このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
布団乾燥機の使い方とは?意外な使い方も紹介

布団乾燥機の使い方とは?意外な使い方も紹介

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年1月20日

梅雨の時期など布団が干せないときに便利なアイテムが布団乾燥機だ。実は布団を乾燥させる以外にも、幅広い使い方ができるのをご存知だろうか?布団乾燥機の基本的な使い方とあわせて、いろいろな使い方も紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 布団乾燥機の機能と基本的な使い方

布団乾燥機には、敷布団と掛布団の間に「マットを挟みホースをつなげて使うタイプ」と「ホースのみを挟み込むタイプ」がある。現在主流になりつつあるのは後者だ。使い方に大きな差はないが、マットを広げる・畳むといった手間が少ない分、ホースタイプのほうが手軽だろう。

効果とメリット

布団乾燥機機は、温風をあてて布団にこもっている湿気を飛ばすのが主な役割だが、それ以外にも布団を温める効果、温風を長時間あててダニを退治する効果などもある。

湿気が飛びふんわりすれば寝心地もよく、雑菌の繁殖も抑制できる。寒い冬に布団を温めておけばスムーズに眠りに入れるし、冷え性の方などはとくに嬉しいだろう。そのうえ、ダニ退治でアレルギーの原因物質を遠ざけられるなど、得られるメリットが多い。

基本的な使い方

マットを広げるタイプと、ホースのみを挿すタイプに分けて、基本的な使い方を紹介する。なお、布団・ベッドいずれも基本的には同じ使い方でOKだ。

マット+ホースの場合

敷布団にマットを広げ、接続口にホースを挿す。その上に掛布団を広げたら、布団乾燥機の電源を入れ、時間が来るのを待つというのが基本的な使い方だ。時間はツマミを回して自分で設定するものや、ボタンひとつでセットできるものがある。

ホースのみの場合

こちらも使い方はほぼ同じだ。敷布団の上にホースを伸ばし、その上に掛布団を広げる。あとは電源を入れて布団乾燥機をスタートさせればいい。

2. 布団乾燥機の効果をアップさせる使い方のコツ

布団乾燥機を効果的に使うコツも押さえておこう。

使用時間

布団乾燥機を使う場合はシングル30分、セミダブルからダブルは90分、ダニ退治は120分程度を目安にしよう。

使用頻度

週1回を基本に、梅雨の時期などは週2〜3回、汚れや臭い、湿りが気になるときはその都度といった使い方がいいだろう。もちろんダニや雑菌の繁殖などが気になる場合は、毎日乾燥させても問題はない。

季節ごとの使い分け

夏場に乾燥のみといった使い方をすると、布団が熱すぎて眠れなくなる。乾燥とクールダウンや送風機能を併用しよう。逆に冬は乾燥のみでOKだ。また、寒暖差が大きくなる春秋などは、その日の天候や気候に応じて乾燥のみ、クールダウンを併用などと使い分けよう。

毛布や枕、ぬいぐるみなどの布製品

布団乾燥機はシーツやカバーをかけたまま使える。また、掛布団の上に毛布やタオルケットを広げたり、掛布団の下に枕、ぬいぐるみといった布製品を置いたりして乾燥させる使い方もある。

ダニ退治は布団クリーナーを併用

布団乾燥機の温風でダニ退治ができるとお伝えしたが、生きているダニは布団の反対側に逃げてしまうこともある。また、表面に付着したダニの死骸やフンなどは残ってしまう。布団乾燥機でダニ退治をしたあとは、布団クリーナーで表面のダニ、ゴミを取り除こう。

3. 布団乾燥機の意外な使い方とは?

布団乾燥機の、布団乾燥以外の使い方も覚えておこう。

靴や部屋干し中の衣類を乾燥

予想できる使い方かもしれないが、布団乾燥機の温風を使い、靴や衣類を乾燥させるといった方法も可能だ。とくに部屋干しは、できるだけ早く乾燥させるのが生乾きの臭いを防ぐコツ。布団乾燥機を利用して速乾を目指そう。

湿気を飛ばしてカビや臭い対策

クローゼットや押入れ、靴箱など、空気の流れが滞りやすく湿気がたまりがちな場所に空気を送る使い方もある。湿気が飛んでカビ対策になるだけでなく、臭いがこもるのも防いでくれるだろう。

4. 使い方とあわせて覚えたい布団乾燥機のお手入れ

布団乾燥機の正しい使い方を知っていても、お手入れをせずにいると劣化が早まり、十分な効果が得られなくなってしまう。

そこで最後に、布団乾燥機の機能を長持ちさせるため、使い方と一緒に覚えておきたいお手入れ方法を紹介する。なお、機種ごとに異なる場合もあるため、事前に説明書を確認しておくと安心だ。

フィルターと吸込口

使い方や頻度によって変わってくるが、おおよそ1カ月に1回を目安にフィルターや吸込口をお手入れしよう。掃除機をかけられるところは掃除機でできるだけホコリを除去しておく。水洗いできる部品は水洗いし、日陰で完全に乾燥させてから本体に戻す。

本体

布団乾燥機本体は、中性洗剤(食器用洗剤など)を水で薄めて布に含ませ、よく絞ってから水拭きする。

マット

桶などに40℃程度のぬるま湯を溜め、中性洗剤を適量入れて押し洗いしよう。すすぎも押し洗いが基本だ。すすぎのお湯がキレイになったら、風通しのいい場所で陰干しして完全に乾燥させよう。

結論

簡単な使い方で多くのメリットが得られる布団乾燥機。布団はなかなか洗ったり干したりできない方も多いと思うが、布団乾燥機があれば心地よい眠りにつけるだろう。いろいろな使い方ができる優秀なアイテムなので、ぜひ導入してみてはいかがだろうか?

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >