このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

加湿器の除菌の必要性とは?基礎知識と除菌方法を解説!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月 7日

空気の乾燥が激しい時期に重宝するのが加湿器。ところでその加湿器だが、除菌が必要なことを知っているだろうか?雑菌を部屋中に撒き散らしてしまうことのないよう、加湿器の除菌の必要性とやり方を正しく理解しておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 加湿器の除菌の必要性!レジオネラ症とは?

加湿器から噴出する蒸気の元は、普段我々も口にする「水」だ。それなのに除菌なんて大げさだと感じるかもしれないが、実は加湿器にはさまざまな汚れが溜まる。まずは除菌の必要性について見ていこう。

加湿器の除菌の必要性

加湿器のうち、水が触れるパーツには水垢が発生する。水垢とは、水道水に含まれる塩素やミネラル成分が固まったものだ。水垢が溜まると加湿能力が低下したり、臭いが発生したりすることがある。

それに水は腐る。何日も水を替えていなかったり、継ぎ足して使ったりしていると、水が腐って雑菌やカビなどが繁殖している可能性がある。そんな蒸気を吸い込めば、体調に異変をきたしてもおかしくはないだろう。タンクや給水口なども、掃除しなければぬめりが発生し、菌が繁殖してしまう。

加湿器は、除菌のためにも日々のお手入れが欠かせないアイテムである。

とくに気をつけたいのは超音波式

加湿器には、超音波式、気化式、スチーム式などさまざまなタイプがある。そのいずれも、適切にお手入れをして除菌することが望ましいのに変わりはない。だが、中でも気をつけたいのは超音波式といわれている。

スチーム式の加湿器は、タンクの水を加熱する過程である程度除菌(煮沸消毒)される。一方の超音波式は、タンクの水を超音波で微粒子に替えて噴出しているだけだ。つまり、加熱などによる消毒は行われていない。水に雑菌が混ざっていた場合、そのまま空気中に放出されてしまうという訳だ。

レジオネラ症とは

レジオネラ属菌によって発症する感染症だ。レジオネラ属菌は自然界に生息する細菌で、河川や温泉、土壌などに多く存在する。ヒトが感染すると、発熱や筋肉痛といった症状が出る「ポンティアック熱」、高熱や呼吸困難等、重症の肺炎などを招く「レジオネラ肺炎」を発症することがある。

加湿器(とくにタンク)を除菌せずにいると、このレジオネラ属菌が繁殖してしまうことがあるという。レジオネラ属菌が含まれた蒸気を吸い込めば、上述のような感染症を発症するリスクも生じる。加湿器の除菌の重要性が、お分かりいただけたのではないだろうか。

2. 加湿器の除菌方法と注意点

加湿器の除菌とはつまり、日々の適切なお手入れである。基本的なことを守って、加湿器の除菌につなげよう。ここでは一般的な加湿器の除菌方法を紹介していくが、細かいお手入れの仕方は加湿器によって異なる。事前に必ず、取扱説明書をチェックしてほしい。

共通のお手入れ方法

超音波式、気化式、スチーム式いずれも、タンクの水は毎日取り替えよう。その際、少量の水を入れて振り洗いをしてから新しい水に入れ替えるといい。また、何日も使用しないときは必ずタンクの水を抜き、乾燥させておくことも忘れないようにしたい。

超音波式

本体の水をすべて抜き、中に汚れがあればスポンジや古い歯ブラシなどで擦り洗いをしてから布で拭きあげる。水洗いできるパーツは水洗いをして、しっかり乾かそう。

気化式

説明書にしたがってフィルターとトレーを掃除する。水洗い可能なフィルターで臭いが気になるときは、クエン酸を溶かした水に浸け置きするといい。トレーにも汚れが溜まるので、スポンジなどで擦り洗いをして十分乾燥させよう。

スチーム式

本体の水をすべて抜き、拭けるところは布で、汚れが気になるところはスポンジや使い古しの歯ブラシなどで擦り洗いをする。タンクや本体の汚れがひどい場合は、タンクにクエン酸を溶かした水を入れて加湿器を1時間ほど運転させよう。その後、タンクを空にして再度、全体的に水洗いするとキレイに落とせるはずだ。

共通の注意点

特別に指定されていない限り、加湿器には普通の水道水を使おう。浄水器を通した水などは、除菌作用をもつ塩素が含まれていないため、水道水よりも雑菌が繁殖しやすい。それではせっかく除菌した意味がなくなってしまうため、覚えておこう。

3. 加湿器の除菌に便利なアイテム

最後に、加湿器の除菌におすすめのアイテムを紹介する。日々のお手入れとあわせることで、より効率的に除菌できるはずなので、ぜひチェックしておこう。

トーワ化学「空気清浄除菌・消臭・防カビ剤 抗菌ミスト」

加湿器の給水タンクの水100に対し1の割合で混ぜるだけで、さまざまな除菌・抗菌作用が得られる。

ブリッジメディカル「加湿器キレイ」

同じく加湿器のタンク内に投入するだけで、タンク内の除菌や消臭作用が得られる。効果が6カ月持続するためコスパもいい。

UYEKI(ウエキ)「除菌タイム加湿器用」

加湿給水トレーの雑菌を取り除くと同時に、噴出される蒸気の除菌も行ってくれる。使い方は同じように加湿器のタンクに投入するだけだ。

結論

キレイな蒸気で部屋を潤していると思ったら雑菌だらけだった...そんなことがないよう、加湿器は適切にお手入れしてしっかり除菌することが大切だ。メーカーの取扱説明書にしたがったお手入れとあわせて、便利な除菌アイテムを活用しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ