このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

シロッコファン掃除を効率的に!必要な道具や外し方まで徹底ガイド

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年1月27日

レンジフードなどの換気機器に使われるシロッコファンには、汚れがとてもつきやすい。定期的にキレイにする必要があるが、形が複雑なため掃除するのは大変だ。この記事では、シロッコファンについた油汚れやホコリを効率よく掃除する方法について、詳しく紹介していく。掃除に必要な道具や取り外し方、取り外せなかった時の対処法までチェックするので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ブラシなどの道具があればシロッコファン掃除が楽になる

シロッコファン掃除の際に必要な道具を揃えておこう。必須な道具、あれば便利な道具をチェックする。

ビニール袋や新聞紙

ビニール袋は汚れからキッチン用品を守ったり、つけ置きしたりするときに使える。パーツの取り外しや掃除の際に汚れが飛び散ることがあるので、汚したくない場所をおおえる大きさのビニール袋を選ぼう。コンロの上に敷いたり、パーツを置いたりできるので、新聞紙もあると便利だ。

歯ブラシや専用ブラシ

細い板状の羽が斜めに並んでいるシロッコファンは掃除がしにくい。使い古した歯ブラシやスポンジでも磨けるが、おすすめは専用のブラシだ。狭い隙間に入り込み細かい部分が楽に掃除できるので、掃除時間の短縮にもつながる。

アルカリ性洗剤

シロッコファンについた酸性の油汚れには、アルカリ性の洗剤がおすすめだ。食器洗い用洗剤は中性なので、しつこい汚れはうまく落ちない。

ただしアルカリ性の洗剤は、アルミを変色させる、塗装を剥がすといった作用を持つ。アルカリ性の洗剤が使えないシロッコファンもあるので、説明書を確認し、説明書がなければメーカーに問い合わせすると安心だ。

ゴム手袋やマスク

汚れや洗剤から手を保護するために、ゴム手袋をつけてから掃除をしよう。細かい作業が多いため、滑り止めがついているものがおすすめだ。上を向いて作業をすると汚れや油が落ちてくるので、マスクもあれば良い。

2. 掃除をするときのシロッコファンの取り外し方法とは

シロッコファンを外す前に、安全のためプラグを抜くか、ブレーカーを落としておこう。ビニールや新聞紙を使って、周囲への汚れ防止の対策も行っておく。
  • 整流板とフィルターを取り外す
  • ネジをゆるめてベルマウス(リング型のカバー)を外す
  • シロッコファンの中央にあるつまみを回して外す
  • 両手で持ち、下に引っ張って取り外す
換気機器のタイプによってパーツや構造、外し方が違うので、説明書をチェックしておこう。整流板がついていないタイプなら、外すのはフィルターだけでよい。

ベルマウスにネジがついていないタイプは、ボタンを押すだけで外れる。ネジやつまみなど細かいパーツをなくさないように、一箇所にまとめておく。シロッコファン掃除が終わったら、逆の手順で取りつけよう。

3. シロッコファンの簡単な掃除方法

シロッコファンの簡単で基本的な掃除方法と、汚れが酷い時の掃除方法を紹介する。フィルターなど、他のパーツも一緒に洗っておこう。

簡単な掃除方法

あまり使っていなかったり、小まめに掃除したりしているなら、洗剤をつけてこするだけで十分だ。アルカリ性洗剤が使えない場合は、中性洗剤で掃除しよう。
  • シロッコファンや外したパーツをシンクに入れる
  • アルカリ性洗剤(または中性洗剤)をつける
  • 5分ほど放置したら汚れをこする
  • 水で汚れと洗剤を洗い流す
  • 清潔な布で拭きとって乾燥させる
おおまかにスポンジでこすってから、歯ブラシや専用ブラシで掃除すると簡単だ。掃除した後は、必ずしっかりと乾燥させてから取りつけよう。

頑固な汚れはつけ置きで落とそう

長期間放置した頑固な汚れは、つけ置き洗いでないと落ちにくい。汚れてもいい容器を使うか、シンクやバケツにビニール袋をかけてお湯をためておこう。
  • 40〜60度のお湯にシロッコファンやパーツをつける
  • アルカリ性洗剤を入れて軽く混ぜる
  • 1~2時間ほど放置する
  • 汚れをブラシなどでこする
  • 水で洗い流したら乾燥させる
このように、頑固な汚れのシロッコファンはつけ置きで掃除しよう。アルカリ性洗剤の代わりとして、重曹を使うのもおすすめだ。

ただし、アルミ製や塗装を施してあるシロッコファンやパーツには、アルカリ洗剤や重曹は使えないのをお忘れなく。その場合は中性洗剤、または対応している専用洗剤で掃除しよう 。

4. 掃除前にシロッコファンが取り外せない場合の対処法

長年放置したシロッコファンだと、油や汚れがが固まっていることがある。掃除の前にネジが回らないときは、アルカリ洗剤で少し拭く、キッチンペーパーに洗剤を含ませて貼りつけるといったことを試してみよう。

5~10分ほどたったら、ネジをもう一度回してみる。まだ固いようなら、再び同じ手順を繰り返そう。ドライヤーで3分ほど温める方法もあるが、やりすぎには注意が必要だ。

温めた後はパーツが高温になっているので、ゴム手袋や軍手をはめてネジを回すこと。それでも取り外せないなら、シロッコファンの汚れがかなり酷いということだ。素人では手に負えないので、プロの業者に依頼して掃除することを考えよう。

結論

一見すると難しそうなシロッコファン掃除だが、手順さえ覚えれば簡単だ。シロッコファン掃除を怠ると機能に悪影響があり、故障や壁が汚れる原因にもなるので、定期的に掃除をしたい。料理をよくするご家庭のレンジフードなら、1年に1回が目安だ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ