このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
服のしわをアイロンなしで取る方法!しわを防ぐ洗濯や保管のコツも解説

服のしわをアイロンなしで取る方法!しわを防ぐ洗濯や保管のコツも解説

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年12月22日

服のしわは意外と簡単に取れるのをご存知だろうか?本稿では、アイロンを使わずに簡単に服のしわを取る方法を紹介するとともに、しわ取りに便利なアイテムも紹介する。またしわを防ぐための洗濯や保管のコツ、しわになりやすい素材やしわの原因など基本的なところも解説しているので、ぜひ参考にしていただきたい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. しわになりやすい服の素材とは?

そもそも、しわになりやすい服の素材とはどういうものだろうか?把握できていれば対策にもつながるはずだ。まずは基本的なところから覚えていこう。

しわになりやすい素材

しわになりやすい素材といえば天然繊維の綿や麻だ。化学繊維ならレーヨンも挙げられるが、とくに綿や麻が含まれているレーヨン素材の服ほどしわになりやすい。

しわの原因

こうした素材は、水に濡れると繊維が縮んでしまう性質がある。縮んだ繊維を伸ばさずに干したことなどが原因で、服がしわになってしまうという訳だ。洗濯が終わったらすぐに服を取り出し、しわを伸ばしてから干すことで軽減できるが、うっかり忘れてしまうと頑固なしわになって取れないことも多い。

しわになりにくい素材とは?

せっかくなので、しわになりにくい服の素材も覚えておこう。多くは化学繊維・合意繊維で作られた服だ。たとえばポリエステルやポリウレタン、ナイロンといった素材が挙げられる。また天然素材でもウールはしわになりにくい。こうした素材の服を選ぶのもひとつの手だ。

2. 軽い服のしわをアイロンなしで取る方法

それでは、アイロンを使わずに服のしわを簡単に取る方法を紹介していこう。まずは、軽度のしわだった場合の取り方からだ。

霧吹きで湿らせる

服のしわが気になる部分に霧吹きをして湿らせ、手でしわを伸ばしながらパンパンたたいていく。軽いしわなら、そのあとに干せばすっかり取れているはずだ。

湿らせてドライヤーをあてる

時間がないときはドライヤーを使おう。霧吹きで服のしわに水をかけて湿らせ、ドライヤーをあてて乾かすだけでよい。部分的な軽いしわならこちらがおすすめだ。

スチームをあてる

加湿器をお持ちなら、服をハンガーに掛けてその下からスチームをあてるといった方法がある。十分に湿ったら、手でしわを伸ばそう。

3. 頑固な服のしわをアイロンなしで取る方法

上述の方法で取れない頑固なしわだったときは、次のような方法を試してみよう。

蒸気を満たした浴室に掛ける

全体を一気に湿らせる方法もある。浴槽にお湯を溜めて浴室を蒸気で満たし、ハンガーに掛けた服をランドリーバーに吊るしたらしばらく放置する。十分に湿ったのを確認したら手で引っ張ってしわを伸ばそう。換気扇はオフにして、窓や扉はきちんと閉めておこう。

湿らせてから乾燥機にかける

服を湿らせ、乾燥機に入れて回す方法もある。浴室で湿らせてから乾燥機に入れるのでもよいだろう。ただし乾燥が終わったらすぐに取り出してしわを伸ばすことが重要なのでうっかり放置しないように気をつけよう。そこまでできたら、あとは乾くまでハンガーに掛けておけばOKだ。

4. 服のしわ取りにおすすめのアイテム3選

ご家庭にあるいろいろなモノでもしわ取りは可能だが、専用のアイテムを使うという手もある。ひとつ持っていると便利な、おすすめ商品を3つ紹介しよう。

ライオン「お洋服のスタイルガード」

しわにスプレーしたら軽く引っ張り、あとは乾くのを待つだけという便利なアイテムだ。独自開発された技術により、頑固なしわも取れるという。

アイメディア「クリーニング屋さんの衣類のシワ伸ばしスプレー」

クリーニング店でも使われているというしわ伸ばしスプレー。綿やウール、麻など天然素材のほか合成繊維にも使える。抗菌・消臭作用もあってまさに一石三鳥だ。

T-fal「アクセススチーム プラス」

パワフルな衣類スチーマー。値は張るが、服のしわだけでなくダニ退治や脱臭、花粉対策や除菌効果なども得られる。一台あると重宝するだろう。

しわ取りスプレーを選ぶときのポイント

シュッとひと吹きするだけでしわが伸ばせる便利なスプレーは多いが、選ぶときにいくつかポイントがあるので覚えておこう。たとえば、シリコン入りのスプレーならしわの再発が起こりにくい。また、静電気防止や消臭といった、しわ取り以外の効果についてもチェックしておくことをおすすめする。なお携帯が前提ならコンパクトサイズを選ぼう。そのほか、しわを取りたい服の素材に対応しているかも確認しておくと安心だ。

5. 服のしわを防ぐ洗濯のコツ

しわができにくくなる服の洗濯方法と、保管方法を紹介する。まずは洗濯のコツから解説しよう。そもそも服がしわにならなければ、手間もストレスも減らせるはずだ。簡単なので今日から実践してみよう。

脱水を短時間にする

脱水時間を1〜2分など短めにしてみよう。これを意識するだけで、服のしわを防ぐまたは軽減できる確率が大幅にアップする。水分を多く含んだ状態なので手でしわを伸ばしやすいうえ、ハンガーに掛けたときに自重で伸びてくれるなど利点が多い。ただし湿度が高いなど乾きにくい時期は、濡れている時間が長くなると雑菌が繁殖するおそれがある。気候も考慮しながら行うとベストだ。

脱水が終わったら速やかに取り出す

脱水が終わった洗濯物を洗濯槽に入れっぱなしにすると、頑固なしわが残ってしまうおそれがある。色移りや雑菌の繁殖といったリスクも生じるため、脱水が終わったらすぐに服を取り出し、軽く振って大きなしわを伸ばそう。

ハンガーに掛ける際にしわを伸ばす

干す前に、軽く折りたたんでパンパンとたたき、小さなしわも伸ばしてから干すとよい。とくにTシャツなどはこの方法でしわを防げる確率が高くなる。また洗濯ネットに入れて洗濯する方法も、しわの軽減になるので試してみてほしい。

6. 服のしわを防ぐ保管のコツ

最後は、保管の際にしわができにくくなるコツだ。同じく簡単なので、ぜひ今日から実践してみてほしい。

しわを防ぐ保管方法

  • ハンガーに掛け、トップスとボトムスを交互に収納する
  • 衣装ケースなどに保管する場合は長方形に折りたたんで縦に収納する
服のしわを伸ばして干したあと、そのままクローゼットなどに収納するのであれば、トップスとボトムスを交互に掛けよう。またスペースが限られており、衣装ケースやタンスの引き出しなどに収納する場合は、服を寝かせるのではなく縦にして収納することで、しわが減らせるはずだ。

結論

服のしわは、アイロンを使わなくても簡単に取ることができる。アイロンをお持ちでない、使うのが面倒というときは、ぜひ紹介した方法を試してみてほしい。なお浴室で蒸気を使って服のしわを取るなら、寝る前に吊るしておくと翌朝しわが取れているので効率的かもしれない。
  • 公開日:

    2020年1月 8日

  • 更新日:

    2020年12月22日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ