このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ポットの洗浄はクエン酸と重曹で簡単に!洗浄剤不要のやり方を紹介

ポットの洗浄はクエン酸と重曹で簡単に!洗浄剤不要のやり方を紹介

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年1月 3日

ポットは洗浄しているだろうか?中には水垢、外にも手垢などの汚れが付着していることが多いので、定期的な洗浄が望ましい。クエン酸や重曹を使った洗浄方法を紹介するので覚えておこう。なお、本記事中のポットとは加熱機能のある電気ポットを指している。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポットは洗浄したほうがいい?

ポットで沸かしたお湯は、お茶などを作って直接口に入れることがほとんどだろう。定期的に洗浄して、キレイなお湯を口にしたいところだ。

ポットの汚れの正体

ポットの中の水垢は、水道水に含まれるカルシウムといったミネラルが固形化したもの。水垢そのものは人体に害を与えるものではないが、水垢がたまると雑菌が繁殖し、イヤな臭いのもとになることもある。ポンプに詰まることも考えられるため、洗浄しておくと安心だろう。

また、水道水には不純物も含まれている。ポットの中に茶色っぽい汚れを見かけたら、それらが固まったものである可能性が高い。水垢と一緒に洗浄して落としておこう。

2. ポットの中の洗浄はクエン酸で簡単にできる

ポットの中の洗浄はクエン酸さえあれば簡単にできる。ただ、その前にクエン酸に関する詳細や注意点といった知識も身につけておこう。

クエン酸がおすすめの理由

柑橘類などに含まれる酸味成分のこと。「酸」という字から分かるように酸性の性質を持つ。水垢はアルカリ性のため、クエン酸を使うことでうまく中和され、落ちやすくなるという訳だ。そのうえ、クエン酸は自然に由来する成分であり、安心して使える点もおすすめの理由だ。

ポットの中を洗浄する際の注意点

ポットの中を洗浄する前に、念のため説明書を読んでお手入れに関する注意事項がないか、確認してほしい。指定の洗浄方法があれば、それに従ったほうが故障などのリスクを防げる。

洗浄後に水を切る際など、ポットならプラグ挿し込み口、電気ケトルなら電源ベースとの接続部が水濡れしたり水が侵入したりしないよう、十分気をつけたい。故障や感電といったリスクがあるためだ。

ポットの中の洗浄に必要なモノ

  • クエン酸30〜50g程度
  • やわらかいスポンジ
用意するものはこれだけでいい。メラミンスポンジはポットを傷つけるおそれがあるため、洗浄するなら食器用などのやわらかいスポンジをおすすめしたい。

ポットの中の洗浄方法

洗浄方法は次のとおり。ポットに満タン(上限水位)まで水を入れ、クエン酸を混ぜる。次に沸騰させ、1〜2時間ほど放置したらお湯を捨てて水ですすぐ。水垢が残っていればやわらかいスポンジでこすろう。ただし、ポットの内部が熱いので火傷にはくれぐれも気をつけていただきたい。すすぎが終わったらしっかり乾燥させて完了だ。

3. 洗浄ついでにポットの外もキレイに

ここまで、ポットの中の洗浄について解説してきたが、せっかくなら外もキレイにしておこう。手垢が付着していたり、キッチンに置いてあれば油が付着していたりすることも多い。

手垢、油といった汚れは酸性なので、ポットの外を洗浄するならアルカリ性の重曹を使うのがおすすめだ。

ポットの外の洗浄に必要なモノ

  • 布(あれば2枚)
  • 重曹小さじ1杯
  • 水100ml
以上を用意し、水に重曹を溶かしておこう。布は水拭き、乾拭きそれぞれ1枚ずつあるといい。

ポットの外の洗浄方法

洗浄方法は簡単だ。重曹水を含ませた布でポットの外を水拭きする。注ぎ口など見えにくい部分にも跳ねたお湯が付着しているので、忘れずに拭いておきたい。その後、いったん布を水でよくすすぎ、固く絞ったら再度水拭きする。最後は乾いた布で拭きあげて終わりだ。電装部分に重曹水がかからないようにだけ、気をつけよう。

4. ポットの洗浄は1〜3カ月に1回を目安にしよう

ポットの中をクエン酸、外を重曹で簡単に洗浄する方法を紹介してきた。洗浄といっても手間がかかるものではないので、気軽にできるのではないだろうか。ポットの使用頻度などにもよるが、おおよそ1〜3カ月に1回を目安に、ポットを洗浄すると汚れが溜まらないはずだ。

結論

ポットの中には水垢、外には手垢という性質の異なる汚れが付着する。クエン酸や重曹を使って洗浄し、キレイなポットでお湯を沸かそう。ポット専用の洗浄剤を使ったやり方もあるので、やりやすい洗浄方法を取り入れてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >