このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
紙パック式掃除機のメリットを紹介!サイクロン式との違いは?

紙パック式掃除機のメリットを紹介!サイクロン式との違いは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月 4日

掃除機には紙パック式とサイクロン式とがあり、どちらのタイプがいいかは好みによって異なる。コードレスや軽量化、性能の違いなど同じタイプの掃除機でも使い勝手が違ってくる。紙パック式掃除機のメリットや製品の選び方を知り、最適な掃除機を見つけよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 紙パック式掃除機とサイクロン式の違い

掃除機には集塵場所の違いから、紙パック式とサイクロン式にわけられる。
それぞれの仕組みについて説明する。

紙パック式掃除機

紙パック式掃除機は1980年代に発明され、それまで主流であった真空掃除機に変わり一気に普及した。
ホースからゴミと空気を吸い取ると、紙パックへと運ばれそこでゴミと空気とを分離する。
ゴミだけが紙パック内に残り、空気のみがフィルターへと進む。
微細な塵はフィルターでキャッチして、綺麗な空気のみが排気口から排出される作りとなっている。

サイクロン式掃除機

日本で2000年代にブームとなった掃除機である。
ホースからゴミと空気を吸い取ると、サイクロンへと運ばれ遠心力によりゴミと空気とが分離される。
重力によりゴミだけがダストカップへと落下し、空気はフィルターへと進む。
細かい塵はフィルターでキャッチして、綺麗な空気のみが排気口から排出される。

2. 紙パック式掃除機を使うメリット

掃除機は紙パック式とサイクロン式のメリットとデメリットを理解した上で、ご家庭にあったタイプを選んでほしい。

紙パック式掃除機

紙パック式掃除機はゴミを集塵できる容量が多く、ゴミを捨てる回数が少なくて済む、片付けが簡単で衛生的などのメリットがある。
紙パックはだいたい1〜2ヶ月程度のゴミを集塵することができるので、ゴミ捨ての回数も1〜2ヶ月で1回で済む。
溜まったゴミは紙パックごと捨てることができるので、ホコリが舞うこともなく簡単にゴミ捨てができる。
一方でゴミがたまると吸引力が低下する点や紙パック代のコストがかかるなどのデメリットもある。
吸引力が低下する理由は、ストローの先を塞いだ状態では空気が吸えないのと同じように、ゴミがたまるとゴミにより空気の通り道がふさがれるためだ。

サイクロン式掃除機

サイクロン式掃除機は遠心力によりゴミがダストカップへ落下する仕組みとなっており、紙パック式のようにモーターの前にゴミがたまることがない。
そのため、吸引力が低下することなく使用することができる。
ダストカップへ直接ゴミが入るため、紙パックの費用がかからないというメリットもある。

一方で、ゴミ捨ての回数が多い、ゴミ捨ての際にホコリが舞う、ダストカップが汚れるなどのデメリットがある。
紙パック式に比べると集塵容量が少ないため、掃除のたびにゴミ捨てを行う必要がある。
ゴミがむき出しの状態で溜まるので、ダストカップから取り出す際、どうしてもホコリが舞ってしまう。
またダストカップやフィルターが汚れやすく、定期的な掃除が必要になる。

3. 紙パック式掃除機の上手な選び方

同じ紙パック式掃除機でも、コードの有無や形状、重さ、価格など様々である。
ご家庭で使いやすい紙パック式掃除機を選んでほしい。

コードの有無

掃除機はコードの有る無しによりコード式タイプとコードレスタイプにわかれる。
コードレスタイプは持ち運びが便利で一人暮らしのご家庭に重宝される。
コード式は、動線を気にする必要があるが、コードレスタイプに比べ吸引力が高く長時間の使用も可能である。

形状

掃除機の形状にはキャニスター型とスティック型の2種類がある。
キャニスター型の掃除機はモーターがある本体と手に持つ部分とがあり、コード式掃除機の代表的な形状と言える。
吸引力が強く集塵容量も大きい。
スティック型はコードレス掃除機としてのイメージが強い掃除機だ。コードを気にしなくていいので細かい部分の掃除もしやすい。

重さ

掃除機の重さはキャニスター型で3kg、スティック型で2kg程度である。
どのタイプも持ち運びを簡単にするため軽量化が進んでいる。

価格

紙パック式掃除機の価格は5,000〜30,000円と幅が広い。口コミや性能の違い、価格などをチェックし、納得の行く掃除機を選んでほしい。

結論

紙パック式掃除機はサイクロン掃除機のブームの際にも廃れることなく活躍していた掃除機である。性能もアップしており近年では最注目を浴びている。メリットとデメリットを考慮した上で、お気に入りの掃除機を選んでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >