このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ジーンズを乾燥機にかけるリスクとは?色落ちと縮み軽減のコツも伝授

ジーンズを乾燥機にかけるリスクとは?色落ちと縮み軽減のコツも伝授

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

鉛筆アイコン 2021年3月18日

ジーンズは「乾燥機NG、自然乾燥のみ」と捉えている方も多いのではないだろうか?だが乾燥機にかけて乾かすこともできる。本稿ではジーンズを乾燥機にかけるメリットや注意点を解説するとともに、色落ちや縮みを軽減するかけ方のコツや、効率のよい自然乾燥の方法などを解説する。

  

1. ジーンズは乾燥機にかけてもOK

ジーンズは基本的に乾燥機にかけても問題ない。メリットもあるのでまずは簡単に解説しよう。

丈夫に作られている

ジーンズは、もともとワークパンツ(作業着)として誕生した。そのため丈夫に作られており、乾燥機にかけて乾かすこともできる。自然乾燥でももちろんよいが、時間がないときなどは乾燥機を使ってみてはいかがだろうか。ただし後述する注意点やリスクなどもあるため、メリットとあわせてそれらも正しく理解しておきたいところだ。

ジーンズを乾燥機で乾かすメリット

ジーンズを乾燥機にかければ短時間で乾かすことができる。悪天候が続き、自然乾燥では時間がかかってしまうときも便利だ。長年はき続けてきたジーンズが伸びてしまった場合に、意図的に乾燥機にかけて縮ませるといったこともできる。それに、コインランドリーなどの高温の乾燥機にかけることで雑菌も除去できる。

2. ジーンズを乾燥機にかける際の注意点

ジーンズを乾燥機にかけるメリットがある一方、リスクや注意点もある。

ジーンズを洗濯したり乾燥したりすると「縮む」

ジーンズは洗濯したり乾燥機にかけたりすると「縮む」と思っておこう。これは避けようのないことだ。とくに、綿100%のジーンズは一度に最大2cmほど縮むことがある。スキニーなどははけなくなってしまうおそれもあるため、縮むことを計算しながら乾燥機にかけよう。

色落ちすることがある

乾燥機の中で、ほかの衣類とこすれたりドラムにぶつかったりすることで、多少なりとも色落ちしてしまう。これも縮み同様にある程度は仕方のないことだ。

初めて洗濯するジーンズは色ムラが出ることもある

初めて洗濯するジーンズの多くは色落ちする。ここで乾燥機にかけるとムラになってしまうことがある。そのため、初めのうちは自然乾燥をおすすめする。

革パッチが縮んだり色移りしたりすることもある

乾燥機の中で回転するうち、革パッチがヨレたり四隅が折れたり縮んだりする場合がある。インディゴが革パッチに色移りすることもあるので覚えておこう。

大切なジーンズは乾燥機を避けたほうがよい

高価なジーンズや長くはきたい大切なジーンズなどは、乾燥機を使わないほうがよい。万が一、思っていた以上に縮んだり傷んだりすれば後悔しかねないためだ。メーカーのホームページまたは購入したお店の店員さんに、洗濯や乾燥の仕方を確認しておくと安心だろう。

3. ジーンズを乾燥機にかけたときの色落ちや縮みを軽減するコツ

ジーンズを乾燥機で乾かす際、ある程度色落ちしたり縮んだりするのを防ぐことはできない。上述のように乾燥機内でこすれたりすれば色落ちするし、水に濡れたり温風を当てたりすると繊維が縮む。これは仕方がないことだが、色落ちや縮みを軽減するコツはある。

乾燥時間を短くする

ジーンズを乾燥機で最後までしっかり乾かしてしまうと、シワや縮みの原因になる。これらを軽減するには、乾燥時間を短くすることだ。ジーンズが半乾きの状態になった時点で乾燥機から取り出し、形を整えてから風通しのよい場所で自然乾燥させよう。乾燥機にかける時間は、普通の洗濯物の半分程度が目安になる。

ジーンズを裏返す

ジーンズを洗濯したり乾燥機にかけたりする際は裏返しにするとよい。生地の表側が傷むのを防げるだけでなく、乾きにくいポケットなどにも風が通り乾燥時間の短縮につながるからだ。

コインランドリーなら大きめの乾燥機を

コインランドリーを利用してジーンズを乾かすなら、大きめの乾燥機を選ぼう。ジーンズが泳げるほどゆったりしたサイズなら、効率よく熱が行き届くため乾きやすい。

4. 乾燥機を使わずにジーンズを効率よく乾かすには?

ご家庭に乾燥機がない、近所にコインランドリーがないという方もいるだろう。あるいは「どうしても乾燥機は使いたくない」という方もいるかもしれない。そんなときは、どうすれば効率よくジーンズを乾かすことができるのだろうか?

裏返して「筒干し」が基本

ジーンズに限らず、速乾のコツは「いかに風通しをよくするか」である。ジーンズを自然乾燥で素早く乾かしたいときは、ピンチハンガーなどを使って風通しのよい場所で筒干しをしよう。その際も、乾燥機を使うときと同じように裏返しておくと効率的だ。

浴室乾燥機やサーキュレーターの使用もおすすめ

浴室乾燥機があれば、ジーンズを筒干しした状態で使用するとよい。乾燥機よりは時間がかかるが、ほかの衣類とこすれたりドラムにぶつかったりすることはないため色落ちや縮みといったリスクを大幅に軽減できる。あるいは室内に筒干しした状態で、真下からサーキュレーターを当てるといった方法もおすすめだ。いずれも、ただ自然乾燥させるよりは効率よく乾かせるだろう。

5. 速乾性に優れたジーンズもある

近年では乾きやすい素材を採用したジーンズや、速乾機能を備えたジーンズも数多く販売されている。そうしたジーンズであれば、乾燥機を使わなくても乾きやすい。もちろん色やデザインが自分好みであることが大前提だが、お手入れを少しでも楽にしたい方はそうしたジーンズを選ぶのもアリではないだろうか。

そのほか、防汚加工が施されているジーンズもある。まったく汚れないというわけではないが汚れにくい。洗濯する回数を減らせればお手入れの手間も少なくて済む。

6. ジーンズは乾燥機OK!だがリスクや注意点は正しく理解しよう

お伝えしてきたように、ジーンズは基本的に乾燥機にかけて乾かすことができる。時短にもなるし、雨の日でも乾かせるなどメリットは多い。だが色落ちや縮みなどリスクがあるのもまた事実だ。両方を正しく理解したうえでジーンズを乾燥機にかけるようにしよう。

結論

ジーンズを乾燥機にかけるときは「時間を短めにする」「裏返す」といったことがポイントになる。少しでもダメージを減らすためにもこうした工夫を取り入れよう。時間に余裕がある場合は半乾き程度で取り出し、そのあとは筒干しによる自然乾燥がおすすめだ。乾燥機をうまく活用してジーンズを効率よく乾かそう。
  • 公開日:

    2020年2月 8日

  • 更新日:

    2021年3月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング