このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

衣替えの時期はいつ?収納前にやっておきたいことも紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月10日

衣替えは季節にあった洋服を取りやすくするためにも、適切な時期に行ってほしい。収納方法を工夫することで、衣替えが楽に行えるようになる。また、アイテムの整理も行うことができるので、似た洋服を買うことも少なくなる。衣替えは生活を見直すきっかけにもなるのだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 季節ごとの衣替えの時期とは?

衣替えは夏服への切り替えが6月1日、冬服への切り替えが10月1日と年に2回ほど行われるのが一般的だ。学校の制服の衣替えをイメージするとわかりやすいと思う。

北海道など寒い地域は時期が半月ほどずれ、夏服への切り替えが6月15日、冬服への切り替えが9月15日となる。一方で沖縄など暖かい地域は、夏服への切り替えが5月1日、冬服への切り替えが11月1日とひと月ほどずれて衣替えとなる。

会社や学校で日にちを指定されていない場合は、気温の変化で衣替えをするタイミングを決めるのがよいだろう。

春服への移行は最高気温が15度〜20度ほど、夏服への移行は最高気温がおおむね22度以上に、秋服への移行は春と同じく最高気温が15度〜20度ほど、冬服への移行は最高気温がおおむね15度以下になった頃がそれぞれ目安となる。

なお衣替えは2週間〜3週間ほど移行期間を設けるようにしてほしい。最終的に気温が安定してきたら衣替えは終了となる。

2. 衣替えをするときにやっておきたいこと

衣替えを行う際、整理やお手入れ、断捨離などを行うのがおすすめである。

整理

衣替えを行う場合、収納スペースを考慮する必要がある。収納スペースに合わせ、残す服と捨てる服を整理してほしい。

ケースや袋などを活用し、例えば季節や家族など、カテゴリーに分けて収納するとアイテムを把握するのに役立つ。このとき中が見えるケースに収納することで、次に出すべきアイテムがわかり、衣替えがスムーズだ。

お手入れ

衣替えで着なくなった衣服を収納する前に、もう一度洗濯を行ってほしい。

一度洗濯している衣服でも、収納日数が長くなると、落ちきれなかった皮脂や汗により、黄ばみや虫食いなどが発生するおそれがある。収納前に汚れがないか確認してほしい。気になるところだけ部分洗いをするのもよいだろう。クリーニングを活用するのも有効だ。

断捨離

衣替えの時期は着なくなった衣服を処分するチャンスでもある。

サイズが合わなくなった、色あせや汚れが目立つ、ほつれや毛羽立ちがあるなど、衣服の寿命を感じるものが処分の対象だ。状態はいいが着ない服は譲る、売るといった選択をするのもいいだろう。それならば気兼ねなく断捨離できる、という方も多いはずだ。

3. 衣替えに合わせて上手に収納する方法

衣替えは収納を見直すいい機会となる。オンシーズンとシーズンオフ、それぞれ衣替えをする際の上手な収納方法を紹介する。

オンシーズン

これからの時期に着用するための衣服は、使いやすい収納を目指してほしい。

ウォークインクローゼットがあるご家庭ではかける収納がおすすめだ。たたんで収納するよりスペースを必要としない。ただしニットなど型崩れしやすい服はたたんでの収納を心がけよう。

衣類をかけるスペースが少ない場合は、ジーンズや肌着などシワが気にならない洋服をたたんで収納するなどし、キツキツにならないよう注意が必要だ。

シーズンオフ

シーズンオフの服はケースなどにしまい、オンシーズンの衣服の邪魔にならないスペースへ収納しよう。

衣替えをして長期間保管する衣服は、丁寧にたたむことが大切である。個人別や用途別(ズボン、服、小物など)、または色合い別などに分類してまとめると、自分の持っている服の傾向もわかるので便利だろう。

その際、防虫剤や除湿剤を一緒に入れておくことで、オンシーズンの時に服が傷んで着られなくなるといった問題が少なくなる。

4. 衣替えのときの衣類のトラブル解決方法


衣替えのときシーズンオフの衣服を収納する際のリスクとして、しみ、黄ばみ、臭い、虫食い、色あせ、しわなどがある。しみや黄ばみなどは衣服についた皮脂や汚れが原因で起こることも多いため、衣替えをする前にしっかり洗濯をしておくことで、ある程度防ぐことができる。

虫食いは天気のいい日に天日干しで2時間程度乾燥させることで予防可能だ。除湿剤や防虫剤などを活用するのも効果が高い。

オンシーズンになっていざ着ようとしたときに、汚れに気がつくといったことにもなりかねない。時間がたった汚れは落とすのが大変なので、衣替えの際にもう一度確認してほしい。

結論

衣替えは衣類を整理するいい機会だ。収納スペースを考慮し、余分な衣服は思い切って断捨離してみてはどうだろう。収納方法にもこだわることで、お気に入りの服を長く着用できる。オンシーズン・シーズンオフそれぞれの衣服収納のポイントをつかみ、衣替えをスムーズに行ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ