このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キュプラとは?特徴やお手入れ方法、取り扱い上の注意まで徹底解説!

キュプラとは?特徴やお手入れ方法、取り扱い上の注意まで徹底解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年12月 2日

キュプラと聞いてすぐに衣類の生地だと分かる方は少ないだろう。だがキュプラは、マイナーながら高価なスーツなどによく使われる素材だ。本稿ではそんなキュプラの基礎知識やメリット・デメリット、取り扱う際の注意点やお手入れ方法まで詳しく解説する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キュプラとは?

まずはキュプラについての基礎知識から簡単に解説しよう。

裏地などによく使われる再生繊維

キュプラは正式名称を「銅アンモニアレーヨン」といい、天然素材を原料に作られている再生繊維だ。シルクに似た艶やかな素材で、スーツの裏地や女性用のドレスによく使われるほか、和服やインテリア用品などにも幅広く使われている。キュプラに似た見た目のものに、レーヨンやポリエステルという素材があるが、原料や作られ方はまったく違う。

旭化成「ベンベルグ」もキュプラのひとつ

旭化成の登録商標「ベンベルグ」(※1)も、実はキュプラのひとつだ。綿実油を作る際に生じる「コットンリンター」という副産物を独自の技術で精製・溶解して作った再生繊維で、上質な心地よさが人気の素材でもある。

キュプラの原料

キュプラはコットンリンターという、綿花の種の周りの産毛部分からできている。この産毛部分は短すぎて綿糸にできず、もともとは捨てられていたものである。それを精製・溶解して作られた再生繊維というわけだ。このことからもキュプラはエコな繊維といえるだろう。天然繊維が原料でありながら自然のものより均一性があるという、天然ものと人工ものの「いいとこ取り」をしたような素材だ。

キュプラの名前の由来

綿花の周りの産毛を溶解する際「「Cuprammonium(キュプラモニウム)」という酸化銅アンモニア溶液を使うのだが、キュプラはその頭部分「Cupra」から来ているとされる。つまりキュプラには「銅」という意味も込められているのだ。

レーヨンやポリエステルとの違い

レーヨンとポリエステルは、どちらも光沢がある化学繊維で、キュプラと同じようにスーツの裏地によく使われている。だが、レーヨンは木材パルプから作られた再生繊維で、ポリエステルは石油由来のキシレンから作られた合成繊維だ。このため、キュプラ・レーヨン・ポリエステルは見た目は似ていても、機能面では異なる。

仕立てるのに適したアイテム

自分で仕立てる際などは、キュプラ100%で作りたければ裏地に留めておくとよいだろう。いかんせん、初心者には取り扱いが難しい。そのため、コットンとの混紡生地に仕立てるといった方法がおすすめだ。たとえばシャツか、女性向けのアイテムならワンピースやブラウスなどがよいだろう。

2. キュプラの特徴とメリット・デメリット

続いてキュプラの特徴を、メリット・デメリットという形で解説しよう。

メリット1:高級感がある

高価なスーツの裏地に使われることの多いキュプラは、光沢がありドレープ感が贅沢な雰囲気の素材だ。なめらかで肌触りがよく袖通しももたつかない。チラッと裏地が見えたときにも高級感が出るといった点は大きな特徴だ。

メリット2:調湿機能と耐熱性に優れている

キュプラは素材そのものに水分を多く含んでおり、しっとりしている。繊維に含まれている水分は湿度調節や保温といった効果がある。蒸し暑い夏は体をひんやりさせ、寒い冬は体を温める作用がある。

メリット3:静電気が起こりにくい

保湿性に優れているため、キュプラを裏地に使っていると静電気が起こりにくい。冬場の嫌な静電気を抑える効果があるのだ。

デメリット1:他の合成繊維に比べて高価

レーヨンやポリエステルと比べるとキュプラは高価である。これはキュプラの製造工程が難しく、世界でも数えるほどの企業しか作ることができないといったことが影響しているかもしれない。

デメリット2:水に弱い

水に弱く濡れるとシミやシワになってしまう。そもそも水洗いできないものが多いが、仮にご家庭で洗濯する際は縮みやシワなどに十分気をつける必要がある。

デメリット3:摩擦に弱い

摩擦にあうと繊維が傷み毛羽立ちやすい。普段着ている分には激しい摩擦など起こりにくいものだが、たとえば何かをこぼしたときなどにシミ取りのため強く擦るなどすれば、あっという間に毛羽立ってしまい元に戻りにくくなる。

3. キュプラを取り扱う際の注意点

キュプラは非常にデリケートな素材である。取り扱う際は次のような点に気をつけよう。

水濡れと摩擦は避けること

お伝えしているようにキュプラは水と摩擦に弱い。たとえ洗濯可能のものでも、水に浸す時間を極力短くするようにしよう。洗濯の際は先にタオルまで準備し、手早く済ませるよう心がけることだ。また擦ると生地がダメージを受けてしまうので、洗いもすすぎもキュプラを洗濯ネットに入れて、その上から押すだけにしよう。

4. キュプラのお手入れ方法

キュプラは水や摩擦に弱いため、お手入れをするならクリーニング店に出すのが無難だ。だがご家庭で洗濯しなければならないこともあるだろう。その際は次の手順で手洗いをしよう。

洗濯表示を確認

同じキュプラ素材の衣類でも、ものによって洗濯できるかどうかは異なる。洗濯表示を見て、洗濯桶のマークや手洗いと書かれているものはご家庭でも洗濯できる。洗濯桶のマークにバツが付いていたらご家庭では洗えないのでクリーニング店に出そう。なお洗濯表示は新旧あるため、詳しく知りたい方は消費者庁のサイトに目を通しておいてほしい(※2・※3)。

準備するもの

  • おしゃれ着用の中性洗剤
  • 洗濯ネット
  • 大きめのタオル
  • 大きめの洗濯桶

手洗い方法

  • 洗濯桶に30℃程度のぬるま湯をはり、洗剤適量混ぜ入れる
  • 次に衣類をたたんで洗濯ネットに入れる
  • 洗濯ネットごとお湯に浸して、30秒ほど押し洗いする
  • 水を替えながら泡立たなくなるまで2〜3回、手で押すようにすすぐ
  • 洗濯ネットごと大きめのタオルに包み、押しながら脱水をする
  • 風通しのよい日陰に干す
以上がキュプラをご家庭で手洗いする場合の手順だ。ただし温度は洗濯表示に、洗剤や湯の量はパッケージに従って調節してほしい。また丁寧に作業しているつもりでも、摩擦が起これば毛羽立つおそれがあるうえ、水に濡れてシワや縮みが生じるおそれもある。やはり、できればクリーニング店に持ち込むことをおすすめしたい。

シミの取り方

シミができた部分を無理に擦ると余計に生地を傷め毛羽立ってしまう。この場合は無理をせず、クリーニング店に相談するとよい。

シワの取り方

シワが寄ってしまったときは当て布をして、低温か中温でアイロンをかけると元通りになる。水に弱い素材なので、アイロンの際はスチーム機能を使わないようにしよう。もちろん、初めに洗濯表示を見てアイロンOKかどうかは確認してほしい。

結論

キュプラは高価だが美しく着心地もよい素材だ。だがほかの化学繊維に比べ取り扱いが難しい。上品さや高級感を損なわないためにも、擦ったり水に浸けたりしないように気をつけよう。洗濯可能であればご家庭でも洗えるが、できればクリーニング店に相談することをおすすめする。

(参考文献)

  • 公開日:

    2020年2月 1日

  • 更新日:

    2020年12月 2日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ