このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

柔軟剤入り洗剤はどう使う?おすすめの理由、選び方を解説!

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年1月23日

柔軟剤入り洗剤には、洗剤と柔軟剤、両方の効果がある。1回入れるだけで洗いながら柔らかく仕上がるので、とても便利だ。しかし、使う前に気になるのが、洗剤と柔軟剤と比べて、どう違うのかというポイントだろう。この記事では、柔軟剤入り洗剤の特徴や、メリット、デメリットといった予備知識を紹介する。選び方についても解説するため、柔軟剤入り洗剤の購入を検討している方は参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 柔軟剤入り洗剤の効果と特徴

柔軟剤入り洗剤は、柔軟剤の成分を配合している洗剤だ。生地を柔らかくしたり、静電気を防止したり、柔軟剤のもつ効果をいつもの洗濯にプラスできる。

通常であれば、洗剤と柔軟剤を同時に入れるとお互いの効果を邪魔してしまう。柔軟剤入り洗剤は成分の組み合わせを厳選することで、洗浄効果と柔軟剤効果を保てるのだ。

さらに、あとから柔軟剤が溶ける仕組みになっているため、成分が混ざりにくい。まず洗剤が溶けて洗浄し、時間差で柔軟剤が溶け出すので、効果が落ちないのだ。

華やかな香りを楽しめる柔軟剤入り洗剤は多く、香りのオシャレとしてもおすすめだ。粉末や液体、ジェルボールなど、いろいろなタイプから選べる。

2. 柔軟剤入り洗剤をおすすめする理由

柔軟剤入り洗剤を使うメリットには、どういったものがあるのだろうか?通常の洗剤と柔軟剤と比較しつつ、おすすめする理由を詳しく解説していく。

時短につながる

通常の洗剤と柔軟剤の場合、洗濯物の量に合わせて別々に入れる必要がある。それぞれキャップやスプーンで適量を量るため、意外と手間がかかってしまう。

朝の忙しい時間帯や仕事から帰宅してから洗濯する方だと、一分一秒が貴重だ。毎回洗剤と柔軟剤を2回投入していては、時間のロスにつながるだろう。

柔軟剤入り洗剤なら、洗剤を量ったり投入したりが1回でよい。家事の手間を減らしたい、洗濯に時間をかけたくない、そんな方におすすめだ。

節約につながる

柔軟剤入り洗剤は一般的な洗剤より価格は高めだが、洗剤と柔軟剤を別々に購入するより経済的だ。ずっと使い続ければ、かかる費用の差は大きくなる。

毎日の洗濯に使うものだけに、コストパフォーマンスは重要だろう。また、洗剤と柔軟剤を2本置かなくてよいため、収納スペースの節約にもなる。

3. 柔軟剤入り洗剤を使う2つのデメリット

とても便利な柔軟剤入り洗剤だが、注意してほしいデメリットはある。正確に把握したうえで、選び方や使い方を工夫しよう。

洗浄力が弱い場合がある

一般的な洗剤と比べると、柔軟剤入り洗剤の洗浄力は若干弱い傾向がある。あまりひどい汚れだと、洗濯したあとに残ってしまう可能性があるのだ。

ただし、通常の洗剤と同じ界面活性剤を配合しているため、汗や皮脂への洗浄力は十分だ。ひどい汚れは予洗いしておけば、あまり心配はない。洗浄力が高い柔軟剤入り洗剤もあるため、用途や洗う衣類によって選び方を工夫するとよいだろう。

柔軟効果が弱いことも

柔軟剤入り洗剤は柔軟効果が少し弱い。柔軟剤を別に入れた場合と比べると、ふんわり度や手触りは劣るだろう。

香りが少し弱いため、強い香りが好みなら柔軟剤がおすすめだ。別の柔軟剤を足しても問題ないので、しっかりと香りを楽しみたいときだけに併用してもよいだろう。

ただし、あまり柔軟剤を多く足しすぎると、成分が残ってしまう可能性がある。衣服の吸水性が悪くなったり、肌トラブルを引き起こしたりするリスクがあるため、適量を意識しよう。

4. 柔軟剤入り洗剤の選び方とは

柔軟剤入り洗剤にはいろいろなタイプの商品がある。種類別の特徴や、選ぶときのポイントについて、チェックしていこう。

粉末タイプ

粉末タイプの柔軟剤入り洗剤は洗浄力が強い。食べこぼしや油汚れにも高い効果があるので、小さなお子さんがいるご家庭におすすめだ。ほかの商品に比べてリーズナブルな商品が多く、コスパがよいのも魅力といえるだろう。

液体タイプ

液体タイプは水にサッと溶けるため、粉末が残る心配がない。少ない水でも洗濯ができるので、節水や少ない容量の洗濯機にもおすすめだ。オシャレ着洗用、低刺激などいろいろな種類があり、選べる香りも多いため、用途に合わせたものが見つかるだろう。

ジェルボールタイプ

ジェルボールタイプはそのまま入れるだけでよいので、計量の手間が省ける。ほかのタイプに比べると選べる種類は少なめだ。子どもが飲み込む事故の例があるため、取り扱いや置き場所には注意したい。

香りで選ぶ

柔軟剤入り洗剤はそれぞれ香りが異なるので、好みの商品を見つけよう。香りのサンプルがなければ、イメージしやすい香りを選ぶと失敗が少ない。ビジネスシーンで身につける衣服を洗濯するなら、香りの強さにも注目しよう。

成分を確認する

配合している成分によって、得られる効果は違う。肌が弱い方や赤ちゃんがいるご家庭なら、「弱酸性」「天然由来成分」「低刺激」の柔軟剤入り洗剤がおすすめだ。

白いシャツをキレイに見せたいなら「蛍光剤」、夏場の汗や頑固な汚れ対策には「漂白剤」がよい。防臭や除菌、すすぎ1回など、特徴によって選ぶようにしよう。

結論

洗剤と柔軟剤の効果をもつ柔軟剤入り洗剤はとても便利だ。時短やコスパに優れており、洗濯をグッと楽にしてくれる。重要なのは特徴や選び方を理解することだ。香りや成分、種類をじっくりと比較して、自分に合ったものを選ぼう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ