このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
高圧洗浄機の種類や選び方、使い方は?オススメも紹介!

高圧洗浄機の種類や選び方、使い方は?オススメも紹介!

投稿者:ライター 松本マユ(まつもとまゆ)

2020年2月10日

庭や壁の汚れ落としや洗車の際に役立つ高圧洗浄機。今回は「高圧洗浄機を購入したい」とお考えの方に向けて、高圧洗浄機のメリットや種類、選び方、正しい使い方などを解説する。高圧洗浄機のおすすめ機種10選も紹介するので、選ぶ際の参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 高圧洗浄機を使うメリットとは

そもそも高圧洗浄機とは、高圧で噴射される水によって汚れを落とす機械のことだ。
高圧洗浄機が役立つのは、家の外壁や塀、庭、駐車場、ベランダ、テラスなどを清掃するときにだろう。雨風による汚れ、黒ずみ、砂、コケなどで汚くなった箇所に使用すると、高圧の水で汚れが一気に落ちるのだ。
また、高圧洗浄機は洗車にも役に立つ。車体の汚れを取るにはかなりの労力がいるが、高圧洗浄機を使うと簡単にキレイになる。

このように、高圧洗浄機を使うと頑固な汚れも落ちやすく、掃除の負担を減らせるというメリットがある。

2. 高圧洗浄機の種類や上手な選び方

高圧洗浄機の選び方のコツは、電源・吸水方法・常用吐出圧力・モーターの4点に注意することだ。
ほかにも高圧洗浄機は音が大きいため、住宅街や集合住宅などに住んでいる方は、サイレントモードが搭載されている機種を探すのもおすすめだ。

選び方のコツ1・電源タイプを調べる

高圧洗浄機には「電気式」と「ガソリンエンジン式」がある。ガソリンエンジン式はパワーが優れているが業務用のものも多く、家庭用であれば電気式で十分だ。
さらに電気式は、コンセントをつないで使うタイプと、バッテリーが内蔵された充電式タイプに分かれる。充電式のほうがパワーは劣るが、コードレスで場所を選ばずに使える。

選び方のコツ2・吸水方法を調べる

高圧洗浄機の吸水方法にも種類がある。
水道からホースをつないで直接水を流す「水道直結式」、高圧洗浄機のタンクに水を溜める「タンク式」、お風呂の水や雨水などを溜めた容器にホースをつなぐ「自吸式」だ。

選び方のコツ3・常用吐出圧力の強さを調べる

常用吐出圧力は、水を吐き出す強さのことを指し、数値が大きいほどパワーも強くなる。
家庭用の高圧洗浄機は2MPa(メガパスカル)から8MPaが一般的だ。落としたい汚れの強さによって選ぶといい。

選び方のコツ4・モーターのタイプを調べる

高圧洗浄機のモーターは2種類ある。「ユニバーサルモーター」は50Hzと60Hzの両方で使える一方、「インダクションモーター」は50Hzと60Hzの片方にしか対応していない。50Hzの地域(東日本)から60Hzの地域(西日本)に引っ越した場合、インダクションモーターの高圧洗浄機であれば使えなくなる可能性がある。
だが、ユニバーサルモーターのほうが騒音が大きいというデメリットもあるので、慎重に選ぼう。

3. 高圧洗浄機の正しい使い方

高圧洗浄機を使うには、まず組み立てが必要だ。組み立てが完了したら、水道や水の入った容器にホースをつなぎ、高圧洗浄機の先端に付属のジェットノズルを付けよう。
電源を入れてレバーを握ると、水が噴射する。このとき、高圧洗浄機は両手でしっかり持ちたい。水圧が安定するまで水を出し、あとは汚れている箇所を掃除しよう。

使い方は機種によって異なるので、詳しくは取扱説明書を必ず確認してほしい。

4. 高圧洗浄機のおすすめ10選

ここからは、高圧洗浄機のおすすめ機種を紹介する。パワーの強いものから、コンパクトで持ち運びやすいもの、価格がリーズナブルなものまでピックアップした。

ケルヒャー「高圧洗浄機K5 サイレントカー」

高圧洗浄機といえばケルヒャー。ケルヒャーの中でも最上級の機種で、常用吐出圧力が8.0MPaと高い。高圧の水を回転させて噴射することで、頑固な汚れも落としやすく、静音性にも優れている。

ケルヒャー「高圧洗浄機K3 サイレントベランダ」

住宅街でも騒音を気にせず使えるよう、高い静音性を追求した機種。水冷式モーターを採用することで耐久性もアップしている。

ヒダカ「家庭用高圧洗浄機 HK-1890」

常用吐出圧力が9.0MPaと、家庭用の中では非常に高い。水道直結式と自吸式の両方に対応している。音が比較的静かなインダクションモーターを搭載。

リョービ「高圧洗浄機 AJP-1210」

価格が非常にリーズナブルなエントリーモデル。本体がコンパクトなので持ち運びも簡単だ。バリアブルノズルを搭載し、水の力を自由に調節できる。

リョービ「高圧洗浄機 AJP-1310」

2012年度の「グッドデザイン賞」を受賞したモデルで、持ち運びが簡単なコンパクトボディが特徴だ。常用吐出圧力が7.0MPaと高く、バリアブルノズルも搭載している。

マキタ「充電式高圧洗浄機 MHW080D」

充電式の高圧洗浄機なので、場所を問わずに使える。充電式はパワーが劣りがちだが、常用吐出圧力も5.5MPaと、家庭用としては申し分ないだろう。静音モードも搭載している。

アイリスオーヤマ「高圧洗浄機 FBN-401」

コンパクトな作りで、本体重量約4kgと非常に軽量。女性でも楽に持ち運びができるはずだ。
水が扇状に噴射されるため、スピーディーに掃除ができ節水にも役立ちそうだ。

アイリスオーヤマ「タンク式高圧洗浄機 SBT-512N」

高圧洗浄機の本体にタンクが付いたタイプで、近くに水道がなくても使用できる。非常にコンパクトなので使いやすいうえ、常用吐出圧力も6.5MPaと十分だ。

ハイコーキ「家庭用高圧洗浄機 FAW105」

水の噴射の仕方を「直噴・拡散・回転」の3種類に調節できるので、使う場所によって切り替えが可能だ。ユニバーサルモーター搭載で、全国どこでも使える。

ボッシュ「高圧洗浄機 UA125」

水の噴射角度を90°変換させられるノズルが付き、洗車時にはかなり役立つだろう。ハンドルは折りたたみと伸縮が可能で、低身長の方でも使いやすい。

結論

高圧洗浄機が1台あると、車や庭などの掃除がグッと楽になる。今回紹介した電源タイプや吸水方法、水圧の大きさ、モーターのタイプ以外にも、価格や静音性などの要素も吟味し、ご家庭に合う1台をぜひ見つけてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >