このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ドラム式洗濯機の掃除方法を紹介!衣服をキレイに保とう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月 5日

洗濯機は一見綺麗に見えても、カビや雑菌が内側で繁殖している可能性がある。衣類を綺麗にするために洗濯をするのに、逆に汚れや臭いをつける原因になってしまう。そうならないためにも洗濯機は定期的に掃除することをおすすめする。この記事では最近の主流であるドラム式洗濯機の掃除方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ドラム式洗濯機は定期的に掃除しよう

ドラム式洗濯機の掃除は、縦型の洗濯機に比べ手間がかかる。だからといって放置すると、頑固な汚れとなり、ご家庭での掃除は困難となり、最悪買い替えも検討しなければならなくなる。
そうならないためにも、定期的に掃除を行ってほしい。
掃除部位により、毎回の掃除、定期的な掃除とに分類されるので、それぞれの部位にあった頻度で掃除することで、汚れやカビを早期退治できる。

毎回の掃除

どの型の洗濯機でも同じであるが、ドラム式洗濯機の掃除では、ごみ取りネットやフィルターのゴミを洗濯機の使用ごとに掃除してほしい。
また洗濯槽を空の状態で、乾燥運転させることで黒カビ防止にも繋がる。毎回もしくは3回に1回の頻度で行ってほしい。
特にフィルターやごみ取りネットが溜まっていると、洗濯物の汚れを除去しきれずに汚れがついたままなんてこともありえてしまう。

定期的な掃除

定期的に掃除する部位としては、ドラム式洗濯機の洗濯槽やごみ取りネットやフィルター、洗剤ケース、排水フィルターなど多岐にわたる。
一手間かけるのであれば、洗濯機のゴムパッキン部分や内側、洗濯槽のフチなども週に1回程度を目安に掃除してみてほしい。

2. ドラム式洗濯機を掃除する際に必要なものは?

ドラム式洗濯機を掃除する際に必要なもののうち、洗濯槽クリーナーは必須である。他にも、雑巾、歯ブラシなどがあると便利である。

洗濯槽クリーナー

洗濯槽クリーナーはメーカーから専用の商品が販売されている場合があり、掃除をサボり頑固になったドラム式洗濯機の汚れには、専用のクリーナーがおすすめである。
頻繁に掃除している場合は、専用のクリーナーでなく、塩素系のクリーナーを使用することも可能である。
酸素系のクリーナーもあるが、ドラム式洗濯機の使用する水量が少ない・泡だった水をすぐに排水してしまうなどの性質上、本来の洗浄効果が発揮できないためおすすめできない。

雑巾・歯ブラシ

雑巾はパッキンを拭いたり、外側のちょっとした汚れを取り除いたりするのに便利である。
歯ブラシも細かい部分にぴったりの道具である。

3. ドラム式洗濯機の掃除の仕方

ドラム式洗濯機をご家庭で掃除する方法を紹介する。

乾燥フィルターの掃除

ドラム式洗濯機のフィルターは取り出し、奥の方に溜まっている汚れを掃除機で吸い取って掃除を行う。
掃除機では吸い取れない汚れは、水を張った洗面器にフィルターをつけて歯ブラシなどでこすると落とすことができる。
綺麗になったフィルターはよく乾燥させてからもとに戻すことが大切である。

洗濯槽の掃除

洗濯槽の掃除については、槽洗浄モードで洗濯を開始するだけで、簡単に行える。
クリーナーを投入し、説明書に沿ってスタートをするだけだ。
槽洗浄モードがない種類の場合は、標準コースの洗いから脱水までの一行程を行うことで同じ掃除ができる。

排水口

手間がかかるが排水口の掃除を行うことで、悪臭の予防になる。
ドラム式洗濯機の排水トラップの部品は複雑なため、無理はせず難しい場合はプロに依頼するようにしてほしい。
手順としては排水ホースを取り外し、排水トラップもそれぞれのパーツを取り外す。
詰まりの有無を確認し、詰まっているようであればパイプクリーナーなどで詰まりを解消しておく。
各パーツは水洗いの後、元に戻して完了である。

ゴムパッキンの掃除

ゴムパッキンは溝などにホコリが溜まっているので、定期的な掃除が大切である。
濡らして絞った雑巾で、パッキンの溝を拭くことで汚れをとることができる。
落ちにくい汚れは、雑巾に少量の洗剤をつけてからこすると綺麗に取れる。

4. ドラム式洗濯機にカビが発生した際の掃除方法や予防法

洗濯物に黒い汚れがついていたり、ドラム式洗濯機から悪臭がしたりするようであれば、黒カビの発生が懸念される。
黒カビの発生は洗剤の溶け残り・衣類に付着していた汚れが原因となり、洗濯槽の中でそれらを栄養分として黒カビが増殖していく。
黒カビを防ぐためにもドラム式洗濯機をこまめにお手入れ・掃除することが大切である。
また湿気もカビの原因となるため、洗濯槽の中を乾燥させることを心がけよう。とくに使用後は蓋を開けて換気することが大切だ。
ドラム式洗濯機に既に黒カビが発生してしまっていた場合なら、黒カビも除去できる洗濯槽クリーナーを用いて、槽洗浄することで対処できる。
専用の洗濯槽クリーナーとお湯を用いると、半日程度の漬け置き洗浄で頑固なカビまで除去できるのでおすすめの掃除方法だ。
お湯を使える槽洗浄コースが搭載された機種ならば、その機能を有効に活用して掃除してほしい。

結論

洗濯機は衣類の汚れを除去するための大切なアイテムだが、洗濯機自体の掃除がとても大切
である。ドラム式洗濯機は定期的に掃除を行わないと、綺麗にしようとした衣類を逆に汚してしまう場合もある。毎回のお手入れと定期的なお手入れを心がけてドラム式洗濯機を長持ちさせてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ