このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
モップ絞り器が掃除で大活躍!正しい使い方とおすすめ商品まとめ

モップ絞り器が掃除で大活躍!正しい使い方とおすすめ商品まとめ

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2021年1月19日

拭き掃除に便利なモップを使うときは、モップ絞り器があると便利だ。手を汚さずに絞ることができ、水分の残りすぎで床がビチャビチャになる心配がない。この記事ではモップ絞り器の基礎知識や使い方について紹介する。おすすめのモップ絞り器も厳選したので、選ぶときの参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. モップ絞り器とは?

まずはモップ絞り器の基礎知識とメリットについて解説しよう。ローラー式や回転式といった種類別の特徴と併せて詳しく紹介する。

モップ絞り器とは?

モップ絞り器は水で濡れたモップを絞るために使用する。掃除で汚れたモップを入れれば、力を入れなくても簡単に洗浄と脱水ができるだろう。広い空間を掃除するときは何度もモップを洗う必要があるため、モップ絞り器を使うことで手間を軽減できる。

モップとモップ絞り器を活用すれば、立ったまま作業できて手が汚れたり荒れたりする心配が少ない。雑巾を使うよりも楽に拭き掃除にができるので、家事の時短にもおすすめだ。

ローラー式モップ絞り器

バケツの上に2つのローラーがついた形になっており、間にモップを挟んで圧力をかける仕組みだ。平なタイプのモップを絞るときに使い、業務用として使用することが多い。

外付けペダルを踏んで絞るタイプや、絞り圧が調整できるタイプなど、多機能タイプのローラー式モップ絞り器もある。また、バケツがついておらず、空きスチール缶などに装着して使うモップリンガーというタイプもある。

回転式モップ絞り器

回転式のモップ絞り器は回転モップとセットになっている。バケツの中で丸いタイプのモップを回転させることで、洗浄や脱水ができるのが特徴だ。手軽に使用できるため家庭用として使われることが多い。

足でペダルを操作するタイプと、手でモップを上下させるタイプに分かれる。洗浄と脱水の層が別にある2層式と、1層だけの1層式の違いについてもチェックしておこう。2層式は使い方がシンプルで手軽に使用でき、1層式はコンパクトで収納しやすいのがメリットだ。

2. モップ絞り器の正しい使い方

ローラー式モップ絞り器と回転式モップ絞り器に分けて、正しい使い方を説明しよう。コツをつかめばどちらも簡単なので、ぜひ覚えてほしい。

ローラー式モップ絞り器の使い方

足踏みタイプのローラー式モップ絞り器について、基本的な使い方を解説する。バケツの中に水を入れれば準備は完了だ。

1.バケツの持ち手を下げる
2.ステップ付きタイプならこちらも下げておく
3.ステップを踏んでモップ毛をローラーの間に挟む
4.ペダルを踏んで圧力をかけたらゆっくりと引き上げる

ジワジワと少しずつ圧をかけることで、水分をしっかりと絞れる。ただし、商品によって詳しい使い方は違うので、あらかじめ方法を確認しておくと安心だ。

回転式モップ絞り器の使い方

2層式タイプの回転式モップ絞り器の使い方をチェックしておこう。ここでは足踏みタイプの使い方について説明する。

1.洗浄の層にモップを浸して水分を吸収させる
2.脱水用のザルにモップを移動する
3.柄が垂直になるように持ったらペダルを踏んで脱水する

柄は回転するのでグリップ部分を持ってから脱水しよう。ザルからモップ毛がはみでていると水が飛び散るので、収まったのを確認してから脱水してほしい。こちらも説明書で使い方を確認しておくと安心だ。

3. おすすめのモップ絞り器4選

おすすめのモップ絞り器を4つに厳選した。それぞれの特徴や機能について紹介するので、選ぶときの参考にしよう。

アイリスオーヤマ/「回転モップセットKMO-490S」

回転モップとモップ絞り器がセットになった2層式の商品だ。ペダル式になっているので踏むだけで簡単に脱水できる。高い吸水性と脱水製をもつマイクロファイバー製のモップは2個付属しており、取り付けや取り外しも簡単だ。

ダスキン/「水モップ絞り器」

ローラー式のシンプルなモップ絞り器で、圧力をかける外付けのペダルがついている。店舗やオフィスなどの掃除におすすめだ。足で固定してペダルを踏み込めば、しっかりと水分が絞れるだろう。

アズマ工業 /「回転モップトルネード丸型セットTSM545」

コンパクトな一掃式の回転式モップ絞り器だ。モップを上下させることで洗浄と脱水ができる。バケツの内側にフチがあるため、脱水時に水が飛び散りにくい。

山崎産業/「コンドルスクイザージョイステップ」

業務用として活躍する高機能タイプのローラー式モップ絞り器だ。絞り圧を調整できるため、モップの厚みや掃除する場所によって絞り圧を変えられる。さらに注水用のホースホルダーや排水ホースがついていおり、水の出し入れの手間を軽減できる。

結論

モップを簡単に脱水できるモップ絞り器は掃除のときに活躍する。ローラー式モップ絞り器と回転式モップ絞り器に分かれるので、違いをチェックしておこう。購入する前にそれぞれの使い方について覚えておくことが重要だ。ローラー式モップ絞り器は業務用として使うことが多く、モップとセットの回転式モップ絞り器はご家庭でも使いやすい。それぞれのおすすめも紹介したので、購入に迷っている方はチェックしよう。
  • 公開日:

    2020年1月19日

  • 更新日:

    2021年1月19日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ