このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ドラム式洗濯機が臭い!ニオイの原因と対策を解説!

ドラム式洗濯機が臭い!ニオイの原因と対策を解説!

投稿者:ライター 藤田幸恵(ふじたゆきえ)

2020年2月11日

ドラム式洗濯機が臭いと感じたことはないだろうか?ニオイのもとは洗濯槽?それとも、洗濯したはずの衣類だろうか?ドラム式洗濯機が臭いということは、カビや雑菌が発生している証拠でもある。放っておかずに原因を探って対処しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 臭い!ドラム式洗濯機のニオイは何が問題?

ドラム式洗濯機の臭さは、何が原因なのだろうか?ニオイ別に考えられる原因を挙げていく。

カビ臭い

ドラム式洗濯機からカビ臭いと感じたことはないだろうか?それはほとんどのケースで、洗濯槽やそのまわりでのカビが繁殖が原因だ。カビが発生している洗濯機を使うと、衣類にもカビが付着してニオイをうつすことがある。

洗濯・乾燥後のイヤなニオイ

せっかく洗濯や乾燥をしたのに、衣類からイヤなニオイがすることもある。発生した雑菌が衣類に付着していることが大きな原因だが、どうしてこんなことが起こるのだろうか?

洗剤が適量ではない

まず考えられるのが、洗濯物の容量と洗剤の量が見合っていないことだ。洗剤の量が少ないと、衣類の汚れを落としきれずにニオイが残ることがある。反対に、多すぎても洗剤が溶け残って、雑菌を増やすことになる。

すすぎが少ない

すすぎの回数が少なくて、洗剤や汚れを落としきれていないことも、ニオイの原因になる。

風呂の水を使っている

風呂の残り湯を使って洗濯している場合も、洗濯槽が臭くなることがある。風呂の水自体に汚れや雑菌が入っていると、洗濯機内も汚れてしまうからだ。

洗濯槽に衣類を放置している

洗濯が終わってもそのまま洗濯槽に衣類を放置していると、イヤなニオイが発生する。乾燥機能を使っていても、衣類は若干の湿り気を含んでいるので、雑菌が繁殖しやすい環境なのだ。

下水臭い

ドラム式洗濯機の周囲から下水臭さを感じた時は、排水口や排水フィルターがニオイのもとになっている可能性がある。

ゴムやプラスチックのニオイ

ゴムやプラスチックのニオイで臭いのが気になるのは、製造過程で部品の一部に機械油をさしていたり、ゴムの部品を使っていたりするためだ。洗濯機を使用しているうちに、ニオイがなくなるのが普通である。

2. ドラム式洗濯機が臭くなった時の対処法

ドラム式洗濯機が臭いと感じた時に、どのような対処法をとったらよいのだろうか?

洗濯槽の掃除をする

まず、洗濯槽がカビ臭い場合には、洗濯槽自体の掃除が必要だ。洗濯槽に水を溜めて市販の洗濯槽クリーナーや酸素系漂白剤をを使うと、洗濯槽の裏側についたカビも除去できる。洗濯槽クリーナーには、ドラム式洗濯機では使えないものもあるため、確認してから購入しよう。洗濯槽の掃除は、洗濯機の機種や使用するクリーナーによって方法が異なることもある。ドラム式洗濯機の取扱説明書と洗剤のパッケージに記載の使用法の注意を確認してから使おう。
また、扉や洗濯槽まわりのパッキンにも、洗濯するたびに糸くずなどが溜まりやすい。ゴミが溜まっているとカビの原因になるので、柔らかい布で拭き取るとよい。

洗濯方法を見直す

洗濯方法を見直すことも、ニオイを解決する方法の1つだ。

洗剤と柔軟剤の量を適量に

汚れを落としたいと思って、洗剤を所定の量よりも多く入れたり、臭いのを防ごうと、柔軟剤を入れすぎたりしていないだろうか?洗剤や柔軟剤が多すぎると、雑菌のエサになってしまう。所定の量を守ろう。

入浴剤の入った風呂の残り湯は使わない

節水のために風呂の残り湯を洗濯に使う方も多いだろう。だが、入浴剤を入れた水は雑菌が繁殖しやすい。最初の洗いのタイミングで使う分にはよいが、もしすすぎにも残り湯を使っているなら、見直す必要があるだろう。

洗濯や乾燥が終わった衣類はすぐに洗濯機から出す

洗濯の完了した衣類は、なるべく早く洗濯機から出すようにしよう。乾燥機能を使っていても、シワを防ぐためにある程度衣類に湿度を残している。乾燥機能を使っているからといって安心せず、早めに取り出すに越したことはない。

排水口と排水フィルターのチェック

下水臭いのに困っているなら、排水口と排水フィルターをチェックしよう。排水口と排水フィルターに汚れが溜まっていると、ニオイの原因になる。同時に排水トラップもチェックしたい。排水トラップとは、排水口に水を溜めて下水から上がってくるニオイを防ぐためのものだ。排水トラップの水は、洗濯や乾燥が終わると自動的に溜まるように設定されている。溜まっていなければ、水栓を開け忘れの可能性があるため、しっかり開けておこう。

3. 臭いドラム式洗濯機は不衛生!こまめなお手入れを

臭いドラム式洗濯機で洗濯することはとても不衛生だ。もし、そのような洗濯機で洗っていたら、衣類もキレイであるとは言えない。どのように洗濯機をキレイに保ったらよいのだろうか?

適当な掃除の頻度とは?

ドラム式洗濯機の臭いニオイを防ぐためには、掃除する頻度はどの程度が適切なのだろうか?
衣類からの糸くずは、日々の洗濯でどうしても出てきてしまう。放っておくとニオイの原因になるので、糸くずフィルターは毎日洗濯の前後にチェックして、ゴミを取り除いておこう。
洗濯槽のカビ取りは、月に1度を目安に行うとよい。月に1度でもたくさんの黒カビが取れるので、洗濯槽が汚れていることがわかるはずだ。

お手入れのコツ

お手入れのコツは何だろうか?
ドラム式洗濯機には、自動で洗濯槽を洗浄するコースが設定されていることが多い。だが、実はどのようなことをしてくれるのか知らずに初期設定のまま、洗濯機を使っている方が多いのではないだろうか?
メーカーによって「槽洗浄」や「槽乾燥」などのコースが搭載されている。もう一度取扱説明書を読んで、臭いニオイが発生する前に使ってみてはいかがだろうか?

結論

ここまで、臭くなってしまったドラム式洗濯機について、その原因や対処法を解説してきた。せっかく清潔にするために衣類を洗濯機にかけたのに、臭くなってしまっては元も子もない。気になるニオイがどのようなタイプなのか確認して、適切な対処をしてほしい。また、メーカーや機種によっても対処法が異なることがある。ぜひ取扱説明書を参照してみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >