このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

エアコンのフィルターの掃除方法!キレイを保つ秘訣とは?

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだりさ)

2020年2月 2日

エアコンをつけたらカビやホコリの臭いがした、そのような経験は誰しもあるだろう。空気をろ過する役割があるエアコンのフィルターは汚れやすく、定期的な掃除が必要だ。掃除機でホコリを吸っている方は多いが、それでは不十分なこともある。この記事では、エアコンのフィルターの必要性や掃除の仕方、頻度をまとめて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エアコンのフィルター掃除はなぜ必要なの?

エアコンのフィルターを掃除しないと、急速に汚れがたまってしまう。そのまま放置するとどうなるのか、2つのリスクをチェックしよう。

カビやホコリによる健康被害

エアコンのフィルターには、ホコリや臭いを取り除く役割がある。掃除をしない汚れがフィルターにたまり、カビが繁殖する原因になる。ホコリと水分によって増えたカビは、エアコンの風にのって部屋中に放出されるのだ。

ダニや花粉が含まれていることもあり、吸い込むことでさまざまな健康被害が発生する。アレルギーの危険性も高まるため、子どもがいる家庭はとくに注意が必要だ。

冷暖房効率が悪く電気代が高くなる

エアコンのフィルターが汚れていると、フィルターの目詰まりで空気の通りが悪くなる。冷暖房効率が悪化するため、消費電力が高くなってしまうのだ。

電気代はあがるのはもちろん、エアコンの性能にも悪影響がある。使い続ければ故障の原因になるため、修理代もかかってしまうだろう。大事なエアコンを長持ちさせるためには、定期的な掃除が必要だ。

2. 水洗いでエアコンのフィルターを掃除しよう

掃除機を使えばホコリを吸い込めるが、一部の汚れが残ってしまうこともある。エアコンのフィルターをキレイに掃除をしたいなら、水洗いがおすすめだ。

水洗いの方法

  • エアコンのカバーを外してフィルターを取り出す
  • 掃除機を使って表側からホコリを吸い込む
  • お風呂場に持っていき、シャワーをかけて水洗いする
  • タオルで丁寧に拭いたら陰干しをする
  • 完全に乾燥したのを確認してエアコンに戻す
シャワーで汚れが落ちないようなら、歯ブラシを使って破れないように優しくこすろう。掃除中はマスクをつけておくと、ホコリを吸い込むことを避けられる。

車のエアコンフィルターは水洗いより交換

車についているエアコンのフィルターも同じ方法で掃除できるが、中には水洗いに対応していないものも多い。掃除するよりも、新しくフィルターを購入して交換するほうが簡単だ。

車用のエアコンフィルターは、カーショップやインターネット通販で安く購入できる。車によって方法は違うので、説明書をよく読んでから交換しよう。およそ1年に1度を目安に交換するのがおすすめだ。

3. 頑固な汚れには重曹がおすすめ

定期的に掃除をしていれば水洗いでも十分だが、長年放置してきたフィルターの汚れはなかなか落ちない。頑固な汚れにおすすめなのは、重曹を使った洗い方だ。

弱アルカリ性の重曹には、油汚れを分解する作用や消臭効果がある。重曹の粒子は細かく研磨剤として使えるため、エアコンのフィルターについた頑固な汚れもキレイに落ちるのだ。

まずは重曹と水を混ぜてスプレーボトルに入れる。掃除機でホコリを吸ったあとにフィルターを外し、重曹水を吹き付けるのが正しい方法だ。

歯ブラシで優しくこすっていけば、水では落ちない汚れもキレイになるだろう。重曹は体にやさしい成分なので使いやすく、さまざまな掃除に活用できる。

4. エアコンのフィルターを掃除する頻度

環境省のサイトでは、健康や節電のため2週間に1回のフィルター掃除をすすめている。小まめに掃除をすれば大掛かりな掃除は必要なく、掃除機でホコリを吸うだけでもキレイに保てるだろう。

ただし、エアコンを使う頻度によって、フィルターの汚れ方は違う。毎日使っている季節なら2週間に1回、そうでなければもう少し頻度を開けても大丈夫だろう。

フィルター掃除機能がついたエアコンなら、あまり掃除をしなくてもキレイな状態を長く保てる。定期的に目で確認して、汚れたと感じた時にだけ掃除をしよう。

5. エアコンのフィルター掃除を業者に頼む

自分で掃除をするのが不安、汚れがなかなかとれない、そのような時は業者の手を借りるのも一つの手だ。フィルターだけではなく、素人では難しい部分までキレイにしてくれる。

エアコンを何年も使っていると、表面から見えない部分にカビやホコリがたまっていく。フィルターをキレイにしても変な臭いがするようなら、分解してプロの機材や洗剤で掃除したほうが安心だ。

業者の料金はエアコンの大きさやタイプによって異なり、相場は11,000~15,000円ほど。掃除機能付きのエアコンなら、25,000~30,000円くらいになるだろう。

掃除にかかる時間は通常のエアコンで2~3時間。フィルター掃除機能付きだと3~4時間くらいになる。エアコンを一番使う季節がくる前に、業者に依頼するのがおすすめだ。

結論

エアコンのフィルターを汚いままにしておくと、さまざまなリスクが発生する。掃除機をかけたり、水洗いをしたり、小まめに掃除をすることが重要だ。時間がたった頑固な汚れに困った時は、プロの手を借りてもよいだろう。家族の健康を守るためにも、エアコンのフィルターは清潔に保っておきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ