このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ゴミ袋が収納でスッキリ!たたみ方やたたまない収納アイデアも!

ゴミ袋が収納でスッキリ!たたみ方やたたまない収納アイデアも!

投稿者:吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年2月 7日

料理で出た生ゴミを入れたり、ゴミ箱に設置したりと、ゴミ袋の用途は多い。ストックしておくと便利だが、収納方法に困ることもあるだろう。適当に置いているだけだと、ゴチャゴチャと散らかってしまう。この記事では、取り出しやすいゴミ袋の収納方法について紹介する。たたむ方法とたたまない方法、2つのパターンに分けて、アイデアや便利なアイテムをチェックしていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ゴミ袋の収納方法は2種類に分かれる

ゴミ袋の収納方法は、たたむ方法とたたまない方法の2種類がある。それぞれメリットやデメリットがあるので、自分に合っている方を選ぼう。

たたむ方法

ゴミ袋をたたむことでコンパクトに収納する方法だ。使い終わったレジ袋をゴミ袋として使用する場合でも、スッキリと収納できる。

正しい方法でたためばバラける心配がなく、見た目も美しい。ただし、1枚ずつたたむと時間と手間がかかるので、面倒くさいと感じる方は多いだろう。

たたまない方法

市販しているゴミ袋やレジ袋を、たたまずにそのまま収納する。イチイチたたむ必要がないため、手間を減らしたいときや、大量のゴミ袋を収納したいときにおすすめだ。

ただし、たたんでいないゴミ袋は散らかりやすいので、収納方法を工夫する必要がある。専用のケースを使ったり、アイテムを活用したりと、いろいろ試してほしい。

2. ゴミ袋のたたみ方と収納アイデア

ゴミ袋をキレイに収納するには、正しいたたみ方を知る必要がある。たたんだ後の収納アイデアと一緒に、詳しく解説していこう。

正しいたたみ方とは

使ったあとのレジ袋は、たたむことでコンパクトになる。レジ袋の正しいたたみ方について、チェックしよう。
  • ゴミ袋のシワを伸ばしながらキレイに広げる
  • 下から上に向けて半分にたたむ
  • 右と左から均等に折りたたんで三つ折りにする
  • 下から三分の一をたたむ
  • 上から三分の一をたたんで4の内側に入れ込む
キレイな四角になるので収納がしやすい。同じ折り方をすればたたんだままでもサイズがわかりやすいため、実際に使うときも便利だ。

たたんだゴミ袋を収納する方法

そのまま袋やケースに入れるだけでOKだ。おしゃれな布製の袋に入れて下げておけば、インテリアの邪魔にならない。

ゴミ袋を四角にたためば、一回り大きい四角のケースにスッポリとおさまる。プラスチックや缶など、好みのケースに入れておこう。縦方向に並べておくと見た目が美しく、使いたいときにサッと取り出せる。

3. たたまないゴミ袋の収納アイデアと便利アイテム

イチイチたたむのは面倒くさいなら、そのまま収納する方法がおすすめだ。たたまないゴミ袋の収納アイデアや便利なアイテムについて、紹介していく。見た目も美しく、使いやすくなる方法ばかりなので、ぜひ実践してほしい。

キッチンの引き出しや容器を活用

ゴミ袋の使用頻度が多いキッチンに、専用の引き出しを用意すれば使いやすい。大きめの引き出しに入れる場合は、カゴやトレイで専用のスペースを作ろう。

使用したあとのレジ袋を収納するなら、蓋付きの容器が便利だ。丸めて入れても中が見えないので、スッキリと収納ができる。広げて大きさを確かめる手間を省きたいなら、ゴミ袋のサイズ別に容器に分けておこう。

タオルかけやハンガーにかける

市販のゴミ袋をタオルかけやハンガーにかければ、場所をとらずに収納できる。上から引っ張るだけで1枚ずつ取れるので使いやすい。戸棚やキッチンの内側にタオルバーを設置すれば、ゴミ袋を見せずに収納できる。

突っ張り棒をデットスペースに設置して、ゴミ袋をかけても良いだろう。ただし、ゴミ袋が小さかったり、突っ張り棒が太すぎると、滑って落ちてしまうので注意が必要だ。

レターケースで分類

いろいろな種類のゴミ袋を使う場合は、レターケースで分類するとわかりやすい。種類やサイズ別に収納できて、引き出しを開ければすぐ取り出せる。タイトルシールがついている商品も多いので、詳細を書いておくと良いだろう。

クリアファイル

市販のゴミ袋は使っているうちにバラけてしまいがちだ。しかしファイルに挟んでおけば、キレイにまとまったまま収納できる。あまり枚数が多いと中が出てしまうので、小分けにしてから複数のファイルに挟むと良いだろう。

専用の収納ケース

専用の収納ケースなら、ゴミ袋をより効率的に収納できる。機能性を重視した商品や見た目が美しい商品も多い。引き出し用やボックスなど、いろいろなタイプがあるので、収納場所やインテリアに合ったものを選ぶと良いだろう。なかでも以下の商品はイチオシだ。

リッチェル「トトノ引き出し用ゴミ袋収納ケース」

引き出しに入れて使える収納ケースだ。スペースの節約になり、1枚ずつ引き出せるため使いやすい。

結論

バラけてしまう、ゴチャゴチャする、そんなゴミ袋の悩みは収納方法で解決できる。スッキリと収納すれば、使うときに感じていたストレスも解消するだろう。1枚ずつたたんだり、アイテムを活用したり、見た目や使いやすさを考えることが重要だ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ