このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

蛍光増白剤のよくある疑問を解消!正しい知識を身につけて賢く使おう

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年1月 1日

蛍光増白剤をご存知だろうか?洗剤のパッケージなどに書かれている成分だ。今回は、蛍光増白剤の基礎知識を身につけてもらいつつ、色落ちするのか?赤ちゃんがいても使えるのか?見分け方は?といった疑問にもお答えしていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 蛍光増白剤とは?効果や漂白剤との違いも

蛍光増白剤とは染料のひとつで、紫外線を吸収して「蛍光=青い光」を発する物質をいう。蛍光は白い衣類などの黄色みを打ち消してくれるため、より白さが目立つようになる。

漂白剤と似ているが、漂白剤は「色を無色にする」もの。一方の蛍光増白剤は「黄色みを押さえて白さを際立たせる」ものという違いがある。

蛍光増白剤のメリット・デメリット

蛍光増白剤のメリットは衣類が真っ白に仕上がる点だ。洗濯を繰り返すうちに白いTシャツなどが黄ばんで見えるようになるのは、蛍光増白剤が落ちてきたため。蛍光増白剤の入った洗濯洗剤でいつも通りに洗うだけで、衣類が白さを取り戻してくれる。漂白剤のように衣類にダメージを与えることもない。

一方、蛍光増白剤自体には汚れを落とす力はないため、それだけでは洗濯できない。また、生成り色(きなり=染色してない素材そのままの色)や色柄ものに使うと色合いが変化してしまうため、避けた方がいいだろう。肌が弱い方がアレルギーを起こすこともあるので覚えておきたい。

2. 蛍光増白剤を使うと色落ちする?

蛍光増白剤が向いている衣類

白をより白く輝かせる蛍光増白剤は、白いTシャツやワイシャツ、タオルなどが最適だ。古くなって黄ばみだした衣類でも、蛍光増白剤である程度白さを取り戻せるはずだ。

蛍光増白剤の使用が向かない衣類

蛍光増白剤は染料だ。そのため「色落ち」というよりも「色を染めてしまう」感覚に近い。色柄ものに使うと色合いが変化してしまうため注意したい。具体的には、天然の色味を大切にしたい綿、レーヨン、麻といった衣類および、黒、紺といった濃い色の衣類への使用は避けた方がいい。

3. 赤ちゃんがいる家庭で蛍光増白剤を使ってはいけない?

蛍光増白剤の有害性についてしばしば話題になるが、日本石鹸洗剤工業会のリスク評価によれば、蛍光増白剤による人体や環境への害ないと言われている(※1、※2)。そのため、洗剤などに含まれている蛍光増白剤に関して、過度に危惧する必要はないだろう。

ただ、前述したように肌が弱い方はアレルギーを起こすリスクも完全には否定できない。また赤ちゃんや小さな子どもは肌が敏感なので、直接肌に触れる衣類には使用しないほうがいいだろう。

4. 蛍光増白剤入り洗剤とフリー洗剤の見分け方

蛍光増白剤入りかどうかは、パッケージの成分表示欄を見て確認しよう。「蛍光増白剤」または「蛍光剤」と書かれていれば蛍光増白剤が含まれている。一方、フリー(無配合)の場合は何も書かれていないか、蛍光増白剤を配合していない旨の記述があるはずだ。

最後に、市販されている蛍光増白剤入り・フリーそれぞれの商品をいくつか紹介する。なお、掲載価格は2019年12月6日の調査時点のもので、すべて税込みだ。最新価格についてはメーカーのホームページやショッピングサイトなどでチェックしてほしい。

蛍光増白剤の洗剤

東邦「ウタマロ 洗濯石けん」(Amazon価格:96円)

頑固な汚れをキレイに落とす、東邦の超ロングセラー商品にも蛍光増白剤が使われている。

ライオン「部屋干しトップ 除菌EX」(Amazon価格:288円)

生乾きのイヤな臭いを防ぐ除菌・消臭成分入り。成分欄に蛍光増白剤の記載がある。

蛍光増白剤フリーの洗剤

花王「アタックZERO」(Amazon価格:548円)

高い洗浄力が人気の商品だ。パッケージに蛍光増白剤を使用していない旨の表記がある。

花王「フレグランス ニュービース」(Amazon価格:1,100円)

天然由来の柔軟剤入り粉末洗剤だ。蛍光増白剤を使用していないと記載されている。

結論

蛍光増白剤の基礎知識とよくある疑問についてお伝えしてきた。蛍光増白剤が向いている素材、向かない素材を正しく理解して効率よく使っていこう。人体への害はないと言われているが、肌が弱い方や敏感な方がいる家庭では肌に触れるものには使わないなど工夫しよう。

参考文献

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ