このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
油汚れは洗剤選びが肝心!落とし方やおすすめの洗剤を紹介!

油汚れは洗剤選びが肝心!落とし方やおすすめの洗剤を紹介!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月16日

ガンコな油汚れにお困りではないだろうか?ひと手間は必要だが、洗剤選びさえ間違えなければ、よほどひどい油汚れでない限り落とせるので安心してほしい。油汚れに適した洗剤と使い方、注意点などを解説するとともに、おすすめ商品や洗剤いらずの方法も紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 油汚れは洗剤選びが肝心!

油汚れを落とすには洗剤選びを間違えてはいけない。どんな洗剤を選ぶべきか、油の性質を見ていくと分かる。

油汚れがガンコなのは?

調理中などに跳ねた油は、時間が経つと冷えて固まる。落としにくい油汚れの多くはこれが原因だ。空気中のホコリや野菜などの焦げカスがくっついて、より強固になることもある。また、タッパーなどに使われるプラスチックは油が原料なので、油同士で結びついて落ちにくくなることもある。

油は酸性

液性は酸性・中性・アルカリ性に分かれるが、油はその中で酸性にあたる。酸性の汚れを落とすには逆の液性、つまりアルカリ性洗剤を選べばいい。

食べた直後の、食器などに残った軽い油汚れなら中性洗剤で落とせるものも多いが、換気扇やキッチンなどのガンコな油汚れには、アルカリ性洗剤のほうが向いている。作業着に付着したオイルなどの油汚れにも、アルカリ性の洗剤が有効だ。

ただし、強すぎるアルカリ性は皮膚への刺激があり、素材を傷めてしまうおそれもある。洗剤を選ぶなら「弱アルカリ性」と書かれているものを選ぼう。

2. 洗剤を使った油汚れの落とし方と注意点

洗剤の選び方

アルカリ性洗剤にはスプレーや液体、泡などいろいろなタイプがある。基本的には好みで選んでいい。ただし、ガンコな油汚れを分解するにはできるだけ流れにくく、長い時間油汚れに密着できるもの(たとえばここでは泡タイプ)がいいだろう。

洗剤の使い方

油汚れに直接洗剤をつけ、スポンジや古い歯ブラシなどでこすり洗いする。またはお湯で洗い流すといった方法が基本だ。使い方は商品のパッケージに記載されているので、正しく守って安全に使ってほしい。

注意点

アルカリ性洗剤は皮膚に刺激がある。油分を落としてしまう作用もあるため、ゴム手袋を着用するといいだろう。また、スプレーはとくに目に入らないように気をつけたい。頭より高い位置で使う場合は、洗剤を含ませたスポンジで掃除しよう。メガネなど保護具があればより安心だ。

3. 普段のお手入れにも!洗剤を使わずに油汚れを落とす方法

油汚れは洗剤を使わなくても落とせる。「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」を洗剤の代用にする方法だ。とくに重曹は素材に優しく皮膚への刺激も少ないので、肌荒れが気になる方や洗剤をできるだけ使いたくない方、ナチュラルクリーニングを取り入れたい方におすすめだ。

重曹を使った方法

重曹小さじ1杯:水100mlの割合でスプレーボトルに入れて溶かす。油汚れにスプレーし10分ほど待ってからスポンジで軽くこする。水でしっかり洗い流すか、水が使えない場所は濡れ雑巾などでよく拭き取る。

ガンコな油汚れならペーストがおすすめだ。皿などに重曹3:水1を混ぜてペースト状にする。油汚れにペーストをたっぷり塗り、上からラップをかけて密閉する。1時間ほど放置したらラップを剥がし、スポンジでこすり洗いをする。最後は水でしっかり洗い流そう。

セスキ炭酸ソーダを使った方法

セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯:水500mlをスプレーボトルに入れて溶かす。油汚れにスプレーして5分ほど放置し、スポンジでこすり洗いをする。セスキ炭酸ソーダは重曹よりもアルカリ性が強いため、ゴム手袋の着用をおすすめしたい。

4. 油汚れにおすすめの洗剤3選

最後に、油汚れにおすすめの洗剤を紹介する。一本備えておけば油汚れを落とす際に重宝するので、ぜひチェックしておこう。

SCジョンソン「スクラビングバブル 油汚れに強いキッチンクリーナー」

キッチン周りの油汚れを素早く落とすアルカリ性洗剤。除菌効果もある。

花王「マジックリン ハンディスプレー」

こびりついた油汚れを浮かせて落とす、キッチン周り用のアルカリ性洗剤だ。

レック「セスキの【激落ちくん】」

セスキ炭酸ソーダ配合の、泡タイプのアルカリ電解水。キッチン以外にも幅広く使える。

結論

油汚れは、その都度キレイにしておくことが掃除を楽にするコツだ。調理中に跳ねた油は、固まる前に重曹スプレーをかけてサッとひと拭きするだけでも違うだろう。重曹は家のさまざまな場所に使えるので、スプレーを常備しておくといいかもしれない。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ