このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トイレの換気扇は回し続けたほうがいい?理由や掃除方法も!

トイレの換気扇は回し続けたほうがいい?理由や掃除方法も!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月25日

トイレの換気扇は、トイレ特有のイヤなニオイを取り除いてくれる設備だ。その都度回すよりも、つけっぱなしにしたほうがいいと言われている。その理由について、気になる電気代や換気扇の掃除方法、寿命や交換についての知識とあわせてお伝えしていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トイレの換気扇を回しっぱなしにする効果とは

浴室の換気扇を24時間つけっぱなしにしている方は多いかもしれないが、実はトイレの換気扇も、同様につけっぱなしにしたほうがいいことがある。気になる電気代の目安とあわせて見ていこう。

メリット

  • 結露ができにくくなる
  • カビが発生しにくくなる
  • ホコリが溜まりにくくなる
  • 建材の化学物質を取り除く
換気扇を回すことで、トイレ特有のイヤなニオイを素早く除去できるのはもちろん、ほかにもこうしたメリットがある。とくにカビは、ヒトが胞子を吸い込んで体調を崩すこともあるので、換気扇を回して湿気を溜めないようにしたい。

また、建材の化学物質というとやや大げさかもしれないが、壁や天井、などに使われている合板の接着剤などに用いられる「ホルムアルデヒド」は、ヒトの粘膜を刺激する。場合によっては視界がチカチカする、喉が痛むなど、シックハウス症候群の原因になることもある。

今でこそ使用量が抑えられ飛散量も減っているが、少し前までは広く用いられていた。トイレは家の中でもとくに狭い密室だ。換気扇を回しておくことで、少しでもそうした化学物質を減らしたい。

デメリット

  • 電気代がかかる
  • 換気扇の劣化が早まる
  • 冬場は風が流れて寒い
一方、考えうるデメリットはこうしたところだ。まったく使わなくても劣化することがあるが、稼働させ続けても劣化が早まる可能性がある。

電気代はどれくらい?

トイレの換気扇はそう大型ではないとはいえ、24時間365日つけっぱなしとなると、電気代が気になるという方も多いだろう。だが、そこまで心配する必要はなさそうだ。

一般的な例だが、トイレの換気扇の消費電力はおおよそ2〜3W程度。1カ月つけっぱなしにしても60円程度で済む計算になる。年間720円程度で多くのメリットが得られるのだから、むしろ安いほうではないだろうか。

2. トイレの換気扇の掃除方法

トイレの換気扇を回しっぱなしにするということは、それだけフィルターなどにホコリが溜まりやすくなる。定期的にお手入れをしてキレイな状態を保とう。

準備するモノ

  • 除菌ウェットティッシュ
  • 小さいブラシ
  • ハンディータイプの掃除機
除菌タイプがなければ普通のウェットティッシュでもいい。またブラシは使い古した歯ブラシでも十分だ。

手順

  • カバーとフィルターを外す
  • カバーとフィルターの汚れを落とす
  • 換気扇本体の汚れも落とす
  • カバーとフィルターをもとに戻す
トイレの換気扇の電源を切り、カバーやフィルターを外す。掃除機で吸えるホコリは掃除機で、それ以外の汚れはブラシで擦ったりウェットティッシュで拭き取ったりしてキレイにしよう。フィルターが水洗いできるものなら水洗いでもいいだろう。

次に、換気扇本体や周囲の汚れなどをウェットティッシュで拭き取り、カバーやフィルターがしっかり乾いてからもとに戻せば完了だ。

なおフィルターの汚れがひどいときは、トイレ用洗剤(トイレマジックリンなど、中性のスプレータイプ)を吹き付けてからブラシで擦るとよく落ちる。

換気扇を掃除したあとは、トイレの床などにホコリが落ちていることも少なくない。ついでにトイレ掃除を済ませておくと効率がいいだろう。

3. トイレの換気扇の寿命や交換方法は?

トイレに限らず、換気扇は長く使うほど劣化する。お手入れしているにも関わらず換気効率が落ちたと感じたら、寿命かもしれない。

換気扇の寿命

あくまで一般的な例だが、トイレの換気扇の寿命は7〜10年と言われている。10年を超えた換気扇で、換気効率が落ちてきたものは交換を検討しよう。

交換方法

トイレの換気扇は、壁や天井に備え付けられている。DIYで交換するには少々ハードルが高い。そのうえ、コンセントの増設など電気配線工事が必要になることもある。工事は有資格者でなければ行えないため、事故を防ぐためにも業者に相談したほうがいいだろう。

賃貸物件にお住まいなら、先に大家や管理会社に「トイレの換気扇を交換したい」と確認しておくのを忘れないようにしたい。

結論

トイレの換気扇を回しっぱなしにすることで、カビやハウスシック症候群などのリスクを減らせる可能性がある。照明と一体型の換気扇では、電気もつけたままになってしまうので難しいかもしれないが、独立している換気扇をお使いなら、ぜひつけっぱなしも試してみてほしい。

この記事もCheck!

     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ