このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯でできる花粉対策!衣服に付着する量は想像以上に多かった!

洗濯でできる花粉対策!衣服に付着する量は想像以上に多かった!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月11日

くしゃみが続けて出ると「今年も花粉の季節がやって来たか」と暗い気持ちになる人も多いのではないだろうか。現在、日本人の花粉症発症率は約40%、なんと2、3人に1人は花粉症に苦しんでいるという。花粉は洗濯物に付着して家の中に持ち込まれることも多々あるため、花粉対策の一つとして洗濯方法を見直してみてはいかがだろうか。今回は花粉の落とし方や部屋干しのコツ、外干しのベストな時間帯をご紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 花粉はどうすれば落ちる?

花粉の多い季節は、空気が乾燥していて静電気が起きやすい時期である。洗濯物や外出後の衣類には、静電気で多くの花粉が付着しているはずだが、気になるのはその量だ。

ある実験では、花粉の飛ぶ時期の気候を模した室内で、静電気を起こした衣類をマネキンに着用させ、付着する花粉の量を調べている。その結果、判明した花粉の付着量はなんと約10万個。その量は、1時間の換気で入ってくる花粉の6倍にもなるとされ、家の中では多くの花粉が落ちるということがわかった。

衣類に付着した花粉が家の中に落ちるのを防ぐためには、静電気の発生と衣類へ花粉が付着するのを抑制できる柔軟剤をしっかりと使って洗濯し、静電気防止スプレーを使用して花粉が自然に落ちるように工夫をすることが大切だ。また、家に入る前にできるだけ花粉を払い落とすのはもちろんのこと、付着した花粉を粘着テープで取ったり、衣類スチーマーで熱処理したりすれば、花粉が落ちる、アレルギー反応を軽減させるなどの効果が期待できるだろう。

2. 花粉を防ぎながら外干しと同じ効果

カラリと仕上がる外干しは魅力的だが、どんなに工夫しても多少の花粉は繊維に残ってしまうものだ。花粉症が重い人は、少量の花粉を吸入しただけでくしゃみが止まらなくなることもあるため、花粉の多い季節は外干しから部屋干しに切り替えたほうが
よいだろう。

部屋干しの難点は部屋干し臭だが、これは「雑菌量」と「乾燥までの時間」が関係している。雑菌は、乾燥までの時間が長ければ長いほど増殖していくため、部屋干し臭を防ぐには干し方などを工夫し、できるだけ早く衣類を乾燥させることが重要だ。

脱水時間を増やす

脱水時間を延ばした分だけ洗濯物の水分量は減り、それだけ乾燥時間を縮めることができる。ただし、シワになりやすくなるので連続した脱水は避けるのが賢明だ。数分脱水したあと一度ほぐし、再び脱水するなど、数回に分けて行うことをおすすめしたい。

干し方を変える

乾きが遅くにおいが発生しやすい箇所は、シャツの脇、靴下、ジーンズのファスナー部分などである。とくに、脇や靴下は洗濯したあとも多少の汚れが残ってしまっているので、雑菌増加を抑えるためにも乾燥を急ぎたいところだ。

シャツは、両端を手前に曲げた針金ハンガーを使い、シャツの脇が直角になるように干すと、乾燥スピードが断然違ってくるはずだ。靴下は平らではなく筒状に広げて干す、ジーンズはファスナーを開けウエストを輪にして干すといった工夫で、乾燥時間を外干しに近づけることができる。

3. 干す時間を変えて花粉を防ぐ

大きなシーツやジーンズは乾くまで時間がかかり、部屋干しでは生乾きのにおいがつきやすく心配だ。干す時間を見直して花粉を避けつつ、洗濯物を天日でカラリと乾かしてしまおう。一日のうちで花粉がピークの時間帯は2つあり、たとえば東京都心では12時と18時前後に多く飛来する。したがって洗濯物を干す時間帯も、それを避けて干せば花粉を避けられるだろう。

おすすめの時間帯は次の2パターン。
  • 夜干して、朝に取り込む
  • 早朝に干して、昼前に取り込む
乾燥時間を長く取れる1のパターンが魅力的に見えるが、防犯上の懸念や虫がつく恐れがあるなど、リスクも多い。花粉症対策も重要だが、干す時間は住環境や生活パターンに応じて慎重に選んでほしい。

結論

今や立派な国民病となった花粉症だが、花粉アレルギーは日本だけのものではなく、カナダではカエデ、オーストラリアではミモザなどのアレルギーで苦しんでいる人は多い。これからも続くであろう花粉と付き合っていくには、洗濯方法の工夫で少しでもストレスを減らしていくことが一つの最善策なのかもしれない。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >