このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアコンの掃除は自分でできる?必要な道具や方法と頻度を紹介!

エアコンの掃除は自分でできる?必要な道具や方法と頻度を紹介!

投稿者:ライター 松本マユ(まつもとまゆ)

2020年2月15日

季節によっては毎日のように使うエアコン。ところで、エアコンの掃除はきちんと行っているだろうか?中身が見えないエアコンは内部の汚れに気付きにくいが、掃除をしないまま長年使っていると、カビやホコリで汚れた空気を吸うことになるかもしれない。今回はエアコン掃除の必要性をはじめ、掃除の頻度や方法などを解説する。業者にクリーニングを頼んだ場合の料金相場もお伝えしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エアコンの掃除の必要性とは

エアコンの掃除は、ついおろそかにしてしまいがち。しかし、エアコンは部屋の空気を吸い込んで排出するため、内部に室内の汚れが入り込みやすく、定期的な掃除の必要がある。「しばらく掃除していない」という方は、すぐにでも確認してほしい。

エアコン内部のカビやホコリを取り除こう

エアコン掃除の主な目的は、内部の汚れを取り除くためだ。エアコンの掃除を怠ると、カビ、ホコリ、花粉などで汚れた空気が部屋に充満してしまう。その空気を吸い続けると健康に悪影響を及ぼすおそれがあり、中には「過敏性肺炎」などの疾患につながることも。

エアコンの掃除で電気代の高騰を防ごう

ホコリが溜まると、エアコンのフィルターが目詰まりを起こす。そうすると運転の効率が下がって電力を余計に消費することとなり、電気代が高くなる。
フィルターはこまめに掃除し、ホコリで目詰まりしないように保ちたい。

2. エアコンを掃除する頻度

エアコンはどれくらいの頻度で掃除すればいいのだろうか。
エアコンの掃除は、「フィルターの掃除」と「内部の掃除」に分けられる。フィルターはホコリが溜まりやすいので、掃除は月に2回程度を目途に行うといい。使用頻度の少ない時期は、1~2ヶ月に1回程度でいいだろう。

そしてエアコン内部の掃除は、1年に1回程度を目安に行いたい。内部の簡単な掃除は自分でもできるが、本格的に行う場合は業者にクリーニングを頼むのがおすすめだ。
使用頻度が高い夏や冬が来る前に掃除しておくと、使用中に不調で悩まされることも少なくなるだろう。

3. エアコンの掃除に必要なもの

ここからは、エアコンの内部を簡単に掃除する方法や、使う道具について解説していく。
必要なものは以下の通りだ。ホコリや汚れがひどい場合は、マスクやゴム手袋も用意するといい。
  • 掃除機
  • 中性洗剤(食器用洗剤など)
  • 掃除用の歯ブラシ
  • 掃除用の雑巾やタオル
  • キレイなタオル
  • スポンジ
  • 踏み台
  • マスクやゴム手袋など
また、エアコンを掃除する際にカビキラーやエアコンクリーナーなどのスプレーを使う方もいるようだが、エアコン内部に薬剤が残ると汚れやカビの原因になる場合もある。できれば、それらは使用しないほうが無難だ。

4. エアコンの簡単な掃除の仕方

必要なものが用意できたら、いよいよエアコンを掃除しよう。自分でエアコンを掃除する場合の注意点は、「無理をしない」ことだ。エアコンはデリケートな家電なので、奥の汚れなどを頑張って取ろうとすると、部品の損傷を招くリスクもある。
自分での掃除はできる範囲に留め、手の届かない場所のクリーニングはプロの業者に頼もう。

1.コンセントは抜いておく

掃除を始める前に、エアコンのコンセントは必ず抜いておこう。掃除中に誤って電源が入ってしまうことを防ぐためだ。

2.フィルターに掃除機をかける

まずはフィルターを掃除する。エアコン本体から取り外す前に軽く掃除機をかけ、表面のホコリを吸い取ろう。それからエアコンのパネルを開け、フィルターを外そう。
今度はフィルターの表から掃除機をかけ、ホコリを除去する。フィルターの裏を掃除機で吸うと、ホコリが目詰まりしてしまうので要注意だ。

3.フィルターを水洗いする

フィルターのホコリが取れたら、洗面所か風呂場でフィルターを丸洗いしよう。このとき、フィルターの裏側から水をかけるとホコリが取れやすい。
水では汚れが取れない場合は、食器用などの中性洗剤を薄め、歯ブラシでやさしくこすろう。お湯を使うと汚れがさらに取れやすくなる。

4.フィルターを乾かす

キレイなタオルでフィルターを拭いたら、風通しのよい場所で乾かして、水分を完全に飛ばそう。

5.エアコン内部のホコリを除去する

フィルターが乾くまでの間に、エアコンの内部を掃除していく。吹き出し口のルーバーを回し、見える部分のホコリを掃除機で除去しよう。
気になる汚れがあった場合は、雑巾、タオル、スポンジなどで拭き取る。手が届かない部分は、水筒などを洗うときに使うような、柄のついたスポンジで対応しよう。割り箸にキッチンペーパーを巻きつけて代用することも可能だ。

6.フィルターを戻す

掃除が終わったら、乾いたフィルターを付け直す。水分がフィルターに残ったままであるとカビの原因となるので、完全に乾いてから戻そう。
最後にコンセントを入れ、完了だ。

5. エアコン掃除を業者に依頼したときの料金相場

エアコンを自分でもある程度は掃除できるが、素人では取り外しにくい部分もあるなど、すべてをキレイにすることは難しい。
エアコンの掃除をプロの業者に依頼すると、エアコンを分解し、内部を高圧洗浄機で丸洗いしてくれる。細かいパーツの汚れも除去してくれるので、「しばらくエアコンを掃除していない」という方は頼むといいだろう。

エアコン掃除を業者に依頼してかかる料金は、8,000~12,000円程度が目安だ。フィルター自動掃除機能付きのエアコンなどはさらに高く、15,000~20,000円程度になる。

夏前の繫忙期を避ける、2台以上のクリーニングを申し込むなどで、1台あたりの料金は安くなることもあるようだ。

結論

自分で行うには難しいイメージのあるエアコン掃除だが、簡易的な掃除方法もあるので、年に1回程度であれば自宅でもできるだろう。しかしエアコン内部を本格的に掃除するには、やはりプロの業者に任せるのが安心だ。
時期によっては欠かせない家電であるエアコン、定期的に掃除して清潔に保ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >