このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
さぼったリングは即退治が鉄則!掃除してもできるのはナゼ?

さぼったリングは即退治が鉄則!掃除してもできるのはナゼ?

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月 3日

「さぼったリング」は、トイレ掃除を怠るとあらわれるというが、きちんとトイレ掃除をしていてもできてしまうことがある。原因はどこにあるのだろうか?さぼったリングについて、できる理由や退治する際のコツ、予防策をお伝えしていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. さぼったリングは「黒カビ」の巣窟だった

便器には封水と呼ばれる溜め水がある。下水から悪臭が上がってこないようにするためのものだ。さぼったリングは、その封水の周りにできる黒い汚れのことを言う。

さぼったリングの元は?

尿が固まって尿石となり、その尿石に黒カビが生えたものが、さぼったリングである。つまり黒カビの巣窟になっているという訳だ。見た目的に気持ちよいものではないが、衛生面でもよろしくない汚れだったのだ。

さぼったリングを放置すると

さぼったリングを掃除せずにいると、やがて色素が沈着してシミのようになってしまう。こうなるとなかなか落とせないので、さぼったリングは「発見即退治」を心がけよう。

2. さぼったリングの退治方法とコツ

さぼったリングを退治するにはコツがいる。次の2点を心がけて効率よく落としていこう。

擦り洗いはしない

尿石と黒カビ、これらが主な原因であるさぼったリングは、トイレ用ブラシでただ闇雲に擦り洗いをしてもなかなか落ちない。何度も擦っていると便器を傷つけてしまうおそれがあるため、擦り洗いは控えよう。

封水を減らしておく

封水が多いと、洗剤の作用が薄まってしまう可能性がある。さぼったリングをキレイに落とすためには、封水を半分程度まで減らしておこう。やり方は、トイレ用ブラシを使って封水を奥へと押し込むだけでいい。もちろん、次に水を流せば水位は戻るので心配は無用だ。

さぼったリングを落とす手順

  • さぼったリングにかぶせるようにトイレットペーパーを敷く
  • たっぷりと酸性洗剤をかけて2〜3分待つ
  • トイレ用ブラシで軽く擦る
  • ペーパーと一緒に水で洗い流す
以上が、さぼったリングを退治する手順である。ペーパーが多すぎるとトイレが詰まる可能性があるので注意してほしい。なお、酸性洗剤は「サンポール」などが代表的だ。

それでも汚れが残ってしまうとき

酸性洗剤で落としきれなかったさぼったリングは、「トイレハイター」などのアルカリ性洗剤を使って落とそう。やり方は酸性洗剤のときと同じだ。ただし、酸性洗剤とアルカリ性洗剤が混ざると有害なガスが発生してしまう。必ず別の日に使用することと、換気をしながら作業することだけは覚えておこう。

3. 掃除しているのにさぼったリングができるのは?

「便器はこまめに掃除しているのにさぼったリングがあらわれてしまう」という方は、一度タンクを開けてみてほしい。黒カビが繁殖していたら、それがさぼったリングを作る原因になっている可能性が高い。

タンクの掃除方法

  • 止水栓を回して水を止める
  • タンクのふたを外す(中にもふたやカバーがあればそれも外す)
  • タンクの汚れにトイレ洗剤をかける
  • 使い古した歯ブラシなどで汚れを擦り落とし、水を流す
  • タンクや中のふた、カバーは浴室に運びトイレ洗剤を使って擦り洗いをする
  • 流水でよくすすぎ、乾いたら元に戻す
これは一般的な掃除方法だが、細かいやり方や注意点はメーカーおよび型番などによって異なる。事前に説明書やメーカーのホームページで掃除方法をチェックしておこう。便器と一緒にタンクもキレイにしておけば、さぼったリングができることはないはずだ。

4. さぼったリングの予防はこまめな掃除とグッズの併用

最後に、さぼったリングの予防策をお伝えする。

掃除はこまめに

さぼったリングができるのを防ぐにはこまめな掃除が欠かせない。便器は毎日、タンクは月1回を目安に掃除をしておこう。

併用したいグッズ

小林製薬「ブルーレット さぼったリング」や、SCジョンソン「スクラビングバブル トイレスタンプ」、木村石鹸「トイレタンク洗浄剤」といったグッズを併用すると、よりさぼったリングができにくくなる。なお、スタンプは貼る位置によっては水跳ねしてしまうので、よく考えて貼り付けてほしい。

結論

さぼっていなくてもできてしまう「さぼったリング」。黒カビの繁殖を防ぐために見つけたらすぐに退治しよう。ここで紹介したやり方なら、しっかり退治&予防できるはずだ。みんなが毎日使うトイレだからこそ、しっかり対策して少しでも清潔に保とう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >