このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ポリエステルの洗濯方法を知ろう。正しい洗濯で長持ちする!

ポリエステルの洗濯方法を知ろう。正しい洗濯で長持ちする!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月28日

ポリエステルの衣類は適切な洗濯方法を選ぶことで、より長持ちする。衣類にあった洗濯方法でお気に入りの衣類を長持ちさせよう。本稿ではポリエステルの特徴と、手洗いや洗濯機での洗濯方法を解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポリエステルの特徴

石油を原料として作られる化学繊維をポリエステルといい、合成繊維の9割を占めている。
そんなポリエステル繊維の特徴としては、耐久性に優れている、速乾性がある、軽い、シワになりにくいなどのメリットと、静電気がおきやすい、毛玉ができるなどのデメリットがある。

耐久性に優れている

ポリエステルは縮みや型崩れしにくく、熱にも強く、虫食いが少ないなど耐久性に優れている。

速乾性がある

速乾性があるため、洗濯後もすぐに乾くのが特徴である。

軽い

合成繊維は天然素材に比べ軽く、様々な場面で活用される。

シワになりにくい

ポリエステルは水を通しにくい性質があるため、シワになりにくい。

静電気がおきやすい

ポリエステル繊維は空気が乾燥する時期には静電気がおきやすい。

毛玉ができる

天然素材でできた毛玉と違い、合成繊維の毛玉は繊維が強いため毛玉が取れず衣服に残ってしまう。

2. ポリエステルの衣類を洗濯する前に確認すること

ポリエステル製の衣類を洗濯する際には事前に洗濯表記を確認しておく。
洗濯表記は衣類についているタグに記載されており、その衣類の洗濯方法を知ることができる。
平成28年12月にマークが変更され、見慣れない表記があるだろう。
衣類にもよるが、ポリエステル製の衣類には「40℃以下の温度で洗濯ができる」「漂白剤の使用禁止」「タンブル乾燥禁止」「日陰の吊り干し推奨」「ドライクリーニング禁止」などのマークが記載されていることが多いだろう。
ポリエステルは比較的強い繊維ではあるが、油断は禁物だ。選択前には必ずマークを確認し、表示従って洗濯するようにしよう。

また、ポリエステルは色落ちしやすいため、色物の洗濯の前には、必ず色落ちチェックを行ってほしい。
目立たない場所に洗剤を直接垂らし、数分たってからティッシュをあててみる。
ティッシュに色が付いた場合は色落ちする可能性が高いため、自宅での洗濯を諦める必要がある。

3. ポリエステルの衣類を手洗いする方法

ポリエステル製の衣服を手洗いする場合の手順を紹介する。
必要な道具は洗面器、中性洗剤、柔軟剤、ネットだ。
まず洗面器にぬるま湯を張り、中性洗剤を溶かす。おしゃれ着の洗濯はおしゃれ着用の中性洗剤を使用するのをおすすめする。
軽くたたんだ衣類を洗濯液に浸し、つけ置きを行う。15分ほどつけ置きしてほしい。
つけ置き後は、押し洗いにて衣類についた汚れを落としていく。
デリケートな衣類はほぐすように洗うのがポイントである。
洗面器の水を変え、洗剤が流れるまですすぎを2回ほど行う。最後のすすぎの際には柔軟剤を投入する。
すすぎ終わったポリエステルの衣類はネットに入れ、15〜30秒ほど洗濯機で脱水をしよう。
乾燥が終わった衣類はシワを伸ばしながら、風通しのいい日陰に吊るして干してほしい。

4. ポリエステルの衣類を洗濯機で洗う方法

洗濯機の使用が可能な衣類は洗濯機を使用しての洗濯が手軽で便利である。
洗濯表記を確認し、洗濯可能であればポリエステルの衣類をネットに軽くたたんで入れ、洗濯機に入れる。
ネットは衣類にあわせたサイズを選ぶことが大切である。
ポリエステルを洗濯機で洗濯する場合、弱アルカリ性の洗剤を使用する。
黄ばみなどが気になる場合は酸素系の漂白剤を入れると対策できる。
ポリエステルは静電気が起こりやすい衣類のため、柔軟剤を使うことをおすすめする。柔軟剤には静電気の発生を抑える効果もあるので、少しマシになるだろう。

洗濯機で洗う場合、脱水時間は30秒〜1分ほどにする。乾きやすい素材なので短時間で十分に脱水することができる。
長時間脱水するとシワの原因になるので短時間がおすすめである。

5. ポリエステルの衣類の正しい乾かし方

ポリエステルの衣類を干す場合、シワを伸ばす、風通しのいい場所に干すという2つのポイントを守ってほしい。

シワを伸ばす

シワを残さないように干す場合、襟部分を持ってバサバサと振りシワを伸ばす方法と、ハンガーにかけた後、袖や縫い目を引っ張りながらシワを伸ばす方法とがある。
どちらも併用して行うとさらにシワが少なくて済む。
万が一シワができてしまったら、洗濯表示に従ってアイロンをかけよう。

風通しのいい場所に干す

ポリエステルの衣類は乾きやすいため、風通しのいい場所で干すだけでしっかり乾く。
逆にポリエステルは高温が苦手なため乾燥機を使用すると衣類を傷めてしまう。
干す場所も日向ではなく日陰に干すことで、色あせも防ぐことができる。

結論

ポリエステルの衣類は耐久性、速乾性に優れている。さまざまな衣類にポリエステルは使用されているので、洗濯表記を見て洗濯方法をチェックするようにしてほしい。大切な衣類を長持ちさせるためにも、ちょっとした心がけが大切である。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >