このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

魚焼きグリルの掃除はどうやる?放置しておくと大変なことに!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月 1日

魚焼きグリルは、旬の魚をこんがり焼き上げてくれる有り難いアイテムだが、意外と掃除が面倒なもの。今回は、そんな魚焼きグリルのパーツ別に、簡単な掃除方法を紹介する。消臭方法や掃除を楽にするひと工夫とあわせて参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 魚焼きグリルの掃除を怠ると大変なことに

魚焼きグリルの使用直後は非常に熱いので、掃除は冷めてからが普通だろう。だが、焼きたての魚を味わっている間にうっかり忘れてしまうということはないだろうか?すぐに思い出せればいいが、次に使おうと思って扉を開いた瞬間、イヤな臭いと真っ黒な物体を発見したときはショックだ。

魚焼きグリルの汚れ

魚焼きグリルに溜まる汚れは魚の油分、皮や身(焦げ付き)などだ。掃除を怠った魚焼きグリルの庫内には、こうした汚れがガンコにこびりついている。

魚焼きグリルにカビが生えることも

魚焼きグリルの掃除を長期間忘れてしまうと、イヤな臭いがこもったり、最悪のケースとしてカビが生えたりすることもある。カビがびっしりの庫内は見るのもイヤだし掃除も大変だ。使用直後に掃除するのは熱すぎて危険だが、冷ましている間に忘れないようにしたい。

2. 魚焼きグリルのパーツ別に簡単な掃除方法を紹介

魚焼きグリルのパーツ別に簡単な掃除方法を紹介していく。なお、ここでは一般的な魚焼きグリルを例に紹介するが、メーカーや機種によって掃除方法や注意点などが異なるため、掃除の前には必ず取扱説明書を読んでおこう。

用意するモノ

  • 空のスプレー容器
  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • ゴム手袋
  • 割り箸
  • キッチンペーパー
  • 輪ゴム
  • スポンジ
  • 使い古しの歯ブラシ
  • 布(複数枚)
やや多い印象かもしれないが、これだけ揃えておけば、魚焼きグリルをキレイに掃除できるはずだ。

焼き網

シンクに40℃ほどのぬるま湯を溜める。焼き網が完全に浸るくらいが目安だ。ぬるま湯1リットルにつき大さじ3杯の重曹を溶かし、30分〜1時間ほど浸け置きする。

時間がきたらスポンジや歯ブラシなどで汚れを落とし、水でよくすすいでから完全に乾かそう。

受け皿

受け皿の汚れの多くは油分。重曹よりも洗浄力が高いセスキ炭酸ソーダを使うといいだろう。

同じようにシンクにぬるま湯を溜め、1リットルにつき大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かして30分〜1時間ほど浸け置きする。スポンジや歯ブラシで擦り洗いをして、流水ですすいでから乾かせば完了する。もちろん、焼き網と一緒に浸け置きしてもいい。

扉・庫内

スプレー容器に、水500mlに対して小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを混ぜて溶かしておく。扉や庫内にスプレーしたあと、布で水拭きをする。キレイになったら乾拭きで仕上げよう。

汚れがガンコなときは、スプレーしたあとキッチンペーパーを被せ、さらにその上からスプレーし、30分ほど放置する。時間がきたらキッチンペーパーで拭き取り、水拭き・乾拭きの順で仕上げる。

排気口

割り箸にキッチンペーパーを巻きつけて輪ゴムなどで留めた「お掃除棒」を作り、排気口の汚れを擦り落としていく。ガンコな汚れがあるときは、先にセスキ炭酸ソーダをスプレーしておき、お掃除棒でしっかり拭き取ろう。

分解できない魚焼きグリル

魚焼きグリルには、分解できないものもある。掃除方法について詳しくは取扱説明書をチェックしてほしいが、基本的にはセスキ炭酸ソーダを吹き付け、キッチンペーパーや布などで拭き取ればOKだ。手が届かない場所はお掃除棒を活用しよう。

3. 魚焼きグリルは掃除のついでに消臭しておこう

魚焼きグリルの掃除は完了したものの、やや臭いが残るという場合は、次の方法で消臭を試みてほしい。

庫内を換気する

掃除が終わった魚焼きグリルは、扉を開けしばらく換気して臭いを逃がそう。

空焼きをする

魚焼きグリルの掃除が終わったあと、5分ほど空焼きすると臭いやベタつきなどが軽減される。

コーヒーの出し殻やお茶の葉を加熱する

湿っているコーヒーの出し殻や、お茶の葉があれば、魚焼きグリルの受け皿に広げて弱火で5分、加熱してみよう。

4. 魚焼きグリルの掃除が楽ちんになるひと工夫

最後に、次回以降の魚焼きグリルの掃除を楽ちんにしてくれる、ちょっとしたひと工夫をお伝えする。掃除が楽になれば、魚焼きグリルで思う存分、魚を焼くこともできるだろう。

網にはアルミホイルを

単純な方法だが、網にアルミホイルを広げておくと、網や受け皿が油で汚れずに済むので、魚焼きグリルの掃除が楽ちんになる。

受け皿には重曹や片栗粉を

受け皿に、水300mlと重曹または片栗粉大さじ4杯を溶かしてから、魚焼きグリルで魚を焼こう。重曹を使った場合はそのまま水で洗い流すだけでキレイになる。片栗粉を使った場合は冷えて固まれば、簡単に剥がれるのでそのまま廃棄できる。

結論

魚焼きグリルは洗剤を使わずに手軽に掃除ができる。ただ、時間が経ってしまうとどんどん掃除が大変になり、臭いが発生したりカビが生えたりする。使った直後は洗えないが、冷ましたあとに掃除を忘れないようにすることが大切だ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ