このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ランチョンマットを収納する方法!今すぐ実践できるアイデアは?

ランチョンマットを収納する方法!今すぐ実践できるアイデアは?

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年2月 9日

食卓に彩りを添えるランチョンマットは、テーブルコーディネートにかかせないアイテムだ。食器や季節によって変えるのも楽しいが、枚数が増えてくると困るのが収納場所だろう。この記事では、畳めるものと畳めないものに分けて、ランチョンマットの収納術を紹介する。収納するときの注意点や、みんなが実践している収納アイデアと併せて、チェックしていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 畳めるランチョンマットの上手な収納方法

布製のランチョンマットは、畳んで収納ができる。実用的な収納方法について、3つ紹介しよう。

畳んでから重ねる

ランチョンマットをコンパクトに畳むことで、キレイに収納できる。横や縦に重ねたら、戸棚や引き出しに入れておこう。

専用の場所を用意して、キッチンやリビングに収納しておけば、必要なときにすぐ取り出せる。三角折りにしたり、カラーを揃えて収納したり、いろいろと工夫してみるのも良いだろう。

クルクルと丸める

カラフルなランチョンマットを丸めて見せる収納に。2つ折りにしてから丸めれば、よりコンパクトになる。

バスケットやブリキの缶など、入れ物にもこだわるとさらにオシャレだ。細い筒状の容器に立てて入れたり、リボンを巻いたりと、自分でアレンジを加えてみるのも良いだろう。

専用の棚を作る

薄いランチョンマットは、専用の狭い棚を増やせばキレイに収納できる。もともと棚板があるタイプなら追加し、なければ2本の突っ張り棒と板で作ろう。

棚の空きスペースに2本の突っ張り棒をかけ、上に板を乗せれば完成だ。スペースもほとんど必要なく、出し入れにも便利。できた棚に重ねて置いたり、クルクル丸めて置いたりしよう。

2. 折り畳めないランチョンマットの収納方法

プラスチックなど、布製以外のランチョンマットは畳めないものが多いため、収納方法にも工夫が必要だ。キレイに収納する方法と便利なアイテムを紹介する。

重ねたり立てたりする

折り畳めないランチョンマットは、シンプルに重ねて収納しよう。厚めでしっかりしているタイプなら、引き出しや棚の隙間に立てても良いだろう。

また、柔らかいタイプのプラスチックは曲げることが可能だ。丸めてからリボンや紐で結び、バスケットに入れれば、オシャレな仕上がりになる。ただし、固いランチョンマットを無理に曲げると、折れてしまうので注意しよう。

アイテムを活用する

トレイに入れたり、ファイルボックスに立てたりと、アイテムを活用するのも良いだろう。整理しやすく、汚れがつきにくいといったメリットもある。

また、ランチョンマット用の専用収納もおすすめだ。機能性や実用性に優れたアイテムもあるため、収納場所に困っている方は試してみてほしい。

YAMAZAKI「ランチョンマット収納」

立てたり、置いたり、さまざまな方法で使える収納アイテムだ。マグネットがついており、冷蔵庫にも設置ができる。

3. ランチョンマットを収納する時の注意点

ランチョンマットをキレイに収納するためには、いくつかポイントがある。トラブルを避けるためにも、ぜひチェックしてほしい。

アイテムの選び方

収納にアイテムを活用する場合、サイズや形状がとても重要だ。畳めるランチョンマット以外だと、キレイに収納できない可能性がある。

使用しているランチョンマットに合わせて、サイズや形状を選ぼう。実際に収納している場面をイメージするのが、選び方のポイントだ。

ホコリや汚れ対策

扉のない棚に置いたり、カゴに入れたりして長時間放置すれば、ホコリが積もる。戸棚や引き出しの中に入れる、定期的に掃除をするなど、清潔に保つ対策が必要だ。

また、食べこぼしをそのままにすると、カビやにおいの原因になる。布製品は洗濯し、洗えないものはキレイに拭いてから収納しよう。

4. ランチョンマットを収納するアイデア集

ランチョンマットの収納はアイデア次第だ。実践されている収納の例について、3つ紹介していこう。

クリップハンガーを使う

クリップハンガーにランチョンマットを吊るして収納する。突っ張り棒に引っ掛けていけば、無駄なスペースを上手に使えるだろう。畳まない方法なのでシワがつきにくいのもメリットだ。

カトラリーと一緒に収納

引き出しに仕切りを使い、ランチョンマットを収納するスペースを作る。カトラリーと一緒に入れておけば、簡単に食卓の準備ができるのだ。仕切りがないようなら、ピッタリ合うサイズのトレイを並べて入れると良い。

絵柄を楽しむ

実用性は薄いが、広げて飾ることでランチョンマットの絵柄が楽しめる。ポスターのように磁石で貼ったり、額縁に入れたりすれば、オシャレなインテリアになるだろう。布製のランチョンマットなら、汚れてもすぐ洗えるため衛生的だ。

結論

ランチョンマットの収納方法を工夫すれば、食卓の準備が楽になる。オシャレなランチョンマットを見せる収納として活用することで、インテリアの一部として映えるだろう。スペースや好み、取り出しやすさを考えて、紹介した方法を試してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >