このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スーツハンガーとは?キレイに保つコツとおすすめ3選を紹介

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年1月12日

スーツハンガーを活用しているだろうか?ハンガーひとつのちょっとした気遣いで、スーツの型くずれなどを防げることがある。今回はスーツハンガーの基礎知識とともに、上手な使い方や選び方のコツ、持ち運びOKのハンガーなどを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スーツハンガーとは?普通のハンガーとどう違う?

スーツ専用のハンガー

スーツハンガーとは、文字通りスーツを掛けるためのハンガーだ。ジャケットやコートのハンガーとして使えるものもあり、ズボンを掛けるバーやクリップが付いている商品もある。

スーツハンガーは、一般的なハンガーと比べて肩の先が厚く丸みを帯びており、やや内側に湾曲しているといった特徴がある。

型くずれから守る

スーツをハンガーに掛けてクローゼットなどに保管していた方で、いざ着用しようと思ったら型くずれしていた、という経験はないだろうか?多くの場合、原因はハンガーの形にある。一般的なハンガーでは、スーツをキレイに保つのが難しくどうしても型くずれしてしまう。

そんなときこそ、スーツハンガーの出番という訳だ。持っているスーツにピッタリ合う形のハンガーに掛けておけば、型くずれを防げる。これがスーツハンガーを使う最大のメリットである。

2. スーツをキレイに保つ!ハンガーの上手な選び方とは

ハンガー選びの重要性

スーツを美しく保てるかどうかは、ハンガー選びにかかっているといっても過言ではない。まさに「ハンガーとスーツのフィット感」が大切になってくる。

たとえば、針金など薄い(細い)ハンガーにスーツを掛けてしまうと、襟が崩れたりシワが付いたりする。ハンガーが短ければ肩が前に出るし、大きすぎれば袖が出る。湾曲していない直線のハンガーに掛ければ、肩の後ろ部分が出てしまう。

スーツの、とくに肩部分はヒトの体にフィットしやすい形状になっている。ここがほかの衣類と違うところであり、ハンガー選びの難しさにもつながっていく。

選ぶ際のポイント

  • 肩幅に合うものを選ぶ
  • ズボンは専用のハンガーを選ぶ
  • 素材の特徴で選ぶ
少なくとも、この3点を押さえてハンガーを選んでいこう。

肩幅に合うもの

とくに重要な項目だ。まず、スーツの後ろ身頃の肩先(縫い目から縫い目まで)を左右直線で結んだ長さを測ろう。そこから2〜4cm引いた幅が、ハンガーの肩幅の目安になる。肩先の厚みは4cm以上のものがおすすめだ。

ズボン専用ハンガー

ズボンははきジワを解消するため、挟んで吊るすタイプを選ぼう。腰部分が下にくるように吊るしておけば、自重で軽度なシワが伸びることもある。

素材の特徴

木製の中でもブナの木は、頑丈で型くずれもほとんどなく、とくにスーツハンガーに適している素材だ。プラスチック製は軽量ながら頑丈で、湿気など水分にも強い。また、出張が多い方はガーメントバッグを使いこなしていると思うが、ぜひフック部分が回転して収納できるハンガーを備えておこう。肩幅も、スーツにピッタリ合うものを選べればベストだ。

3. おすすめのスーツハンガー3選

最後に「木製」「プラスチック製」「ズボン用」に分けて、おすすめのスーツハンガーを紹介する。

ナカタハンガー「AUT-05 メンズスーツハンガー」

スタンダードなモデルだが、同ブランドの中でもとくに人気となっているスーツハンガーだ。人間工学に基づいてデザインされており、ジャケットやコート用としても使える。

シンコハンガー「F-Fit ジャケット回転式52」

プラスチック製のスーツハンガーだ。52は肩幅約520mmを表す。ほかにも47、42といったサイズがある。ラバー加工のバーが付いていて、ズボンが掛けられるのも嬉しい。

ナカタハンガー「AUT-07G ズボン吊りハンガー」

ズボン専用の吊りハンガー。丸みを帯びたデザインや、フックを倒すとバーが開くといった仕掛けも特徴的だ。アパレルショップやホテルなどでも使われている人気商品。

結論

スーツの型くずれを防ぎ、美しいラインをキープするためにも、ぜひスーツハンガーを活用したい。とくに肩幅のサイズや形状が大切になってくるので、購入する際はきちんと測っておこう。店舗でスタッフに直接測ってもらえば、より失敗を防げるはずだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ