このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
重曹は消臭もできる万能アイテム!消臭方法や効果を高めるコツを解説!

重曹は消臭もできる万能アイテム!消臭方法や効果を高めるコツを解説!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月21日

重曹といえば食品添加物や掃除に使えるアイテムというイメージだが、実は消臭効果も期待できる。今回は、重曹を使った消臭方法と消臭効果が望めるモノや場所を紹介する。より効果を高めるコツや注意点も解説しているので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 重曹には消臭効果がある

重曹は弱アルカリ性だ。生ゴミや汗など酸性の臭いを中和し、消臭する力がある。また、同じアルカリ性のアンモニア臭に重曹を使うと、緩衝作用が働いて消臭できる。酸性からアルカリ性まで、幅広い臭いに対する消臭効果が望めるのだ。

そのうえ、雑菌が活動しにくい環境を作るための静菌作用や除湿効果まである。人体にも優しく、消臭剤として使ったあとは掃除や洗濯に使えるためコスパの面でも優秀だ。重曹はまさに万能アイテムと言えるだろう。

2. 重曹を使った消臭方法3選

重曹を使った消臭方法は大きく3つある。

振りかける

臭いの元に重曹を直接振りかける。三角コーナーや排水口など、そのまま水で流せる場所の消臭におすすめだ。そのまま捨てられる生ゴミに振りかけてもいい。

スプレーする

100均などで手に入るスプレーボトルに、水100mlに対して小さじ1杯の割合で重曹を溶かせば、重曹スプレーが作れる。カーテンやソファー、冬物の上着といった、手軽に洗えないものに吹きつけて消臭しよう。

置いておく

重曹は、ただ置いておくだけでも消臭効果がある。広範囲には向かないが、靴箱、クローゼット、冷蔵庫の中、シンク下の収納などちょっとした空間なら消臭してくれるはずだ。

3. 重曹の消臭が効くモノ・場所

重曹は、家中のモノや場所の消臭に使える。具体例を紹介しよう。

小さな袋に重曹を入れ、靴の中に忍ばせておこう。重曹が空気に触れるよう、ふたは開けておくのがポイントだ。取り出すときなど、こぼさないようにも注意したい。濡れてもOKの素材ならスプレーするのもおすすめだ。

トイレ

重曹にはアンモニア臭を中和する効果があるので、トイレの消臭に使える。小ビンに入れて置いておこう。ふたは、ガーゼなど通気性のあるものにするのがコツだ。

臭いが染みついたタッパー

タッパーに水を溜めて重曹を溶かす。10分ほど放置したら水でよくすすぎ、食器用洗剤で洗ってから乾かそう。

タンス・クローゼット

重曹を小袋に入れ、タンスの引き出しやクローゼットに置いておけば消臭できる。やはりふたは開けておこう。

布製品

カーテン、ソファー、カーペット、寝具、衣類など布製品の汗の臭い、ペットや食べ物などの生活臭には重曹スプレーを使った消臭が最適だ。

タオル・布巾

汗や汚れが染み込んだタオル・布巾は煮洗いによる消臭が効果的。鍋にお湯を沸かして重曹を溶かし、タオルや布巾を入れたら弱火で10〜20分ほど煮沸しよう。分量はお湯1Lに対して重曹大さじ1杯。勢いよく入れると急に泡立つため、少しずつ混ぜていくのがポイントだ。

4. 重曹の消臭効果をより高めるコツと注意点

最後に、重曹を使ってもイマイチ消臭効果が実感できない場合のコツと、重曹で消臭する際の注意点をお伝えする。

重曹の消臭効果をアップさせるコツ

実は、重曹は一度沸騰させることで洗浄力がアップする。アルカリの度合いが高まるためだ。重曹スプレーを作る際、先に鍋で沸騰させ、冷めてからスプレーボトルに入れ替えると、より消臭効果の高い重曹スプレーが作れる。

重曹の消臭効果をアップさせるコツ

重曹を粉のまま使った場合、消臭効果はおおよそ3カ月だ。定期的に交換しよう。なお、消臭に使った重曹は掃除や洗濯に二次利用するのがおすすめ。スプレーにした場合は1カ月を目安に使い切ろう。

また、重曹で消臭できても、キレイさっぱり臭いの元を断ったわけではない。あくまで臭いが気になるときの手軽な対策として重曹を使い、日々の掃除といったお手入れはこれまで通り続けていこう。

結論

重曹を使った消臭方法や効果を高めるコツ、注意点などを解説してきた。食品に掃除、洗濯に消臭と、重曹はまさに万能アイテム。ドラッグストアでは1kg300円台で販売されている。普段の掃除にも役立つはずなので、ぜひ入手しておこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ