このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯物の花粉対策!洗い方や外干しのコツ、洗濯物カバーの効果は?

洗濯物の花粉対策!洗い方や外干しのコツ、洗濯物カバーの効果は?

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月10日

洗濯物の花粉対策にお困りではないだろうか?部屋干しすれば生乾きの臭いがするし、外干しすれば花粉が付着する。ここでは、洗濯物の花粉対策と部屋干しのメリット・デメリット、外干しする際のコツ、洗濯物カバーの有用性などを解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯物に花粉を付きにくくする洗い方と干し方

洗い方のコツ

洗濯物の花粉対策は洗うところから始まっている。花粉を付きにくくするために、柔軟剤を使おう。

衣類同士が摩擦すると静電気が発生するが、花粉はその静電気に吸い寄せられて付着する。柔軟剤は衣類を柔らかく仕上げるだけでなく、静電気の発生を抑制する効果もあるのだ。

柔軟剤を使用して、少しでも花粉が付着しにくい環境を作っておきたい。

部屋干しのコツ

花粉対策には部屋干しが推奨されているが、生乾きの臭いが苦手という方も多いだろう。あの臭いの原因は増殖した雑菌。天日干しよりも乾くのに時間がかかるため、菌が増殖しやすいのだ。

対策として、部屋干し用の洗濯洗剤を使うこと、浴室乾燥機や除湿機、サーキュレーターなどがあれば活用することが挙げられる。余裕があれば、半乾きのタイミングで衣類用の消臭スプレーをかけておく方法もある。

また、花粉は部屋の中にも浮遊している。洗濯物を干す前に空気清浄機を全開にして、干す場所の花粉を取り除いておくことも大切だ。

2. 洗濯物の部屋干しで花粉対策するメリット・デメリット

改めて、花粉対策として部屋干しするメリット・デメリットを確認しておこう。

部屋干しのメリットは、何と言っても花粉の付着量を大幅に減らせることだ。もともと部屋の中に漂っていた花粉さえしっかり除去し、窓なども締め切っておけば、洗濯物に付く花粉はかなり減るはずだ。

一方、生乾きの臭いはデメリットだが、上記の方法で対策すれば抑えることも可能。それ以外に考えられるのは、浴室乾燥機を使う電気代、部屋の中に湿気がこもりカビなどの菌が増殖しやすい点などがある。

ただ、電気代以外のデメリットは、除湿機を使ったり空気清浄機をかけたり、エアコンの除湿機能を使ったりすることで抑えられる。

花粉に悩まされることとデメリット、どちらを取るかじっくり検討しておこう。

3. 洗濯物を外に干したいときの花粉対策

洗濯物の花粉対策には部屋干しが適していると理解できていても、やはり晴れた日には天日干ししたくなるものだ。そこで、洗濯物を外干ししたいときの花粉対策も覚えておこう。

天候

「晴れ(雨の翌日も含む)」「風が強い」「気温が高い」「湿度が低い」こうした天候は花粉の飛散量が多い。逆に「曇や雨」「風が弱い」「気温が低い」「湿度が高い」といった天候は花粉の飛散量が少ない。

干す時間帯

その日の気象状況や地域性にもよるが、一般的に花粉の飛散量は「昼前後」「日没後」に増えると言われている。この時間帯を避けて洗濯物を干すことも花粉対策になるだろう。花粉の飛散予報が見られるサイトや天気アプリもあるので活用したい。

取り込むとき

外干しで洗濯物に付着した花粉は、取り込むときに振り落とそう。はたいてしまうと花粉が繊維の奥に入ってしまう恐れがあるため、やさしく振り落とすのがコツだ。

花粉を落としやすい素材

表面がツルツルしたポリエステル、繊維の密度が高い綿などは、花粉が付着しても比較的落としやすいと言われている。外干しするならポリエステルや綿の洗濯物を優先しよう。

4. 洗濯物カバーは花粉対策に効果がある?

ところで、洗濯物カバーというアイテムをご存じだろうか?洗濯物の雨除けや日除け、目隠し、ホコリ除けなどに用いられるカバーだ。もちろん、花粉もある程度防ぐ効果が期待できる。

洗濯物から出る水蒸気を逃しやすいように通気性にも優れている。もしも、洗濯物カバーを使って花粉対策を行うなら、ベランダなどの床に落ちた花粉が舞い上がってカバーの内側に入り込まないよう、カバーの両サイドや下を洗濯バサミなどで留めておこう。

ただし、外干ししている限り、どうしてもある程度の花粉が付着してしまうのは避けられない。取り込む際はカバーに付着した花粉が舞い上がらないように気をつけるなど手間が増える点も覚えておこう。

結論

洗濯物の花粉対策について、部屋干しと外干しのポイントを解説してきた。洗濯物の花粉対策は部屋干しが基本だが、どうしても外干ししたい日もあるだろう。そのようなときは、今回お伝えした花粉対策を実践して、洗濯物に付着する花粉をできる限り減らしてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ