなりかねない。卵が爆発した際は正しい手順を守り、内側、外側ともにピカピカに仕上げよう。

3. 電子レンジで爆発した卵を掃除する際の注意点

卵が爆発した電子レンジを掃除する際は、注意点がある。最も気を付けたい注意点は、電子レンジ内に卵を残さないということだ。電子レンジに散乱した卵を取り除くのはよいが、完全に汚れをキレイにしなければ、熱効率が下がることも考えられる。電子レンジは電磁波を当て食品を温めるが、汚れが残っているとその部分にも電磁波が分散し、熱効率が下がってしまうのだ。

電子レンジ内に付着した卵は、側面だけではなく天面や扉裏、さらに回転皿がある場合はその下までキレイに拭き取ろう。卵が残ってしまうと、汚れや悪臭の原因ともなり得るのだ。散乱した卵は完全に取り除き、頑固な汚れにならないよう注意点を順守してほしい。

結論

電子レンジで卵を加熱すると、爆発する危険性があることを知っておこう。爆発を防ぐには、あらかじめ黄身の膜に穴をあけておくなどの処理が必要なのだ。万が一電子レンジで卵が爆発した場合は、タンパク質除去に優れているアルカリ電解水を使用しよう。電子レンジで加熱するだけの簡単な手順にくわえ、用意するものも3つだけと非常に掃除しやすい。ただし、熱効率の低下や頑固な汚れを防ぐためにも、掃除する際は庫内に汚れを残さないよう注意が必要だ。焦りがちな卵の爆発だが、手順通りに掃除すれば時間をかけずキレイに掃除できるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >